2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.11/19(Mon)

清水寺ライトアップ

清水寺のライトアップが見たくて、紅葉狩りを兼ねて京都に行ってきました†††

先月の沖縄旅行を最後に、もうパパとは出掛けたくないと思っていたから、ボンと2人で出掛けるつもりだったんだけど、動物園に2人で行く計画や、USJの年パスをママの分だけ買ってボンと行きまくる計画を知って、チョット反省したのかな・・・なんか、パパも一緒に行くってぅ
しかも1泊でホテルを予約するから~てことを言ってきたので、泊まりなんだったらまぁ一緒に行ってもいいかなぁ・・・と、許したのだけど・・・

出発してから車内で、『眠たい』連発。
じゃあ家で寝てろよ
出発早々テンション下がるわ
『眠たい』『しんどい』でプランをメチャメチャにされたくない

嵐山でトロッコに乗るのも決めてたけど、パパの仕事の都合で昼イチ出発だったので、もう、朝から行かないと当日券が買えないから、諦め半分で来ていて・・・
やっぱり桂川の時点で問い合わせしてみたら、もう最終17時発の臨時便の立ち乗りチケットが売り切れ寸前の状態だった
だったら明日の朝に行ったら乗れるから、その予定で組み直そうとしたら・・・
『そんなもん、そんな乗りたいんかなぁ
『そんなもんl怒』と、またプランにケチをつけられ、ママ爆発
パパは明日、4月に行った、梅小路蒸気機関車館()に行きたいんです
そりゃママだって行きたいですよ
あの時はトーマスにしか興味がなかったボンだけど、今はデゴイチのオモチャが大好きで、電車や新幹線にも興味があるし、そんなボンを連れて行ってあげたいって思う気持ちは同じ
ホンマなら今日、清水寺に向かう前に直行するのが望ましいけど、生憎の休館日なんです
そんなこんなでプランニングには頭を悩ませてきました汗
その中で、機関車館にも行きたいけど、今回は紅葉メインむ
時間的に難しいなら、以前に行ったことのある機関車館はナシにして、同じような汽車みたいなもんやし、今回はトロッコに乗ることを選びたかったの
紅葉の時期にトロッコに乗りたいけど、機関車館は季節感関係ないんだから、いつでも行けばいいじゃんッ
それを、あーでもないこーでもない言うから・・・
『だから一緒に来たないゆーてん人がプラン組みよる時にいつものよーに無関心やったんちゃうんか怒いええ加減懲りろよって言われたのにも関わらず、プランニングに参加せんかってんから、それでも一緒に出掛けたいゆーんやったら文句言わんと黙ってついて来いやー絵怒
で、やっと黙ったパパ

かと思ったら、京都南IC出口から既に始まっている、京都では当たり前の渋滞に、イライラ文句言いまくり
京都はただでも慢性的に渋滞してるし、ましてや紅葉シーズンで全国、いや、世界からも人が押し寄せてるんだから、渋滞は覚悟の上で来なくっちゃ~

やっぱりコイツと一緒に来るんじゃなかった
ボンと2人なら今頃、もうトロッコに乗り終わってる
ボンは行き先がドコだって、パパみたいに文句言わないで、連れて行った先々で全力で楽しんでくれる
ボンと2人だと凄く楽しい
ホンマ、もう二度とパパとは出掛けたくない
そう心に決め、パパにも言って、とりあえず今日は一緒に過ごすんだったら運転手とボンの子守りに徹してもらうことにし、できないならホテルに行ってもらって別行動~って条件で、まず急きょ予定を変えて行ったのが、、、

実光院
DSC01026_convert_20121209013610.jpg

1013年、勝林院中興の祖、寂源によって開かれました。律川の流れを取り入れた庭園はこぢんまりしていますが、四季折々の花が咲いて、きれいです。 また、秋の紅葉のころから翌年の春まで咲き続ける不断桜(ふだんざくら)は、京都の桜の中でも珍しいものです。
【観光情報】
京都府京都市左京区大原勝林院町187
料金:600円(お茶と菓子つき/子ども300円) 
時間:9時~16時30分(受付終了)
休日:1月1日 駐車場:なし


