2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.11/15(Tue)

'11 沖縄旅行 1日目

3泊4日で沖縄本島へ

毎年恒例の、うごたんのお仕事の沖縄会議への便乗旅行です
去年はボンが生まれて半月だったのでうごたんだけでしたが、今年からはボンを連れて毎年沖縄へ家族旅行へ行く楽しみができました
と、言いたいところなのですが・・・
どこの会社も合併合併のこのご時世は、沖縄で会議をするだなんてゆう素敵なこの会社も例外ではなく、毎年4月に開催されていた会議は去年は合併騒ぎで10月になり、今年は待てど暮らせど招待状が来ないからもうナイのかと諦めていたら、11月15日に沖縄で会議しまーすと招待状がやっと届いたのでした
そんななのでこれからは毎年かどうかは分からなくなったのですが、今年一度でもボンと行けるので嬉しいです

でも11月ってビミョー
調べてみると、やっと気温が下がり始める頃だけど日中は半袖イッチョでもまだまだ暑いって事だったので、おまたんのご機嫌も回復したのですが、さらに調べると修学旅行シーズンだって事も判明し、なんだかヤな感じ
一昨年は4月で、沖縄では『うりずん(初夏の陽気)』と言われる頃だっただけにとても良い気候でした
まぁ今年はボンと一緒だし、海遊びする訳じゃないんで、真夏ぐらい暑い沖縄を満喫する必要もないので修学旅行生さえかわせばヨシですね
あとは晴れてくれれば

そうして沖縄の事ばかり考え、調べ、長い長い約1ヵ月半を過ごし、いよいよ週間天気予報が発表されてからは日に何度もチェックをし、そうやって指折り数えながら待ちに待った長かった1ヵ月半を経てやっと今日飛び立つのですjumee☆fun6Ljumee☆fun6R


楽しみな事は数えきれませんが、一番不安だったのはボンを飛行機に乗せるということ
『2時間もおとなしくできるんかなぁ』て、言う事がムカつきます4
早起きするんだからオッパイ飲ませて寝かすとか、おやつ食べさせるとか、2時間ぐらいはなんとでもなります。
心配なのは、気圧の変化で異常を起こさないか・・・ですよね。
そんなボンの8:20初フライト
DSC06509_convert_20111126153247.jpg
心配していた離陸時も上昇中もなんともなく、下の景色やお空にも全く興味がなく、おっぱい飲んで寝て、起きてからCAさんにオモチャとジュースを貰ってご機嫌さんで賢かったです
なんですが、着陸前の降下が始まった頃に耳が痛くなって、手で押さえて辛そうにして、半泣きで一生懸命ずっと何か言っていました
オッパイやジュースを飲ませてみたけどしばらく痛かったようで、見ていて辛かったです
が、着陸するとスグに元気び
心配したけど大丈夫だったみたいです
それより、、、
他の社長さんたちと集まってみんなで飛行機に乗ったのですが、朝の神戸空港集合の時に喫茶店で、うごたんと先に喫茶店に入っていたボンがおまたんの知らない社長さんのヒザの上で大人のモーニングのヨーグルトやフルーツを喫茶店の食器を使って食べ、喫茶店のコップで出された水をストローで飲んでいた事にビックリしました
大人の食べ物を食べさせないのは勿論、外で出された食器を使わない事や、水道水だろう喫茶店の水を飲ませるなんて以ての外やとゆう事を含め、そもそもこの子が過保護にされているだなんて誰も知らないので、みんなが囲って可愛がってくれる有り難い中おまたんだけ心に冷や汗をかきながら見ていて、そんなおまたんをうごたんは別の汗をかきながら見ていたそうです
まぁ、それも沖縄に着いたらある程度は解禁するつもりだったのですけどねル

さて、そんなこんなで沖縄上陸
本日午後から会議~立食パーティー~夜中まで懇親会~明日は早朝から漁船をチャーターしてマグロ釣り~・・・のうごたん含む他の社長さんたちとは那覇空港でバイバイ
そう、この旅の一番のお楽しみ・・・・・
それは明日のお昼までボンと二人旅だってコトっ
付き合いたてのラブラブの彼氏と初めての旅行に行くよりドキドキトラブラブ嬉しいこの感じ、言葉では表現できませんがおまたんにとって飛び上るほど嬉しいことなのです
そしてうごたんと合流する前のこの1日半に楽しみをギッシリ凝縮しているのです

そんな私たちがまず向ったのがトヨタレンタカー
まぁ~~~~~二度と利用しませんねウ
前回、激安のオリックスレンタカーを利用した際、ナンバープレートがデコボコに曲がった見るからに『事故車でーす』とゆう車をあてがわれた。
今年同様2日目からはうごたんと合流するのですが、航空券やホテルと込でレンタカーを予約する為、レンタルの記名がおまたん一人になるんです。
女一人で借りるからボロをあてがわれたのかもしれませんが、あまりにも失礼やと思って今回は少々値が張ろうとも間違いのナイ信頼のおける、なんと言ってもあのトヨタにしたんです
でもさすがは世界のトヨタさんともなればレンタカー屋さんも殿様なんですねR
おまたんはボンを抱いていて、自分のスーツケースとマザーズバッグを持っているけど、うごたんのスーツケースもレンタカーに積まないといけないので手が1本足りないんです。
なのに送迎の運転手、並びにそこにいたスタッフは誰一人手を貸さない。
仕方がないので気が引けながらも手伝いを申し出るが、あろうことか却下ときたもんだ4
『持って行って下さい』と言われた。
腹が立って、放りっぱなしにしておいた。
受付を済ませ、受付の人に文句を言い、配車担当に文句を言い、そしたらやっと『お手伝いが必要なんですね』と言って出てきたスタッフと一緒に送迎の車の所に行くと、そのままポツンとスーツケースが放りっぱなしにされてあった。
丸亀製麺は世界の丸亀製麺じゃないけど、言わなくたって誰やかし出てきて色々としてくれるぞ。
あ、丸亀製麺は世界の丸亀製麺じゃないからなのかなメ
そして1時間近くも待たされた。
これじゃなんの為の予約なのかも分かりません
綿密に立てた行程で、11時にはレンタカー屋さんを出発したかったのに無駄なロス。
無駄過ぎるにも程がある。
こんな事なら激安のオリックスレンタカーの方が荷物運んでくれるだけでなんぼもクオリティ高いですわ
トヨタの車、何台買ってきたと思ってんねんとか言ったところで、個人やこんな小さな会社の私たちが何台買おうとも鼻クソにもならないのは分かりますよ、そりゃ、世界のトヨタなんだから
凄いなぁ~~~~トヨタ。
ホンマ二度と借りんとこ
DSC06511_convert_20111126153303.jpg
こんな腹立つトヨタレンタカーで唯一笑ったこと、、、
退屈なボンがパパのスーツケースを押しまくって遊んでいて、調子に乗り過ぎて自分の方へ倒れてきてしまい、下敷きになる形でコケちゃったんです。
それが、持ち手の間に頭がスポッと入って抜けなくなってて・・・
爆笑しちゃった

