2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08/09(Mon)

釣り!?

10.8.9(MON)

出産予定日まで1ヵ月を切っています。
やらんとアカン事がテンコ盛りなんはおまたんやけど、うごたんだって忙しくなるんやから、したい遊びも今のウチにしとかなアカンでて昨日言ったんです。
こないだから甥っ子を連れて釣りに行きたいって言ったまま仕事が忙しくなっていたけど、だからって今行かないとしばらくは行く時ナイしねぇ。
去年は淡路に本格的な釣りに連れて行ってくれたけど、相手がカンパチや鯛やったので、甥っ子には重過ぎて釣りあげる事ができず、かかるまでひたすら待つのに釣り上げる楽しみを味わえないとゆう退屈な結果になってしまいました。
で、こないだオカンがマメアジの南蛮漬けを作っていて、それを見たうごたんは『そーやアジを釣りに行こう』と言い出したのです。
小さいアジなら近所でいいし、甥っ子も釣り上げる事ができるしね
ただ、うごたん一人で甥っ子の面倒を見る自信がナイらしく、誰がついて行ってくれるのかとうごたんが気にしていたのに、ソコらへんはみんな無視って無言のなすり合いみたいになっていました
おまたんは行けない
うごたんの第一希望はオトンやけど、そのオトンは釣りがキライ
第二希望はオカンやけど、オカンと甥っ子はケンカする
妹やと、妹が『帰りたい』とか言うんちゃうかと逆に不安らしく・・・
いつ誰と行くのかナカナカ決まらずにいたのです。

が、お昼に帰ってきて『昼から赤ちゃん本舗行って、アジュール舞子に釣り行こ
て、結局おまたんが付き合うんかいぅ
『しんどいか無理か
言うけど、労わってくれるんやったらエエで。
でもおまたんがお腹痛いって寝てても普段通りの生活してるようなうごたんと一緒に出掛けるの、そりゃしんどいわて言ってやりました。
大丈夫の一言もナイねんでー
大丈夫て声もかけへん理由は、『どーしてエエか分からんから』と、もう一つ許せんかったのが『腹痛いって、なんで痛いんか分からへんもん』てウ
どーしてエエんか分からんのやったらどーして欲しいんか聞けよ
てか、とりあえず『大丈夫』とか『どーした』とか声かけるやろ気にするやろ
ほんでなんで痛いんか理由が分からなアカンのんかっ
別に心配してないんじゃなくて、言葉が足らんかったり間違ってるだけってのは分かってるけど、今そんなん理解してやれるほどコッチも余裕ないですから4
逆におまたんのワガママを笑って流してほしいぐらいやのにぅ

と、まぁしんどいし言いたい事も山ほどあるのですが、甥っ子を連れてうごたんと出掛けるのもこれからはしばらく出来ないし、そのうち甥っ子もおまたん達とは遊んでくれなくなるんでしょーから、頑張って出掛けてみる事にしました。

夏休み中も平日は学童保育に通っている甥っ子。
妹に一報入れといてもらって、うごおまで迎えに行きました。
うごたんも子供の頃に通っていた学童なのですが、ココのトイレで煙玉を焚いて消防車が来るボヤ騒ぎを起こしたうごたん。
妹がウチの名字を言ったら、学童の先生もうごたんの事を覚えていて、うごたんの甥っ子だって知っているので・・・よぉ迎えに行かんかったみたいです
もう時効やからエエやろ
なのでおまたんだけが中に入って行き、先生は甥っ子を呼びに行ってくれたのですが、クソガキがいっぱい出てきておまたんを囲んで喋りまくるのに、甥っ子は全く姿を見せません。
大きなお腹を抱えてなんなんですが、やっぱおまたんて子供キライやな~とつくづく思いましたよ
正直、集まって囲むクソガキどもを蹴散らしたいぐらい。
先生が居なかったら、無視するか『アッチ行き』て言ったかも4
イライラを我慢し、あらぬ方を向いてジッと耐えていたら・・・
『おま
カバンを引きずってイヤ~な顔をした甥っ子が、いつの間にか靴を履いて横に居ました。
甥っ子は学校も学童も大好き。
17時までめいっぱい遊びたいから、早お迎えをするとメッチャ怒るそうなんです。
おまには怖くて言えないけど、迎えに来たのがジイジならババギレするらしいですよ4
『迎えに来てほしくなかった
『うん・・・』
『でも釣り行こうと思って迎えに来てんけど
『そーなんlドコの海lほんなら迎えに来て良かったで
勝手なヤツ・・・

結局出遅れてしまったので、赤ちゃん本舗には行かない事になりました。
そんなコッチャろーと思っとったで
ただ、コレで済むと思うなよ
で、垂水の釣り道具屋さんにエサなんかを買いに寄ると・・・
小さい釣り竿が安かったので、ちょうどイイわと甥っ子に買ってあげてました。
買ってあげるんはいいけど、うごたんが行かんけりゃ誰も連れて行ってやらんのに、竿は持ってるのに釣り行けな~いて話になるんじゃと思うんですけどねぇ

さてッ 買い物も済ませて準備万端レッツゴォーjumee☆fun4Ljumee☆fun2R
ところが、急に大雨がっ
もう、なんでやねん・・・ぐらいの大雨
甥っ子は寝ちゃってたし、30分ぐらい待ったけどやみそうにないから、夕方で大渋滞の2号線を東向いてユックリ帰りながら、雨がやんできたら適当にドコででも釣ろ~や~と、アジュールを出ました

