2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.07/12(Thu)

小豆島*親子旅2日目

2日目の朝。
DSC09025_convert_20120728165018.jpg
相変わらず天気は悪いけど、雨は降ってないわ~
本日1回目の干潮は11時40分頃になってるけど、部屋から見ると、8時の時点でもうこんなに引いてる
ホテルのバイキングで朝食を済ませて、チェックアウトしてから散策に行くことにしました絵
因みに、ボンと二人でバイキングってゆうのは、一切食べられないですけどね汗03
いつもいつも、子供と遊んでおいてくれる気の利くホールスタッフは居ないのかな~と思うわ

さて、チェックアウトして、今日もエンジェルロード

にゃんこ発見ー電
DSC09028_convert_20120728165054.jpg
賢いっ ちゃんと『こんにちは』って、ご挨拶してる

一応警戒しながら近づいて、おとなしそうと判断して、よしよしト
DSC09031_convert_20120713153946.jpg
ところがっッ
ボンの判断は決して間違ってはいなかったんだけど、気持ち良くなったネコちゃんは、両手両足をノビぃ
ボンのTシャツの袖に、爪がひかかっちゃったの。
ネコちゃんと遊ぶ中ではよくあるコトです。
だけどそんなことは分からなくて、勘違いしたボン、、、

引っ張られてると思って、泣いちゃった
DSC09032_convert_20120713154030.jpg
ネコちゃんの方が不思議顔

ぐすん
DSC09033_convert_20120728165124.jpg
でも、逃げるほどではなかったのかな・・・

エンジェルロードの島の木には、たくさんの絵馬がかかっていますハ
DSC09051_convert_20120730025533.jpg
恋人たちが永遠の愛を誓い、願い、残していくのです

私たちも絵馬、かけてきました
DSC09027_convert_20120728165034.jpg
絵馬はホテルのお土産コーナーにてで販売しています。
その場でペンを貸してくれるので、イスに座って絵馬の裏面に自由に書き書き
恋人の聖地なんて、ゆったモン勝ちやなぁーとは思うものの、どうしてもボンの将来の恋人への嫉妬心が・・・
でもそれはボンの将来を否定したり邪魔したりしているようで、遊びだからって言っても絵馬の裏にはボンを恋人に見立ててなんて書けなくて・・・
(基本、何事にもメッチャ真面目む)
人生のうちのほんの数年だけ、ママのこと一番好きでいて下さいと願いを込めて残してきました

絵馬を掛けたあと、ボンが海に向かって走り出した
DSC09034_convert_20120730113344.jpg
今日は明るいから怖くないみたいに

おっと
DSC09042_convert_20120730113452.jpg
そのまま入って行くのかと思う勢いやったけど、ちゃんと際で止まりました。
が、なんでお水が来るのっと、ビックリしてた

クックを脱いで再チャレンジ
DSC09044_convert_20120730113504.jpg
今度はソ~っと

きゃはっ
DSC09048_convert_20120730113515.jpg
波、おもしろーい

おててもちゃぷちゃぷしちゃおーっと
DSC09049_convert_20120730113527.jpg
いやいやボンさん、お尻までちゃぷちゃぷしちゃってますよ

怖くない、濡れてもママに怒られない、、、と分かると、めっちゃ大胆にジャブジャブ入って行く
DSC09058_convert_20120730113545.jpg
波がくる度ゲラゲラ笑ってるけど、アナタ、浅いとは言え潮が速く、1歳児のアナタなら波にさらわれることも可能ですよお

それでも、カメラ覗いてる間に流されるんちゃうかぐらいの勢いで入ろうとするjumee☆fun6Ljumee☆fun6R
PAP_0392_convert_20120730113950.jpg
このあと膝まで浸かり、さすがに撮影中断
ママはサンダルを犠牲に、ボンを引き戻しました汗03

そっか、、、だって水遊び好きだもんね
怖くないよね

そんなボンは海の生き物にも興味津々
DSC09036_convert_20120730025902.jpg
小さなさんやヤドカリがいたよー

海の小さな仲間に夢中なこの後ろ姿を見ていたら、、、
DSC09038_convert_20120713155856.jpg
産前旅行IN和歌山()の、円月島でのパパの後ろ姿と重なっちゃった