さてさて、出鼻をくじかれた感がありますが気を取り直し、高速を飛ばします
途中、前の車がバナナの皮を窓から捨ててきたのでビックリ
『わ』ナンバーでも『Y』ナンバーでもない沖縄ナンバーだったので地元民なんでしょうが、マリオカートかjumee☆faceA193Ljumee☆faceA193R2とか言いながら、移動中はずっと寝ていてくれたボンに感謝感謝の1時間チョイ。。。

ボンとの二人旅のランチに選んだのは今帰仁村にある菜食レストラン ハーブ
DSC06513_convert_20111126153345.jpg
県道から横道に入り、舗装されていない山道を1kmほど上った小高い丘の上のレストランです。
あらゆる動物性の食品、お肉、お魚、卵や乳製品は一切使わず全て植物性であること・・・がコンセプトのコチラのレストラン。
ボンと行くにはサイコーのレストランでしょ

少し風があったのですが、ボンが走り回ってもいいように、そしてなんと言っても眺めの良いテラス席に座りました。
terrace_r_herb_convert_20111128132217.jpg
風もあるし日差しも強いし中に入られたらとレストランのお母さんが声をかけてくれたのですが、中にはお客さんが何組かいて食後のティータイムをくつろがれていた様子だったので、確かに日差しがキツ過ぎるシマッタ・・・と思いながらもボンがたくさんのちょうちょと戯れるように楽しそうに走り回っていたのでそのままテラス席に留まりました。
『子供が走ったり色んな物も触りますし、他のお客さんにも寄って行ったりもしますので』と言ったおまたんに、『そんな事はあっても、何も気になさることではないんですよ。』とレストランのお母さんの優しいトーンと沖縄イントネーション、そしてこの11月半ばに肌に突き刺さる痛いほどの日差し、眼下に広がる眩しい緑とカラフルな花々の景色、見渡せば青空と海のブルーのコントラスト、、、
やっと『沖縄に来たぁーっjumee☆fun4Ljumee☆fun2R』と思えましたー

お母さんが優しい声をかけてくれながら、出されたのはルイボスティー。
DSC06512_convert_20111126153323.jpg
右のはホットでおまたん用、左のはボンので『冷たくと言うかぬるくしてありますから。』とお母さん。
その心遣いがとっても嬉しいのは勿論のこと、このルイボスティーの香りが良すぎるのなんのって
どこまでの範囲なのか分からないですが、食材には自家製の物がふんだんに使われているそうで、確かに見渡す限りハーブや野菜の畑があちらこちらに点在していました。
茶葉も自家製なのかなぁ・・・あまりにも美味しかったので、ボンのストローマグに入れて今日一日のお茶にしましたブ
朝、神戸空港の喫茶店でどこのか知れない水を飲まされていたボンを見てショックを受けたおまたんですが、このお茶は自分で用意したものではありませんが飲ませたいと初めて思いました

海、ちょっとしか見えへんなぁ~とか、おまたんもココに来るまではネットで写真なんかを見てそう思っていたのですが、写真で見るよりよく見えるんですよ
DSC06514_convert_20111126153415.jpg
沖縄に来て山に行く、沖縄に来て山のもの食べる、、、
それが逆にすんごい贅沢な気分になれたりして
ボンも凄く楽しそうに走り回っていましたぅ

ボンと遊んでいたのでお料理が出てくるまでの時間も気になりません。
いつもならボンが粗相をする前に~とか、シビレを切らす前に~とか思って落ち着かないけど、こんなとこならホント自由
そうして出されたお料理は、、、
おまかせ定食 2,000円
DSC06515_convert_20111126153438.jpg
せっかく自家製の食材、しかも100%植物性にこだわり、その上とっても手の込んだお料理なのでホンマなら一品一品説明を聞きながら食べたかったのですが、まぁボンと一緒なのでそうゆう訳にもいかず
だけどお豆の炊いたのや大根の煮つけ、お豆腐なんかはボンも美味しくいただきました
まだありまーす
DSC06516_convert_20111126153556.jpg
沖縄ではジューシーとゆうまぁ炊き込みご飯やけど、これにお吸い物を少し混ぜてボンの主食にしました。
味が濃かったり食べたらアカン物が入っていない限り、沖縄ではそうしようと思っていました。
ジューシーとゆし豆腐はだいたいドコに行っても出てくるだろうから、ボンの食べるメインはそれかな~ってね
おまたんの大好きな葉物の天麩羅はサックサクで美味しかったです
いえ、ホンマにどれもコレも美味しかったですよ
目にも舌にも心にまでとってもとっても美味しかったです

