2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09/21(Tue)

身が切れる><

10.9.21(TUE)

命が誕生するばかりではなく、辛い現実もある事を知った昨日。
先生や助産師さんはメンタル面でもハードやなぁ・・・とか思っていたのですが、それでも休んでなんていられないんですよね、あの仕事。
夜中にはまた新しい患者さんが入院してきていました。
体重測定に部屋を出た時、斜め向かいの部屋から出てきたダンナさんと顔が合って会釈。
部屋からは既に叫び声が聞こえていて、見るからに若いダンナさんは困り果てた顔でヨタヨタと歩いて廊下のソファに座りました。
助産師さんに、『ボクここに居ます・・・』なんて言って。
奥さん、かなり大騒ぎしてるからなぁ、、、お察ししますが頑張れ若者っー
な~んて、自分が終わっちゃえば超余裕の先輩ヅラ

さて、若夫婦の修羅場はまだ続いておりますが、おまたんには優雅な朝食
DSC00420_convert_20101007215815.jpg
と言いたいところですが、斜め向かいの若奥さんの叫び声を聞きながらなので落ちつけませんパ
それと朝からトーストっておまたん苦手なんです、ヘビー過ぎて・・・て、贅沢
朝からバナナもゆで卵も食べられへんし・・・て、ホンマ贅沢
て、ほんなら何やったら朝から食えるねーん4
うーん、、、和食派です
とか言いながら、残すのは悪いから完食すんねんけど

で、朝食後、沐浴見学がありましたル
助産師さんが説明しながらボンちゃんを沐浴させてくれているのを、質問したりしながらマジメに見ていたのですが・・・
本心は『しまった手順を覚えたいとか言って、ビデオ持って来て撮らせてもらったら良かったー1』と後悔の念渦巻き巻き
だって、お風呂に入ってる顔って気持ち良さそうでメッチャ可愛いんやもん
赤ちゃんてお風呂に入るとみんな同じような顔するよね、、、不思議。

沐浴が終わり、助産師さんが『あとで赤ちゃん連れて行きますから先に戻ってて下さいル』と言ったので病室で待っていると、1時間ぐらいして帰ってきたんですけど・・・
手の甲に何ついてんの
DSC00427_convert_20101020013114.jpg
テープ えっl コレって注射のテープやん
いやぁんっ 注射されてるぅ改
そういや入院の日、先天性代謝異常の検査の同意書に署名押印したんやん・・・と思い出したけど、すっかり忘れていたので不意の注射みたいでビックリしたやん
ほんでこんな小さな手の細い細い血管に針刺して血ぃ抜かれたやなんて、胸が苦しいどころか身をバシバシに切りきざまれる思い
アカン、呼吸困難8
いえ、、、でもとっても大切な検査です。
いや・・・でも・・・・・アカン、辛すぎるぅー
どうしよう・・・これから予防接種とかあるし、それに病気やケガもする事もあるやろうに、おまたんこんなんで母親務まるんやろか・・・めっちゃ頼りないわぁー不安
でもきっとみんな同じ気持ちですよね。。。

さぁ、愛息子の痛いのに比べれば自分の痛みなんてどうでもいい気持ちなのですが、やっぱ痛いもんは痛いし、怖いもんは怖い
前々から何度も聞かされていた予定なので腹づもりはできていたハズなのですが・・・
今日はいよいよ抜鈎の日なんです 半分だけ。
お腹は糸ではなくホッチキス()で閉じたので『抜糸』ではなく『抜鈎』
もうスグ先生が来るから一緒に準備しとこうと助産師さんが言うので、『ガーゼは今はがしとかない』と、おまたんから提案。
だって先生、バリッとはがしそうでイヤなんやもん
助産師さんの答えは『No
そして、『先生、容赦ないと思うよル』と聞き捨てならんことを聞いた直後に先生参上Lッ
やっぱ容赦なくバリッとはがされました・・・が、意外に痛いのは傷ではなくお腹のうぶ毛でした
抜鈎も全く痛くなかったんですよに
見た目にエグイですが、あれだけの金属を抜くのに不思議に痛くないんですよね。
良かった

ここでお昼ご飯です。
DSC00421_convert_20101007215842.jpg
ゴメンナサイ、初めて残しました
豆腐ステーキの上に乗っている炒めた玉葱