コレね
CIMG4722_convert_20100605125446.jpg
やっぱり血は争えないのね
因みに、和歌山2日目()には千畳敷にて海の生き物と戯れていた風景も・・・

この後ろ姿はママにソックリやけどに
DSC09041_convert_20120730113402.jpg
手を置くクビレもナイくせに、チョコ生意気な

そんな訳で、、、海、すっかり好きになったみたい
DSC09055_convert_20120713154338.jpg

だから、帰るのヤダ絵
DSC09064_convert_20120730113606.jpg
ダッコダッコって、昨日とは違ってカップルだらけだった恋人の聖地でゴテゴテ
分かってる分かってる、、、
今度は水着で思う存分ちゃぷちゃぷできる海に行こうね苦
海、気に入ってくれてママ嬉しいよハ

それとね、ボンからの初めてのプレゼント
貝を拾って、『ハイ』ってくれたよハ
DSC09571_convert_20120803013130.jpg
ママの宝物にするわねア
あーん、、、どうしよう
めっちゃ嬉しすぎるハ


さて、、、フェリー乗り場方面に徐々に近づきながら遊んだり食べたりしていこうと思う今日の予定
多少ツメツメにはなるけど、昨日消化できなかった予定も今日終わらせたい。
ナゼばなら、多分よっぽどの理由がナイ限りもう小豆島には来るつもりがナイからだ

昨日おやつを食べそびれた カフェ忠左衛門cafe-chu-logo2.jpg 
今日は電話確認してから来ました
小豆島攻略法かも

mark-gentei_convert_20120730151454.gifパン・コン・トマテ
DSC09076_convert_20120728165245.jpg
こぉ~~~~~~~~~~れは絶品っ
メニューには『やわらかな白パンの上に、エキストラヴァージンオイルとフレッシュトマトをたっぷりのせた・・・』と説明書きがあるのですが、見た目、なんやねんケチャップと見せかけて、ケチャップではありません
オリーブオイルやトマトが美味しいのは当たり前で、そこに塩やニンニクが加わることで、いい匂いの美味しい味になる想像は容易にできるのだけど、このパンの美味しいことったらコレが文
これは究極のカリふわ
小豆島、、、用事あるとしたら、またコレが食べたい。。。。。

ボン用に、ハニートースト
DSC09073_convert_20120728165155.jpg

勿論、てっぺんのバニラアイスに大興奮jumee☆fun6Ljumee☆fun6R
DSC09074_convert_20120728165210.jpg
峰打ちですな

この類の物は、酷ければ食パン食べてる、、、マシでも食パンにアイスクリームつけて食べてる、、、
お店によってはそんなことも珍しくはないですが・・・・・・
DSC09075_convert_20120728165228.jpg
中までシッカリじゅうーっっとオリーブオイルがひたひたで、とっても美味しかったよ
なかなか幸せなおやつでした


次に寄ったのが銚子渓
DSC09077_convert_20120730150627.jpg
曇ってるし、写真ではイマイチ迫力も伝わらないけど、あまりにもキレイだから思わず車を止めてしばし眺めましたp
ダムが小さく見えて、ちょっとゾクっとするぐらい谷でした

でも渓谷を観に来たんじゃないんです
銚子渓お猿の国に来ました
DSC09080_convert_20120730150639.jpg
いきなりお猿がお出迎え
おまたん、猿はコワイのよねー
でも行くとこあんまりナイし、動物好きのボンにお猿さん教えてあげようと思って、なんとなく来ちゃったのよねー

離れて見ている分には、とにかく子猿が可愛かった
DSC09083_convert_20120730150701.jpg
ボンは夢中になって、初めてのおサルさんにすっごく喜んでた

オッパイ飲んでる子猿、甲斐甲斐しく世話をする母猿、すっごく可愛かった
DSC09082_convert_20120730150649.jpg
でも、コワイもんはコワイ
向こうもビビりながらも、『コイツ食べ物持っとんちゃうか』と恐る恐る探ってきていたので、たくさん居すぎて大変やけど、なるべく誰とも目を合わせないようにしたぶ
だって、なんかあった時、どうにか対処してくれそうなスタッフの姿も見当たらなくて余計に怖かったもん
おばあさんが一人だけだったよ・
こうゆう所って、何があるか分からない訳やし、もっと人がたくさん居るんやと思ってた