沖縄の料理って『ぬちぐすい(命の薬)』って言葉があって、医者も少なく医療も満足でない小さな島国では昔から毎日の食事がその名の通り命の薬だとされていた・・・とゆう事だそうで、沖縄の自然食や草食系はおまたんも大好きなのですが、かと思えばミミガー(豚耳)・チラガー(豚顔)・テビチ(豚足)・みたいな食べられないものがあったり、おまたん的にイマイチ楽しめないのが沖縄料理。
何度も気のせぇやと自分に言い聞かせてチャレンジしたゴーヤもやっぱ苦くて美味しくないし、沖縄そばは好きになれないし・・・
あぐー豚は美味しいってゆうけど、うごたんは言います。
『数が少ないってだけで、牛ほどの値段出したって豚は豚やん。それやったらエエ牛食うたらエエやん
確かにそうかも・・・
『石垣牛なんかエエ値段するで。沖縄行って高い値段出して石垣牛食わんでもここは神戸や。神戸牛を食えよ
うんうん、タマにはマトモなこと言う
『でも沖縄には税金の安い特別な輸入牛肉があるからボリュームステーキが安いんやで
『オレは外国の肉は食わん
なんかムカつくーり
みじん切りにしてハンバーグに混入させてでも外国の肉食わしてやりたくなるぅー
て、それは置いといてですが、確かにうごたんの言う事にも納得やな~てのもあるし、ほな何食べるんて思ってたので、こうゆうお料理は嬉しいデスル

食事に戻って・・・

バナナの大好きなボンの為にバナナクリームパフェ 500円
DSC06517_convert_20111126153617.jpg
お砂糖・牛乳・卵を使用していないバナナパフェだから、ボンにも安心して食べさせてあげられますト
食べ物においては厳しく管理してきたボンも、少しずつ甘い物やお菓子に興味が出てきていて、もうボチボチ誤魔化しが効かなくなってき始めていたので、今日は思う存分食べさせてあげました
そうそう、写真には写っていませんが、ボンの為にパンもいただいたんです
相当気に入ったらしく、ママにはくれないでペロリと食べちゃってました

デザートのアイスクリームにはハイビスカスが添えられて
DSC06518_convert_20111126154306.jpg
おいしーいアイスクリームでしたよ顔
で、他のお客さんが居なくなったのでサスガに暑すぎるんで店内でいただくことにしたんです汗03
11月の中旬だってのに暑過ぎるなんて贅沢な話ですがル
スズメバチが飛んで来たんで、チョット怖かったってのもあって・・・L
おまたんはどってことないんでしょうけど、もしもボンが刺されたりしたら始まったばかりの旅行もそれどころでなくなってしまいますからね汗
と、そんなこんなでこ~んな素敵なランチをゆっくりいただくことができて極上の幸せ気分を満喫しました
行きたい所がいっぱいで時間がナイって実はメチャメチャ急いでたんだけど、ボンが楽しそうなんだからもうずっとここに居てもいいかな~て気持ちにすらなって。。。
お店のお母さんがボンといないいないばぁゴッコをして遊んでくれていて、覚えたての『いないないばぁ』を言ってめちゃくちゃ楽しんでおりましたび
ホンマに来て良かったですト
実は一昨年、首里で食べたランチが忘れられなくて今回も絶対外せないって思ってたんです。
すごく優しい味のお料理を出してくれるお店なので、ボンに食べさせてあげたくて。。。
自分自身でも、また沖縄に来ることがあれば絶対に立ち寄ろうって決めていました。
でも時間の都合で悩んでたところにコチラの菜食レストランなるボンにマストなお店を見つけ、正直最後の最後まで悩みはしましたが、コチラでご馳走になり正解でした
来年も来たいお店・・・ならぬ、明日も来たいお店ですハ
お腹だけでなく心まで満腹に満たしてくれて有り難うございました、ご馳走様でした、お母さんが
沖縄に行った時は必ずご馳走になりに伺いますね


次に向かったのが、今日のメインの美ら海水族館
DSC06549_convert_20111129144252.jpg
この写真は帰り際に撮ったので日が落ちかけていますが、到着は15時半頃でした。
今帰仁村のレストランから15分ぐらいでした

ほらね、、、お天気も良くて、ボンの頭の右後方には伊江島と伊江島タッチューこと城山(ぐすくやま)が見えます
DSC06520_convert_20111129142957.jpg
今日、ここで思う存分走らせてやろうと決めてたんですふ
いつも、遊んであげたくてもアカンやダメや危ないやバッチィやなんのって、好きにはさせてあげられない事ばっかりでしょ
水族館ならただただダダっ広くて砂場も水道もないし、口に入れたらアカン物もないし、普通にキレイやから地ベタに座って遊んだり、手を口に入れたりしても、そうゆうのはもう今日はある程度は大目に見る努力をしようって心に誓ってやってきたのです
おまたんにとってボンとの旅行はそれはそれは楽しい楽しい事なんだけど、今回のこの旅行の一番の目的は『ボンに楽しんでもらう』で、ボン中心なのは言うまでもないですが、ボンが楽しい為だけに組んだプランで、親がボンとの旅行を楽しむ為のものでは全くないんです
で、水族館に着いてから『さぁ、思う存分好きな所にお行き』と放した途端、メインゲートを通り越して彼方へ・・・・・
見せたい物や行きたい所があるのになぁ・・・でも・・・・・
ボンが走りたいように走って、見たい物を見つけて興味のままに遊べばいいよね

とは言っても・・・は見とかなアカンやろ~オキちゃん劇場ことイルカショー
DSC06527_convert_20111129142905.jpg
16時からだったので、水族館の中に入る前に散歩がてらずぅ~っと歩いてイルカのプールまで向かいました。
8ヵ月の頃に須磨水族園に行った時は興味を示さず終始険しい顔をしていましたが、今回はイルカが分かると思うし、さぁ、、、どんな反応してくれるっp!