ここでお抹茶とお菓子をいただきながら、お庭を眺めます。。。
DSC01027_convert_20121209013637.jpg

あぁ~~~とっても風情があってイイわぁ~p
DSC01031_convert_20121209013725.jpg

この人が、『あっちあっち』て言うのでユックリはできなかったけど
DSC01029_convert_20121209013714.jpg

すっごくキレイな庭園でした
DSC01035_convert_20121209013742.jpg

お庭に出たら出たで、今度は池の奥に行こうって・・・さすがにそれは行けないよ
DSC01037_convert_20121209013806.jpg
だけどボンもちゃんと楽しんでくれていました

不断桜
DSC01039_convert_20121209013826.jpg
秋から春まで咲くと言われる不断桜は、今が見頃ってゆうから満開なのかと思ったケド、、、

実際はこんなもんデシタ
DSC01041_convert_20121209013843.jpg
不断桜の為だけに、他とは離れた大原まで来たのになぁ・・・4

だけど紅葉はとってもキレイでした
DSC01044_convert_20121209013854.jpg
写真を縮小してしまうと見えなくなっちゃったけど、これ、真っ白な月がクッキリ出ていて、青空に紅葉、白い月、そしてここは京都・・・とってもステキでしたア

色彩々だったけど、主に黄色からオレンジが多かったかな、、、
DSC01046_convert_20121209013910.jpg
燃えるような真っ赤な紅葉が見たいっッ

ボンはパパに肩車してもらって、紅葉に触れてみて、なんでか『おっき(大きい)』
DSC01049_convert_20121209013921.jpg
『スゴイ』ことを大きいって最近言ってるみたいやけど、だとしたら、紅葉が凄くキレイなこと、ボンにも分かったのかなぁ
それとも、手が届いたことが凄かったのかな汗03

パパの大好きなみたらし団子
DSC01056_convert_20121209013938.jpg
『あちゅーっ
パパ、配慮が足りないわ・・・笑いゴッチャないウ

さてさて、渋滞を越え、駐車場を探して彷徨い、なんとか清水寺にやってきました
DSC01060_convert_20121209013950.jpg
ちょっとだけ白い月が写ってるでしょー
でも、月が白いってことは当たり前だけど、まだ明るいってことで・・・

それに加え、拝観時間が夜の部と区切られていて、まだ昼の部が終わる寸前だったから、しばらく中に入ることができない
DSC01061_convert_20121209014011.jpg
まだ1時間以上あるのに、仁王門の前には幾組もの団体客が固まりを成し、列を成し・・・
とてもじゃないけど待っていられないので、お土産屋さんなど試食しまくって物色しまくったあと、喫茶店に入りました

ケーキ食べたよ
DSC01062_convert_20121209014022.jpg
そのうちに外も暗くなり、、、

清水寺ライトアップ、始まりました
DSC01065_convert_20121209014041.jpg
キレイー
もう、入口だけでテンション上がるわぁーび

カメラが安物だからこんなクオリティだけど、ライトアップされて真っ赤な仁王門と、眩しいぐらいの月とが合わさって、すっごいキレかったーp
DSC01068_convert_20121209014111.jpg

三重塔と西門の間に月と紅葉
DSC01071_convert_20121209014130.jpg

真っ赤なモミジと月
DSC01073_convert_20121209014144.jpg

上のはフラッシュでひかっちゃったけど、ホンマに真っ赤
DSC01075_convert_20121209014155.jpg
これが見たかったのよね~ル

本堂、清水の舞台
DSC01080_convert_20121209014212.jpg

舞台からの景色
DSC01085_convert_20121209014229.jpg
遠くに見える子安塔もキレイでした

奥の院からの本堂
DSC01091_convert_20121209014251.jpg
清水の舞台を見るなら、奥の院からのこのアングルがベストアングル、いや、常識よね
京都タワーも見えてキレイでした。
昼間はダサイけど、晩はそれなりにキレイのね
他に明るい建物がナイからそう見えるだけかなぁル

音羽の滝
DSC01101_convert_20121209014310.jpg

慈悲の光、三重塔、ライトアップされた紅葉、そしてそれが映る池k
DSC01110_convert_20121209014435.jpg
あまりにもキレイでした~

ボンはずっとパパの肩車でご機嫌でした
DSC01114_convert_20121209014502.jpg
パパは体がガタガタになってましたケドね
あ~~~色々ムカついたけど、キレイなライトアップや紅葉が見られて満足したわぁー