このフェンス張りの小屋の中に入って、猿にパンをあげる~なり。
DSC09085_convert_20120730150713.jpg
小屋の中のサルにあげるんじゃなくて、人が小屋の中に入ってエサをあげます。
めっちゃくちゃコワかったよぅは
でも、ボンにとってイイ経験

超小規模、いや、超ミニミニ規模だけど、モンキーショーを観たよ
DSC09091_convert_20120730150742.jpg
お猿の国のたくさんのお猿さんの中から見事選ばれた、アイちゃんだってト
オジさんに促されるまま最前列の真ん中に座ったら、膝が舞台にひっつくほどホンマに小さな規模やけど、なんだか凄く笑えました
舞台のド真ん中に扇風機・・・が、またイイ感じでしょ

ボンはこの竹馬に大爆笑でしたjumee☆fun4Ljumee☆fun2R
DSC09095_convert_20120730150753.jpg
なんでかなぁ汗03
帰ったら、竹馬やるかい?と思ったけど、さすがにまだ早いか

記念撮影では、一番に舞台に上がって行ったよ
DSC09096_convert_20120713154521.jpg
団体のお客さんと一緒になったのですが、ボンがバカウケして爆笑したり、手をたたいたり歓声を上げたりする度に、団体のお客さんが一緒になって笑ってくれました
ボン、しっかりしてるとは言え、まだまだ『え今なんか面白かった』みたいなところでイッパイ笑います。
それが団体のお客さんには面白かったみたいで。。。
おっちゃん・おばちゃんだったから、凄く温かく見てくれたんだと思います
それに、その人たち、関西弁を喋ってたわ
旅行に行きたい所はたっくさんたっくさんあるけど、、、他のドコでもない、関西に生まれ育ってホンマに良かったト
と、日頃の有り難みを再確認できたのも、旅の収穫よね

そしてまたまたボンが、『おちゃーちゃん』(おさるさん)とゆう言葉を覚えました
おサルさんて上手に言えなくても全然いい
おサルさんとゆう存在を覚えたことが大きなことです
わざわざ小豆島でお猿さん見なくてもなぁーとか思ってはいたのですが、来て良かったハ
動物にだいぶ興味があるし、こりゃ動物園に行かねばねぇー

銚子渓から下山し、更にフェリー乗り場に近づいた場所にある、、、
道の駅 小豆島オリーブ公園
オリーブ公園・記念館2階の地中海料理olivazでランチ
DSC09098_convert_20120730150809.jpg
うんっ 美味しい
ボンもたくさん食べてくれたよール

勿論、オリーブソフトもねト
DSC09103_convert_20120713154609.jpg
この旅では、昨日の佃煮ソフトか醤油ソフトどっちかと、このオリーブソフトは食べさせてあげようと決めてたの
昨日の佃煮にはムカムカを残すところで、なんなら今日の帰りにでも寄って文句を言いたいところだけど、ボンは満足してくれてるよね、きっとブ

思うねんけどさぁ、、、、、日本人てお金余ってるよね・
DSC09107_convert_20120730150822.jpg
このなんでもない像に・・・・

お賽銭
DSC09108_convert_20120730150832.jpg
『チャリンあるよー』て、ボンが喜んで取ろうとしてたけど、ママも欲しいわ
ココにお金置く意味が分からん。。。
遊園地の噴水の中とか、なんのご利益も由縁もなさそうな所にもあったりするよね。
意味不明。なんかの宗教なのかなぁL

旅も終わりに近づき、最後に調子ノリノリのボンび
DSC09111_convert_20120730150906.jpg
時々晴れ間が差したりお天気も回復してきて、ボンも喜んでくれてるのかなぁ