なんとッ 踊りましたぅ
オキちゃん劇場は陽気な三線ミュージックと共に始まります
始まるや否やボンが最前列でお尻を振って手拍子をして踊ったもんだから、お客さんの視線も集中
可愛すぎると爆笑をいただき、嬉しいですがチョット恥ずかしかったですは
で、ショーが始まってイルカがジャンプなどを始めたら・・・疾走
DSC06522_convert_20111129144143.jpg
端っこまで走っては場外のダイバーさんに声をかけられママの所に逃げ帰り、またダイバーさんの目を盗んで入っちゃアカン所に入ろうと走っていき、声をかけられママの所へエンドレス1
そうして今回もイルカを見ずして終わったのですよ
だけど、嬉しいことも
イルカショーの間、ボンは100%拍手をしたんです
いつもはテレビを見て気がむいたらパチパチするぐらいで、ヤレって言ってもヤルもんじゃなかったんやけど、イルカショーの間は他のお客さんが拍手をする度、自分が走ってても踊ってても何してても100%パチパチしてました
こんなことは初めてです
この旅行で色んな事や物に触れさせて経験をして、たくさんの色んな種類の刺激を受けて感受性豊かになってほしいって思っていたので、ただ遊ぶだけでなくちゃんと感じる物とかあってくれて、ホンマに来て良かった

そんなボン、、、こんなに近くでプールを見たら、どうする
DSC06530_convert_20111129144157.jpg
怖がると思います
ブッブー
正解は、普通に歩いて入ろうとしたでした
うーん、やっぱりまだそんなには頭良くないんか汗03
・・・と、この行動が後々この旅行の間中ずーっと続くことをまだ知る由もなかったおまたんなのです

イルカショーが終わり、またテクテクと歩いて水族館の中へ
入場料が格安になる『4時からチケット』なるものがあるのは知っていましたが、おまたんは行きしなに名護の許田やんばる物産センターで割引の前売りチケットを購入していました。
あぁあ、こんなことなら前売りチケット買わなかったら良かったーと思ったりもしたんですが、まぁゆうても何百円なので・・・
それが入場すると、通常の入場料金と4時から料金の差額を返金してくれるシステムになっていたんですり
200・・・ナンボかやったかなぁ。。。
ゆうても何百円か・・・と思ったお金ですが、返ってくると相当嬉しいっ

さて、おまたん美ら海水族館は2回目。
それに、もう今更水族館の水槽を1つ1つジックリ見て回りたい訳でもないので、ここでもボンを自由に放しました
さぁ、お行き
入ってスグにある熱帯魚の水槽ル
DSC06532_convert_20111129152735.jpg
好きな所に行ったらいいけど、要所要所で写真だけは撮らせておくれ
広くて走り放題であること、そして小さい子供が多くて気になること、更に修学旅行生でゴッタ返していたこと、、、
そんな状況が重なり、写真が撮れんたらもう・・・4
ボンはコッチなんて全然向かず、他の子が写真を撮っている所ばっかり気にして見て・・・
だからそこのお母さんが『ボク、こっちだよ』て、おまたんの後ろに回ってコッチを向かせてくれたり
年賀状に使う写真をゼヒ撮りたいと思っていたのですが、ボンと二人では写真は難しそうですね
年賀状のみならず思い出を写真に残したいのが一番ですが、シャーナイ、、、
ボンとの二人旅の素敵な思い出、楽しそうな表情、可愛いしぐさ、一緒に見た景色・・・心に焼き付けておこうト

やっぱ・・・魚や水槽にそこまで興味がないみたいです
SN3J1281_convert_20111129152255.jpg
登りたいとか、ガラス触りたい・・・だけみたいな感じデシタお

お魚の形のライトが床でグルグル回る・・・
DSC06537_convert_20111129144214.jpg
こんなモノには興味津々で、走っては戻り走っては戻り、いつまでも気にしていました

美ら海水族館のメインと言えば、言わずと知れたこの黒潮の海の大水槽
a00_convert_20111201145627.jpg

が、ボンは疾風の如くスルー
DSC06546_convert_20111129152312.jpg
さすがに、いや、チョット
興味ないんは分かるけど、美ら海水族館来たんならココで写真撮らなきゃアンタ・・・
で、連れ戻したら連れ戻したで、ちょうどジンベエザメのエサやりタイムで大混雑してるとゆうのに人混みの足の間をすり抜けてサッササッサ
最前列への割り込みもなんのその、立ち入り禁止のロープの中へもフリー
凄いなぁ・・・小さい子にはなんの壁もナイってこと実感しました
そして人混みの足の間をすり抜ける時も、老若男女問わず足にしがみついたり触ったり引っ張ったり、、、
『きゃっ』とゆう女の子の声を何度聞き、何度謝ったか知れません
ただ、ここでもだいぶ可愛がってもらったのですが・・・
やっぱ凄いなぁ・・・小さい子にはなんの罪もないのですル

結局人込みを避け、大水槽の側面部分の海のトンネル『アクアルーム』で長時間遊んでいました。
これもこれでトンネルを楽しんでるんなら良かったんやけど、ずーっと階段で遊んでたの・
で、修学旅行生と戯れて、修学旅行生には写真撮らせたい放題撮らせてぅ
ママには全然撮らせてくれないクセに
てか修学旅行生よ、、、ボンの写真をどうするの
旅の思い出に残してくれるのでしょうか
修学旅行生は言っちゃゴメンけどホンマ団体やからウザかったんですが、数えきれない子たちがボンを遊んでくれ、ボンは凄く楽しそうに喜んでいましたり
有り難うね、修学旅行生ふ

そんなこんなで館内では同じ場所を走り回っていただけだったので、他にも行きたい場所があったので水族館を出ました。
DSC06548_convert_20111129144238.jpg
到着時から気になっていた様子の花やどかりは、やっぱり気になるみたい
せっかくやから写真を撮りたかったけど、ずっとやどかりを見てるからボンを正面から撮る事は結局できなかったのですよ汗