せっかくなのでテクテク歩いて、、、
高台寺にやってきました
DSC01118_convert_20121209014518.jpg

波心庭のライトアップが見たかったのです
395159_447717051936164_1295813025_n_convert_20121212021611.jpg
平成23年秋『双龍』、平成24年春『青龍』の集大成として、『親子龍』をテーマに大海を親子の龍が豊穣を祈願し、人々の幸せを願って高台寺方丈に向かっていく姿を表現している・・・との事ですが、なんだか期待ハズレ
例年に比べ、今年のはセンス良くない
色合いが、なんか安物の大衆演劇の舞台ちっくで非常に残念だった

臥龍池の鏡池は、すごぉーくキレイでした
DSC01123_convert_20121209014547.jpg
もしも自分の家だったらなぁ・・・とか思いながら見入ってしまいましたア
もしも自分の家の庭だったら、部屋からもいつまでも眺めていたいよね
豊臣秀吉ファミリーは贅沢してたのね

だけど・・・その頃、ライトアップはできなかったか~ル
DSC01133_convert_20121209014610.jpg
因みにパパは、ねね様の霊屋に夢中でした。
好きやなぁ~~~歴史上の人物のお墓
その間、はぐれていたボンとママは、ボンにジュースこぼされたり、しっちゃかめっちゃかデシタ

珍しく人混みを覚悟で来ただけあって、すっごく満足したけど、たった1台空車があってjumee☆lucky1Ljumee☆lucky1Rと何気に停めたタイムズの駐車場代が3,500円で、めちゃめちゃビックリー
一人分の食事代やんか血

で、その食事は何にしたんやって言うと・・・
時間が遅すぎてドコも開いてなくて、適当に調べて入ったお店で湯葉丼を食べたけど、そんなライトなもんが食べたかったんじゃないのよねー
ホント不発
食べ物が楽しくないと、旅行自体がつまらないわぅ
ホンマ無計画な人と行動を共にするのはイヤよねーー

その代わり、今夜は普段飲まないお酒を楽しむか・・・と、色々と買い込んで、22時と随分遅くのチェックイン。
ホテルは今年4月()にも泊まっている、某会員制リゾートホテル。
(だからパパがスグに予約したって話なんだけど・・・)
DSC01145_convert_20121209014657.jpg
ボンは楽しすぎるみたいで、テンション上がりまくりで暴れまくりぅ

時間が遅いので、早速お風呂に行くことに
DSC01148_convert_20121209014711.jpg
ここでもボンは全力疾走j

お風呂では、いつもの温泉とは違うのに、脱衣所のママから離れて慣れたようにタッタカ先に行ってしまい、慌てて追いかけて行くと、既にお風呂場で転んで泣いていたボン
いつもの温泉は滑らない床やから、同じように思って走って行ったんやろうね
通りがかりのオバチャン達の話では、2回コケて後頭部を打ったとのこと
頭を打つことがしょっちゅうなので、ホンマに心配が絶えない
この時はシッカリ泣いてからスグに泣きやんだので、様子を見ながら、何かおかしい感じだったら病院を受診しよう・・・と、いつものように思ってそのまま入浴しました。

もうスッカリ温泉には慣れたようで、おウチのお風呂よりも少し熱いけど、楽しく楽しく入れます
ちゃんとキレイに洗わせてくれるし、ママが洗ってる間も離れないで横で遊んでてくれるし、ホンマにヤリ易くなりました
今回は時間の都合でプライベートスパを予約しなかったけど、とっても楽しいバスタイムを過ごすことができましたト

部屋に帰る途中、ライトアップされた中庭で湯涼みk
DSC01154_convert_20121209014754.jpg

すご~く良い笑顔でしょ
DSC01152_convert_20121209014740.jpg
この時も、すっごく元気だったんです
めっちゃ走ってたし、パパの待ってるゲームコーナーに迎えに行く時も、お部屋に帰ってからも元気だったんです・・・
だけどこのあと、とんでもない事態が発生するんです

が、この後に続けると長くなりすぎるので、一応日付けが変わっていたこともあり、それは明日の記事にしますので、どうぞ宜しくお願いします



スポンサーサイト
01:31  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/979-8ff866ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。