あんまり汗をかかないママでも汗ダクダクぐらい暑いのもお構いなしに、元気に走り回ってたぅ
DSC09119_convert_20120713154955.jpg
見るもの見るものなんでも新鮮で、『あっ』『おっ』て、発見しては歓声を上げ、楽しそうに走り回ってた
特別な所に行かなくても、芝生の広場があるだけでボンはこうして喜んでくれるのね
イヤなことはあったけど、ボンが楽しんでくれた旅になって良かったア


帰りの時間が近づいてきました。。。
16時20分の船に乗る予定だったけど、なんなら次の便の20時40分の最終に乗ってもいいかな~とは思ってた。
今日もガッツリ遊んで、夕食も食べてお風呂も入って・・・なら、神戸着が0時になっちゃうけど、それもアリかな~って迷ったまま小豆島へ来たけど、もう十分なカンジ
予定通り、16時20分の便で帰ることにしました。

でも・・・ちょっと早すぎたカナ。。。
時間がモッタイナイから、眺めの良い広くてトイレと自販機のある待避所に停め、お茶飲みながら、小豆島にお別れー
DSC09144_convert_20120730150918.jpg
満足げな顔してるわ、、、良かったル

バイバイ小豆島ぁー
DSC09142_convert_20120713155931.jpg
て、大きい声で言ってって言ったら、ボンなりに言ってくれています

ママ有り難うって、言ってくれてるかな言ってないかな~
DSC09147_convert_20120730150934.jpg
分からないけど、言ってくれてるみたいに思ったし、また仲良くなれた気がしました
親子二人旅、、、大成功・・・かなっト

今日も思いっきり遊べたボンは、フェリー乗り場に着く頃・・・とゆうか、車を出してスグに爆睡
PAP_0391_convert_20120730154342.jpg
お疲れさん
イヤなことイッパイあったけど、最初で最後だとしたら、一緒に来たのがボンで良かったかもメ
ホンマにサヨナラ、、、小豆島

帰りのフェリーは高松からの経由で、コンテナがいっぱい乗ってた。
DSC09160_convert_20120730151000.jpg
コンテナを見ながら、懐かしいなぁ~って物思いにふけり、自由奔放に暮らしていた頃を思い出してた。
あの時はあの時で凄く幸せな人生やと思って過ごしてたけど、ボンと居る今は、あの時は想像もできなかったほど幸せ
もう二度と自由奔放な生活はできないだろうけど、自由がなくなった訳ではない。
こうして二人で旅行をできるなんて、すっごく自由
帰りながら、今度はどこに行こうかなぁ~なんて、もう考えてるしねル

ボンは影がついて来るって、また怒ってる
DSC09159_convert_20120730150947.jpg
こうゆうコト、いつ分かるようになるんやろう
こうゆうコト、今どう説明したらいいんやろう
これからそんなコト、山ほど出てくるんやろうけどね

そんなボン、一人のお兄ちゃんにロックオン
最初はカナリ嫌われてたけど、口説き落としてキッズルームまで連れて来たに
DSC09178_convert_20120713155332.jpg
3歳のお兄ちゃん、ボンより2ヵ月下の妹、そしてその子たちのパパ、、、5人でキッズルームで過ごした。
ボンはすっごく楽しい帰りの船内だっただろうけど、よそのパパの前でゴロ寝もできなかったママは結構しんどかったワヨん
まぁ、何度も言うけどボンの為のお出掛けやから、ボンが楽しければそれがママの幸せなので、心地良い疲労とゆうことにしておきますが
そのよそのパパとも、小豆島の人が愛想悪かったって話で盛り上がったりもしたし
その人も行く先々でイヤな思いをしたらしく、もうイヤだねー小豆島・・・て、奥さんとそんな話をしてたらしいです。
後で知りましたが奥さんのお腹には3人目のお子さんがいたので、産前旅行だったんですね。。。
にも関わらず、そりゃイヤな思いをされたことでしょう、、、お察しします
やっぱりダメなんやな、小豆島ぅ
旅行に行く時、ドコでもそうやけど、そこに住んでる人がいて、旅行しに行く自分たちは、現地の人たちが生活してる土地に立ち入らせてもらう、生活してるところを観光させてもらう、、、て気持ちで行くんですが、今回は途中からそんな気持ちじゃなくなっていました。
アンタらの生活の糧の観光客様やぞて気持ちになっちゃった。
キレイな景色や美味しい食べ物を求めて旅行に行くけど、やっぱり『人』が一番大切だね