その、他に行きたい場所・・・てゆうのが、この美ら海水族館と同じ海洋博公園の敷地内にある夕陽の広場とゆうところ。
が、残念ながらタイムオーバー
外はもう一気に日が沈んでこの暗さ
DSC06551_convert_20111129144310.jpg
夕陽の広場には小さい子供向けの遊具がたくさんあるんだそうで、ボンを遊ばせながら沈む夕日のオレンジを見せようと楽しみにしていたのです・・・が、夕日はもう沈んだあとでした
めちゃめちゃ楽しみにしていたので、またあのトヨタレンタカーでの無駄な時間が思い起こされて煮えくり返ったり、今帰仁村のレストランでもう1日中ここに居てもいいか~と思うぐらい優雅で贅沢な時間を過ごしたんだからシャーナイやん・・・とか思ったりしたのですが、、、
ボン、今おまたんの目の前でこの噴水でめちゃめちゃ夢中になって遊んでるし、それで十分やんア
そんな気持ちになれましたが
考えたら11月の中旬のしかもこの夕暮れに噴水で遊んでるだなんてゆうのも十分贅沢な話だもんねル
11月の中旬なのに蚊に刺された事は贅沢には思えませんでしたが
せっかく今年の夏は殆ど蚊に刺されずに済んだってのに。。。
あ、因みにまだセミも鳴いてましたよ
話は戻って・・・
アスレチックはドコにでもある、沖縄のようにキレイな夕日ではなくても、ボンとの夕日もどこでだって見れる。
また今度はボンがちゃんと分かるようになってからでいいよね。
今回はボンが今その時その時を楽しく過ごせたらそれでいいんです。
何一つ覚えていられないのでしょうが、ボンの成長に欠かせなかった経験になってくれたらいいなって思っての旅行なので、プランの立て直しをしてみようかなぁ・・・とか後ろ髪の引かれる思いもあったのはあったのですが、とりあえずここ海洋博公園のある本部町を後にし、ホテルへ向かう事にしました

あぁーんハ 楽しかったね、美ら海水族館
ボンをチャイルドシートに乗せ、美ら海水族館の駐車場の出口でそう言って振り返ると・・・
口をパカ~っと開けて、もう爆睡していましたり 早っ
まさに文字通りの秒速
ちょっと無理させ過ぎたのかもしれませんね
ボンに楽しんでもらいたいと言いながら、結局はママがボンと遊びたい気持ちの方が勝ってしまっているんです。
反省


そして美ら海水族館から車で約1時間。
今夜のお宿、名護市のカヌチャベイホテル&ヴィラズ
kanucha_convert_20111201130659.jpg
敷地面積は東京ドーム60個分なんだって
ボンとなら、広いってただそれだけで何か楽しい冒険ができそうな予感

1時間・・・お昼寝にしては短い時間ですが、グッスリ寝て復活したみたいです
(さっきまでの水族館での出来事とか、もう全部忘れたんやろうなぁ)
DSC06615_convert_20111129144606.jpg
受付時にかけてもらったこのレイをしていると、ちびっ子が敷地内でチョットしたサービスを受けられるようになっているんだそう。
お花が色んな色でキレイなこと、触ると少しひんやりシットリしていること、、、ボンにも分かったようですブ

さて、とりあえず先にお部屋に行きたいところなのですが、おまたんの部屋からレストラン棟までが遠く、今居るフロント棟からだとレストランが近いって事で、もう19時半やし・・・と、勧められるままに先に食事にする事にしました。

和食レストラン神着「カヌチャ」
逾樒捩逵・1_convert_20111201162728
おまたん、こうゆう時の食事は外で好きなお店で食べる派なのですが、離乳食を作ってくれるって事だったのでホテル内のコチラでいただく事にしたんです。

まずはボンとママの素敵な旅に乾杯
DSC06561_convert_20111129143147.jpg
おまたんにはワイン、ボンにはマンゴージュースがサービスで出されました
沖縄でボンと2人で乾杯してるなんて・・・
今日はボンと2人でホテルに泊まるなんて・・・
と思ったら幸せ過ぎてテンション上がりまくりで
おまたんて、ホンマにボンのこと大好きなのねト
て、当たり前か

お料理を待つ間、寝足りない寝起きで少し機嫌の悪いボンを連れてお料理屋さんのライトアップされた庭園へ。
DSC06554_convert_20111129144356.jpg
ホテルでは今kスターダストファンタジアkなるライトアップイベントが開催中で、これもこのホテルに決めた理由の一つ

こちらのホテルでは、各レストランが1品577円で月齢に応じた離乳食を作ってくれるんです
ボンとの初めてのお宿をこのホテルに決めた一番大きな理由2つのうちの1つです
(もう1つは明日)
親バカの恥を捨て、1ヵ月も前からコンシェルジュとイタイ相談を重ね、この夕食に想いを注ぎ込んできました
何しろ、ボンにとって初めての外食です。
今日のお昼に取り分けはしましたが、ボンの為にボン専用のご飯を注文するのは初めて。
ボンにとって初めての事は、おまたんにとっても初めてなんですから、緊張します!
最初はホテル側の『アレルギーはありませんか』から始まりました。
おまたんからは、雑炊の卵は卵黄だけにしてほしいこと、軟らかくない具材はみじん切りでないと食べられないという事を伝え、それからメニューには雑炊しかないけど、何か茶碗蒸しのような物をもう一品作っていただけないのか?の質問をしました。
すると茶碗蒸しは作れるとの事で、中の具材と出汁についての内訳がメールで届きました。
同じく茶碗蒸しは卵黄のみで作ってほしい旨、そのままで食べられる具材とみじん切りが必要な具材をお伝えしました。
ホテル側は何事も丁寧に受け止めて快諾してくれるのですが、どうも熱が足らないってゆうか、気持ちが伝わってないってゆうか、なんだか物足りなかったんですよね・・・その辺が
なので・・・言っちゃいました。
『息子は外食が初めてなのでご馳走を食べさせてあげたいと考えています。細かく注文をして申し訳ないんですが、何かご馳走をたべさせてあげて下さいね。お手数ですけどお願いします~
旅の恥はかき捨てって・・・言うやんな
だって、おまたんがどんなに思ってるか分かってほしかったんです

そしてがそのボンの雑炊
DSC06555_convert_20111129143130.jpg
1ヵ月考え続けた割にめっちゃ普通だ・・・・
(普通で当たり前や)
いつもボンに食べさせている物の方が具だくさんなので一瞬ガッカリしたのですが、さすがに和食のお料理屋さんの雑炊は出汁が違いましたよ
どんなに・・・って、顔は何度も拭いたけど、お風呂に入るまで抱くと鰹クサイほど薫り高い出汁でしたに