そして食後の点滴に来た助産師さんから最終宣告を告げられます。
『今日でお通じないの6日目になるから、夕方までに出なかったら浣腸ねル
ヤバイ・・・妊娠後期も毎日快便やったおまたんとした事が、こんなに便秘になるなんてぅ
しっかし ピンチにやってきたチャンス
ほぉ~~~ら、浣腸なんかしなくてももよおしてきたよ~絶対出る感じぃ~~フ
点滴後、来てくれていたオカンに任せてトイレに入ったのですが・・・
めっちゃ出そうやのに出ないんです。
明らかに硬いやつが栓をしているのが分かるんです。
ソイツさえ出てしまえばあとは楽に済みそうやのに、その栓が抜けませんt
いや、そこまで抜けかけているのにそこから抜けきらない。。。
どれくらい時間が経ったのでしょう・・・
トイレに居ると、部屋の外の声がよく聞こえます。
隣の赤ちゃんがひたすら泣いている・・・斜め向かいの若奥さんが分娩室で叫んでいたのに静かになったから生まれたんやな~と思ったけど赤ちゃんの声が聞こえないから無痛分娩に切り替えたあれでもまた叫び出したんなんでじゃあさっきのあの長い沈黙は何とか思いながら、自分の部屋は静かで、ボンちゃんは泣かないでよく寝てくれていてこんな時は助かるし、オカンも居てくれて安心で、そのオカンが時々『大丈夫か』て聞くぐらい静か。
どれだけの時間が経ったのか分かりませんが、結構な時間が過ぎたのは確か。
もう限界やしオカンも起きない孫を見ててもつまんないんちゃうか~と思って、もう一旦中断しようと、出かかっているその栓を引っ込めようと試みるが・・・・・
なんとゆー事l 戻らへんやん
それなら当初の予定通り出してまお て、やっぱ出ぇへんがな
出すことも引っ込めることもでけへんのっ血l
エライコッチャあ~~~R
困り果てて泣きたくなっていたら・・・助産師さんが来ました
オカンに時間を聞けば、トイレに入ったあの時からもう既に2時間が経過していました
『2時間も頑張るぐらいだったらもう浣腸しようよ、ねっル
ええそうですともそう思いますともこれやったら浣腸した方がマシ
『そうしたいんですけど硬くて出かかってるのが出ることも引っ込めることもできないんで浣腸がお願いできない状態なんです
『大丈夫よ、それでもいいから浣腸しようね、できるからル
助産師さんて凄い
どうにかこうにか、できる限り引っ込めて、おまたんも恥をしのいで助産師さんに委ねました~
これだって出産の一部やっトと、自分に言い聞かせて割りきったのです・
ところが・・・・・
『ホントやね、硬いわお薬が入っていかないル
ほら言わんコッチャない・・・ほんならどーすんのさコレり
もうどうにもこうにも収拾不可能!と目の前が暗闇に包まれそうになった時、『できたっル』光が射しました
2時間の闘いは一瞬にして幕を下ろし、もうヘトヘト汗
でも助かったわぁ・・・
助産師さんが来なかったら、いつまでやってたんやろ
ほんま、エライ目おーた1

トイレから出ると、おやつが届いていました。
DSC00422_convert_20101007215933.jpg
が、食べる気力も体力もナイ
食欲がだいぶ落ち着いたってのもあるんですけどね

現に、、、晩ご飯が入らない。
DSC00423_convert_20101007215959.jpg
オマケにこの白身フライ、絶対タルタルの付け忘れやと思うんですよ。
ソースも何もナイもの。。。
で、タルタルのない白身フライか・・・と思ったら余計に食欲がなくなって、この晩ご飯はオトンに食べてもらいました。
『これで晩飯作らんでええわ~絵』とオカンが大喜びっ

オトンが来ている時、ボンちゃんはいつも寝ていて、寝てばっかりでオモンナイって言われていたのですが、今日はオトンの居る時に泣きました。
オトンが言うには、泣いてるのを見るのは久し振り、生まれた日以来や~て。
そうかもしれません。
DSC00424_convert_20101020013028.jpg
もっと泣け泣け~声聞かしてみぃ~~~て言われてたけど、泣いて喜ばれるのは今のうちだけですよね苦
スグに『泣くな』て言われるようになるのに

はぁ・・・た
なんだか今日は違う意味で後産・・・みたいな気分やったけど、イヤやと思っていた事が一つ終わってホッとしました汗03
夕方には斜め向かいの若夫婦の赤ちゃんも誕生したようで、隣の赤ちゃんがひっきりなしに泣いている以外は静かな夜です。

これ寝る時の部屋の風景とおまたん目線のボンちゃん。
DSC00436_convert_20101020013209.jpg


これは呼吸をしてるのかを覗き込んで見る時のアングル。
DSC00437_convert_20101020013242.jpg
この色、この感じやこの空気、この気持ち、忘れたらアカン気がして写真に収めました。
凄く幸せで、凄く嬉しくて、でもめちゃくちゃ不安で怖くて・・・なんとも言えない気持ちでベッドから眺めています。
自分の目が寝ようと閉じるまで見続けています。
目が閉じようとした時に限ってボンちゃんがニチャこぉ~と笑って起きたりするので、そんな時は天使の顔をした小悪魔に見えたりだとか、それでもオムツを換える事とオッパイをあげる事、抱いて寝かしつける事、それしかできる事がないのですけどね。
そのできる少ない事をイラつかずに一つ一つ楽しみながらしようと心掛けています。
二人っきりで過ごした静かな夜の事、忘れないでいたいです。
寝ていくまで、そして目が覚めてもスグに見るのも思うのも我が子の事。
そうして過ごしたこんな夜、こんな空気、何もかも忘れたくないなぁ~。
いつかこの写真を見て、ボンちゃんにもこの気持ちや空気が伝わってくれたら嬉しいのにな~って思いましたト



スポンサーサイト
01:30  |  出産入院~退院  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/436-4b1d9f10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。