余談ですが、、、どうこのぬいぐるみ。
DSC09172_convert_20120730151032.jpg
これ、昨日行きしなの記事に書きましたが、全部めちゃめちゃ汚いんです
ウチにある要らないサラのぬいぐるみ、寄付したいなぁ

夕焼けがキレイ
DSC09183_convert_20120730151056.jpg

まだまだ明るい反対側の空には明石海峡大橋
DSC09191_convert_20120730151137.jpg
普段からあまりにも見慣れ過ぎて何も思わないけど、海上から見ると普段とは全く違って、なんか大きく見える
てゆうのはたぶんみんな同じなんでしょうね
時間的に船に乗ってた人の殆どが兵庫県民だと思われますが、みんな必死に写真撮ってたもん

『あっ、橋やで』と言ったママのセリフを、全く同じにタマタマ上手にリピートしたボンッ
めっちゃ凄いめっちゃ可愛いト
と、思って抱きしめようとした瞬間、何も言う前から、前に居たオバサンが振り返り、おまたんより先に『めっちゃ可愛い』とか言って、なんでか写真撮ってくれました
DSC09190_convert_20120730151117.jpg
それもこれもいろんな思い出だわっ

明石海峡大橋をくぐる時、『おぉ~』て、ボンも興奮してた
DSC09192_convert_20120730151152.jpg

橋が真上にきた時、ボンの様子がなんか変
DSC09193_convert_20120730151216.jpg

と、思ったら、手を伸ばしてジャンプして、橋につかまろうとしてたよ
DSC09195_convert_20120730151232.jpg
失敗しちゃったーって、はにかんでる顔です

明石大橋をくぐったら、もうゆう間に神戸港に着くね...
DSC09203_convert_20120730151246.jpg
夕日も橋の向こう側になっちゃったよ、、、バイバイ

帰りのフェリーでグッスリ寝るんだろうと思ってたボンだけど、甲板でもキッズルームで遊んでたお兄ちゃんと遊びまくっていました1
DSC09197_convert_20120713155405.jpg
3時間ガッツリだったので、しいてはその子たちのパパと3時間ガッツリ過ごしたママはめっちゃ疲れていましたt
すっごく子煩悩な優しいパパで、奥さんに対する気遣いも完璧なダンナさんだったので、自分ちの子のパパ、そして自分ちのダンナと比べてしまい、もっともっとゲッソリ疲れちゃいました
そんな疲れたママでしたが、正直、子供たちや子供たちのパパママともせっかくいっぱい話して同じ時間を過ごしたのに、別れるのがなんだか名残り惜しい気持ちになったりしました
もう会うこともないんですよね・・・一期一会か
最初は知らない人と一緒なんて疲れるって思ってたけど、この旅の終わりに、ボンがママにもたらしてくれた、一期一会の素敵な出会いのように思いました

思い出深い、素敵な旅を有り難う...ボン


そして神戸港に着き、旅の終わり。
東京出張から時間を合わせて帰ってきたパパが、新神戸からタクシーでフェリー乗り場まで来て迎えてくれました
ボンはまたまた大喜び
ハーバーランドで買い物して、ご飯を食べて帰りました。
出掛けるからこそ、やっぱり家は落ち着くな~って、そう思ってまた明日から頑張れるのでしょうね
とりあえず、、、寝たいル

と、親子二人の初めてのお船旅行、、、でございます

最後にパパ、、、ボンと二人で行かせてくれて、有り難うねハ
次は9月の富士急か、それともドコかに行くことあるか・・・分からないけど、一緒に行けたらいいですね


それと別件ですが、、、
15本目の歯が生えました歯
右下、真ん中4本と奥歯の間の1個飛ばしだったところに遂に生えてきました
歯が生え揃ったら顔つきも随分とお兄ちゃんらしくなるんだろうね
もっといろんな物も食べられるようになるね
美味しいもの食べに、また出掛けようねー



スポンサーサイト
11:21  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/871-67a7c052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。