もう1品の茶碗蒸しが
DSC06562_convert_20111129143209.jpg
離乳食なのに、見た目にもお上品で嬉しい

開けるとコチラもいい香り顔
DSC06563_convert_20111129143223.jpg
具材は椎茸、銀杏、三つ葉、かまぼこ、鶏肉、鰆で、だしは鰹と昆布、醤油とみりんが調味料に使われているとの連絡を事前に頂いていました。
銀杏と鰆以外の具材をみじん切りでお願いし、醤油とみりんが不要である事をお返事して作っていただいた茶碗蒸しです。
ボンにはちょっとクセが強いんじゃないと、三つ葉は前日まで悩みに悩んだんですが、やっぱりホテルにお任せして入れてもらう事にしました。
が、やっぱりベェーって出しちゃいました
そらそっかは
ジャリってしたしビックリしたんやろね。
ボンにもいつか三つ葉の香りの良さが分かるようになるよブ
だけど茶碗蒸しはそれはそれはママの作るものよりなめらかで口当たりも最高だったんだろうね
雑炊の量がかなり多いな~とは思いはしてたけど、走り回りたいシビレを切らしながらもどちらも完食いたしました

因みにおまたんは、、、琉球懐石

食前酒(地元泡盛で漬けた梅酒)
DSC06559_convert_20111129143336.jpg
泡盛なんて飲めたもんじゃないって長年思っていたけど、だんだんと受け付けるようになってきました
泡盛味の梅酒もこの量ならいいですね。
でもやっぱり、梅酒は泡盛でなくていいな

前菜の、、、
左から・・・ゴーヤー寿司、昆布巻、鋳込みゴボウ 、豆腐ヨウ、それが載っているゴーヤの器はゴーヤゼリー、手前の器がミミガー
DSC06558_convert_20111129143319.jpg
お昼に『沖縄料理はイマイチなのが多い』みたいなこと書きましたが、そうゆう訳じゃないんです。
おまたんには大好きな沖縄料理が結構あります
その代表格とも言えるのがこの豆腐よう
簡単に言うと紅麹と泡盛で漬けた豆腐の発酵食品で、クセの強いチーズを泡盛に浸して食べてるような味とゆうか・・・なんと言うか・・・・・
現地では、ウニとチーズを混ぜた感じとかゆう説明を多く見かけます。
とにかくコレが好きなんです。
以前に石垣島で食べて以来トリコに
他にもスーチカー(豚の三枚肉を塩漬けしたもの)、魚のマース煮(塩煮)など大好きですよ

先付け グルクン酢味噌和え
DSC06560_convert_20111129143400.jpg

吸物 中味汁(内臓の澄まし仕立て)
DSC06564_convert_20111129143414.jpg
こちらもおまたん絶賛の沖縄伝統料理の一つ
何度も何度も炊いて臭みを取った豚の内臓が具材のスープで、まさに中味汁なのです。
ネーミングはイケていませんが、とっても美味しくおまたん大好き

造り 季節の鮮魚三種
DSC06565_convert_20111129143429.jpg

煮物 らふてぃー
DSC06566_convert_20111129143442.jpg
豚の三枚肉の煮物ですね。
沖縄でなくても食べますよね、大好きです。

焼物 国産和牛
DSC06570_convert_20111129143458.jpg

酢物海ぶどう、もずく
DSC06571_convert_20111129143518.jpg

御飯 長寿飯(ジューシー)・漬物、沖縄そば
DSC06572_convert_20111129143538.jpg
島唐辛子を泡盛で漬けた香辛油『こーれーぐす』
あまりにも有名なので、沖縄に興味がなくても知らない人は居ないぐらいですよね。
いっときは我が家にも常備していたのですが、いつの間にか他の辛い物に浮気していました
今おまたんの好きな激辛はアフターデスソース
『死後も辛い』と、その名の通り激辛で、その鋭さが特にお気に入りなのですが、久し振りのこーれぐすも辛さの中に泡盛が香っていて美味しかったぁハ
て、美味しいのを思い出したら入れ過ぎて暑くなっちゃいました

お腹いっぱい、満足満腹のこの後に果物でパイナップルも出てきたのですが、もうボンが限界で写真も撮れず・・・

だって、、、こうなってきて・・・
DSC06567_convert_20111129144446.jpg

後ろの席に自分と同じぐらいの子が来たのが気になって仕方なくなって・・・
DSC06568_convert_20111129144458.jpg
その子は賢くご飯を食べていて、ボンがスプーンを落としたら『あーあ』って言われちゃいました
あとはもう厨房の中が気になったり、お店のスタッフさんにチョッカイかけたりして、こうなったらもう落ち着くことはないのでユックリと贅沢な食事もここで終了~
とっても美味しかったです、ご馳走様でした
親バカのイタイお願いを快く受けていただき、美味しいお料理を出していただいたこと、とっても素敵な思い出になりました
『とても美味しかったです、ご馳走様でした』と言ったおまたんにスタッフの女性が『良かったー美味しかったって言っていただけて嬉しいですー食べてくれて有り難うー』と、ちょっとキャピっとした感じで予想以上に大きなリアクションをしてくれたのでビックリしましたが、そうゆう態度にはこちらも嬉しくなり、なんとも気持ち良くお店を後にすることができましたブ
そのスタッフの女性は何度もお礼を言われましたが、ホントにこちらこそ有り難うございましたが


さてさて食事を終え、ようやく部屋へ案内されます。
何しろ広い敷地内の移動はこのカート。
DSC06628_convert_20111202155314.jpg
このカート、1日5千円もするんです
ホテルでゆっくりするならいいのかもしれないけど、夜にチェックインして23時までのイルミネーションを見て回って、翌日はどんなに遅くても11時にはチェックアウトするんだから、ボンと二人でウロウロとドライブしたいのはしたいけど、まぁ5千円も出して借りる値打ちはナイか~って思っていました。
15分間隔ぐらいでトロリーバスが常に走ってるよ~って事だったし
ph_01_convert_20111203112226.jpg
でもね、車でホテルの敷地に立ち入った瞬間、『カート借りよかな・・・』て思ったんです
あまりにもキレイだったので、バスじゃなくて自分のペースでボンとウロウロしたくなっちゃって
ゴメンうごたん贅沢さしてもらうわな 
と、そこまで思い切って・・・なんですが、、、
チェックイン時にカートの無料券をいただいちゃいましたjumee☆lucky1Ljumee☆lucky1R
なんも悩む事なかったわ
だけど無料で借りて思ったんですが、無料でいいんじゃないのて思いました。
オプションレンタルでなしに、こんだけ敷地の広いのを売りにしてるんだったらカートはハナから無料にしときましょう
そしてこのカート、要普通免許。
でも飲酒運転はOKのようでした
ボンがやっぱりいつものようにハンドルを握って興奮してましたけどね

で、お部屋に到着
Y346040528_convert_20111202155701.jpg
スーペリアツインとゆう広めのお部屋を大奮発
だってボンと二人で泊まるんだもんっハ

バルコニーからの眺望です
DSC06577_convert_20111202154854.jpg
海は遠いですが、スターダストファンタジアのメイン会場が目の前ですp
遠くに見えるのがサテライト会場
これも・・・悩んだんです。。。。。
絶対条件はバルコニーにジャグジーのあるお部屋
バルコニーにジャグジーがあるのはスウィートを除くと、スターダストファンタジアのメイン会場が目の前にあるこの棟と、メイン会場からは離れちゃうけど目の前が海ってゆう立地にある棟の2つ。
一見、じゃあ海のそばのがいいに決まってんじゃんて思いがちなんだけど・・・
海のそばの方は部屋がここより狭いの。
クチコミにも『眺めはいいけど結構な坂を下らないといけなかったのがしんどかった。カートなしでは移動が困難。』なんて声が多くて・・・
部屋が広い必要があるのかとかも色々と考えましたが、最終的に決断したのは、ここの方がお部屋代が高かったこと。
きっと高い分こっちが良かったって納得できるんだろうなって。。。
実は一度は海のそばの方に変更しようとしてホテルに問い合わせの電話もしたんです
でもイマイチ説明も分かりにくくて、スーペリアツインの方が広くてメイン会場にも近いって勧めてくれるだけで、やっぱり決断できなくてそのままに・・・
だけど考えてみたら部屋が広いんに越したことないんです
ボンが走り回るのには広い方がいいし、バルコニーから海が見えるよりはイルミネーションが見えた方がボンが喜ぶと思いました
海が見えても、ボンは海のことあんまり分かってないみたいだからね
ただそれでも悩んだのは、海側の方もイルミネーションのサテ会場があり、そっちもそっちで結構キレイなのがHPで見て分かったんで・・・うーん、、、とまた悩んで迷って過ごしたんですが、とりあえず『いい部屋に泊まろう』て事にしたんですブ
結局どっちが良かったのかは分かりませんでしたが、泊まったこのお部屋は凄く広くて大満足でしたア
来年・・・てなったらまた別ですよ
ボンもバルコニーから海が目の前に見えることを喜ぶようになってるでしょうからね

そんなボンちゃまは早速ホテルの備品などを全て放り出して、ティッシュなどもバラ撒き終え一通りのイタズラをしたあと、お気に入りの一つをジックリと吟味しています。。。
DSC06579_convert_20111202154909.jpg
そんなんやってる時間ナイねんjumee☆faceA193Ljumee☆faceA193R2
スターダストファンダジア見に行かんとjumee☆fun4Ljumee☆fun2R

再びカートに乗って、まずはバルコニーから見えていたメイン会場へ。
DSC06590_convert_20111202155028.jpg
ボンが歩いている延長そのままに普通にプールに歩を進めようとするのでビックリです
そういや昼間、美ら海水族館のプールでも同じことあったよね・・・・
知らない事いっぱいあるんやと思うねんけど、毎日お風呂に入ってんねんから水に入ったらどうなるかぐらいは知ってるやろ
実家のお風呂なんか怖がってこの世の終わりほど泣くクセに
ゆうとくけどこのプールの方が実家の風呂よりナンボも怖いぞ4

そんななので、大小いくつかのプールから何度も引き離しながら、メイン会場を巡ります。
時計台
DSC06582_convert_20111202154927.jpg

分かりにくいですが、ちいさな舟や桟橋です
DSC06585_convert_20111202154954.jpg

ハート
DSC06588_convert_20111202155007.jpg
ホテルから渡された願い事を書くタグを、おまたんはココに結びました
おみくじでもあるまいし・・・~と、普段ならこうゆうタグは無視するだろうおまたんなのですが、ボンと一緒だと乙女になってしまうようです
どこに結ぼっかなーて、迷っちゃいましたハ

トナカイのソリ
DSC06591_convert_20111202155050.jpg

乗れるんですー
DSC06597_convert_20111202155158.jpg
一緒に乗って、ジッとしないボンを押さえつけて何度もしつこく2ショット写真を迫りましたメ

教会もキレイでした~
DSC06607_convert_20111202155212.jpg
あんまりちゃんと写ってないけどね汗03
でもボンが楽しそうに遊んでいましたj
ボンが教会で永遠の愛を誰かと誓う日がくるのかなぁ・・・
それは間違いなくおまたんではナイ訳ですよ・・・
その時おまたんはどんな気持ち
心から喜んでるのかなぁ・・・・・
いやいや、、、せっかくの旅行やねんし、『教会』てだけから色んな妄想するのはヤメようよ
とりあえずボンはまだ1歳なんだし、今日はそうゆうこと忘れて楽しもうよ
うんうん、そーやそーや

それでも、、、
あーシマッタ ココに願い事結んだら良かった・・・
DSC06608_convert_20111202155226.jpg
とか、本気でヘコんだりして

またまたカートに乗り込み、海側のサテ会場まで下りました。
DSC06619_convert_20111202155244.jpg
うーん、コッチもキレイやぁ~~~p

光のドームの中でメチャ遊んでましたブ
DSC06623_convert_20111202155259.jpg
やっとコッチ向いて止まってる写真が撮れた気がします

このサテ会場に着いた時、警備員さんが居て、時間が結構際どかったのでもう入ったらアカンのかな~と思い、聞いてみたら『もうすぐ終わりますけどどうぞ』って入れてくれたんです。
カートも置き場でない道に止めさせてくれて。。。
で、走り回ったり写真撮ったりしてるうちにイルミネーションが消えちゃうんやろうから、消えちゃう前に~と思って遊んでたけどナカナカ消えなくて、まぁちょうど23時に終わるって訳じゃないのかもね~と思い、少し遊んで、ボンのこと思うとめちゃくちゃ時間も遅いんで帰る事にしたんです。
帰りながらも写真を撮ったり、止まっては眺めたり、ゆっくり部屋に向かったんです。。。
が、おまたん達が通った尻から尻からイルミネーションが消えていくではないのっ
そう、23時ちょうどに消えないんじゃなくて、警備員さんが消さずに待っててくれたんですり
うわぁ・・・・なんて申し訳ない事してしもたんやぁー血
と思ったのに、サテ会場を消し終わって車に乗った警備員さんはにっこり笑って会釈をして去って行かれましたり
イヤな顔一つしないで、なんて素敵な人なんでしょう
これ、イヤな顔されてたら、時間が足りなくてゆっくりイルミネーションを見れなかった残念な思い出になってたよね
あの警備員さんのおかげで、めっちゃいい思い出になっちゃった
凄く感謝していますが
ステキなスタッフさんを揃えた、ホントいいホテルア


部屋に戻ってきました。
DSC06629_convert_20111202155330.jpg
お風呂もまだ入らないとアカンのに、凄い時間になっちゃったね、、、ごめん
無敵のボンもさすがに疲れた

いえいえ、、、
DSC06631_convert_20111202155344.jpg
まだまだパワーあるみたいです
ホンマに電話が好きなんだから
ずっと電話をしてるパパの影響よね、絶対。
電話で喋ってることも、なんか難しそうな表情でゴチュゴチュゴチュ・・・て言ってるし
もう少し大きくなってパパの絵描けって言ったら、きっと絵のパパは電話持ってるよ4

そうそうそうそう、、、、、
忘れてた訳ではないんですが、お昼に今帰仁村の菜食レストラン ハーブさんでハーブサンドをテイクアウトしてあったんです。。。
夕食まで時間が長いから、美ら海水族館のあとに夕陽の広場でボンと夕陽を眺めながら食べようって思ってたのお
DSC06632_convert_20111202155357.jpg
もう・・・お腹いっぱいで食べられないよーぅ汗
でも、食べなきゃね
お肉に見立てて作ったんだってゆう、植物性のハムの味に惚れてテイクアウトしたんです。
美味しい訳ないやろって思ってたのに、あまりにもいい香りがして美味しかったので
ボンのムッチリした手が伸びていますが、食べさせてあげたいのも手伝ってほしいのも山々、だけどこんな時間に食べさせる訳にもいかないんで・・・
このハーブサンドのパンが、ボンがお昼に気に入ってペロリと食べちゃったってゆうパンなんで、もしかしたら覚えてたのかもしれませんけどねー
なんとかおまたん一人でお腹に詰め込み・・・・・

それからシャワーに入りました
メイン会場のイルミネーションは夜通し消えないようなので、イルミネーション若しくは星でも眺めながらバルコニーのジャグジーに入りたいところですが、音がウルサイ加減で23時までって決められています
でなくても、さすがにこの時間からボンとジャグジーで遊ぶ訳にもいかないんで。。。
おまたん、よそのお風呂の浴槽には浸からないし、そんなやからボンを浸けるのも絶対にイヤなんで、シャワーでOKな暖かい沖縄で良かったーブ

ただでも0時回ったこんな時間な上、朝早かったし、めちゃめちゃ遊んだし、色んな経験して頭も疲れたんだろうから早く寝かさないとイケナイんだけど、、、お願いもう少しだけ。。。。。

バルコニーでイルミネーションを見ながら少し涼みました。
ボンとたくさん遊んで、美味しいもの食べて、キレイな景色見て、ママ幸せだよって話しましたが

ベッドに移動し、それでもまだふかふかベッドで飛んだり跳ねたり遊んでたけど、おっぱい飲んだら一瞬でコテン
ボンを楽しませることだけ考えようと思ってたのに、結局ママがボンと遊びたいからって振り回して疲れさせちゃったよね・・・
DSC06635_convert_20111202155411.jpg
夢、見てるかな
もう、何もかも忘れちゃったかなぁ・・・・・
だけど、一緒に来てホンマに良かったル
沖縄に来て良かった
だって今日一日で凄いたくさんの経験ができたもん
知らなかったボンをたくさん見れたものア
ボンにとって初めての事はおまたんにとっても初めてのことと言いましたが、ホンマそうで、おまたんも今日一日で初めての経験をいっぱいしました
2人で経験して、多くを感じ、二人とも確実に成長したって実感できました
すごぉーく幸せト
ボン、大好き
なんでこんなに可愛いのかしら
ラグジュアリーな布団で寝るボンもステキやな~と、ちょっと色気を感じていたら・・・
背中向けられちゃいました汗03
DSC06634_convert_20111202155534.jpg
このあとおまたんは荷物の整理、ボンの食器洗いなど忙ししく済ませ・・・
ちょっと成長してお兄ちゃんに近づいた、冷たく向けられた愛しい背中を抱いて、、、
長い長い、そしてサイコーに楽しかった1日を終えたのでした

ボン、楽しかったですか?
何一つ覚えていられないんだろうアナタに代わって、ママが何一つ忘れずに居ますねが



スポンサーサイト
15:40  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/662-83155569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。