それがね、、、出た途端に晴れてきましたり
なんのイヤがらせぅ
アジュール舞子を出て垂水漁港の横だったので、垂水漁港に行ってみたけどあんまりキレイじゃなくて、ほんまスグそこなんでまたアジュールに戻りました。
すると、、、、、また雨k
なんで 誰にバチ当たっとん
アンタしかおらんわなぁ   ・ ・ ・ 
そこへ甥っ子が目を覚まし・・・
『わぁー着いとーやん
『でも雨降っとぉからどーしよかな~ゆうとんねん。』
『いーやん濡れても
まぁスグやみそうやし、みんな雨ん中でも釣り続けてるし・・・で、おまたんは車内で待機、うごたんと甥っ子は小雨の中2人で出ていきました
が、ほどなくして雨が上がり晴れ間が差したので、おまたんも岸壁へ。

ナカナカのいいロケーション
DSC00037_convert_20100812175342.jpg

エサの準備をしています。
DSC00038_convert_20100812175420.jpg
さっき釣り具屋さんで買った小さいエビが冷凍になってあるやつを、甥っ子がスプーンでガリガリしています。
うごたんは竿などの準備。
甥っ子は嬉しそうに『お手伝いやねん』て言って一生懸命やってました。
赤ちゃんの頃から神経質で潔癖やったのに、こんな臭いエビを触れるようになったなんてなぁ・・・と、その成長にビックリします。
聞けば、数日前にも学童のキャンプで小豆島に釣りに行って、虫みたいなエサを素手でちぎったりしたって言ってました
やっぱ男の子なんやなぁ~り
てか、ほんならもう釣りも珍しくないんちゃうんと思ったけど、その時は釣れんかったらしいので、まだ喜んでもらえる可能性があってホッとする気の弱い大人おまたん

準備が整い、竿の使い方や釣り方をうごたんがレクチャー
DSC00040_convert_20100812175453.jpg

あれっ
DSC00041_convert_20100812175601.jpg
さっそく釣れたみたい

初めて釣ったのは小さなカサゴ
DSC00044_convert_20100812175731.jpg
めちゃめちゃ喜んでいました
あの潔癖だった甥っ子が素手で魚を触っているなんて、おまたんはソッチの方がビックリしますけど、釣り上げた時に自分で『カサゴ!』て言ったのには、うごたんがビックリ
滅多に会わない訳でもなく、なんかずっと一緒に居るような気がするのに、知らん間に色んなこと覚えてくるんやね。
自分たちにももうスグ男の子が生まれるから、なんかまだまだ先の事やのに、この子もこんなふうになるんやな~とか思っちゃいます。
虫捕まえたりするんは付き合えんし、家に持って帰ってこられてもイヤやわーとか思うけど、うごたんと甥っ子が釣りをしている姿を見ていると、こんなふうに我が子とも釣りをするパパになるんやな~って、嬉しく思ってほのぼのしちゃいます
うごたんは両親に恵まれなかったし嫁にも厳しくされてるけど、息子が生まれるなんてホンマに良かったねと、他人事のように思うのでした
ほんでさぁ・・・
この3人で居ても、血がつながってるのはおまたんと甥っ子やのに、うごたんと甥っ子の方が親子でもイケるぐらい顔が似てるのよね
甥っ子がママに怒られる内容と、うごたんがおまたんに怒られる内容も同じなら言い訳さえ同じやし・
大きくなって、実はうごたんが自分の父親なんじゃないかと甥っ子が勘違いしなければええねんけどね
話が反れましたが、お腹の赤ちゃんと早くこうして一緒に遊べるといいのにな~なんて思いながら、ジャンジャン釣れるのを見ていました。
おまたんはエサも魚も触れないし、オトンと一緒で殺生する釣りがキライなので、甥っ子が一人でできるようになって楽チン

出遅れた上に雨で時間を奪われ、夜になってしまったので『もう釣れね~な~』と言わんばかりの後ろ姿。
確かに、バカスカ釣れていたのがウソのようにパタッと釣れなくなりました。
DSC00046_convert_20100812175800.jpg
明石大橋もライトアップされ、対岸の淡路SAも煌びやかに
小さい魚は逃がしましたが、それでも二人で随分釣ったよう
ホンマは今日の晩御飯に持って帰るつもりだったのですが、もう遅いので食べるのは明日。
二人が満足し、魚も沖へ帰ったところで、私たちも帰りましょー

帰りにハンバーグ屋さんに寄ったら、甥っ子はハンバーグとステーキのセットを注文してペロッとたいらげました
ご飯こそ残していましたが、スープバー理とサラダバーも注文してお替わりしまくってたし。
貧乏の子かjumee☆faceA193Ljumee☆faceA193R2と思うぐらい、甥っ子はステーキに執着があるんです。
ステーキに限らず肉が大好きで、いい焼き肉に連れて行くとちゃんと『うっわぁーこんな美味しいお肉食べた事ない』て言ってみたり、『おまのオウチでご飯食べるから家には帰らん』てグズってる時でもバァバが『今日は豚のステーキやで』て言ったら、『なんで今日に限ってステーキなんよ』て泣きながらでも帰るし
豚や鶏と言わず、さぁ今日は牛を食べなさ~い
それにしてもよく食べるッ 大人と変わらずイッチョマエ
ついこないだまで、切り刻んだり汁もご飯もおかずも混ぜこぜにしたようなモンを長い長い時間かけて半分こぼしながら半分食べてた感じやと思うのになぁ。
育ち盛りってこーゆー感じなんやな~って、またもうスグ生まれる自分たちの子と重ねてしまいますり

そして・・・
育ち盛りの彼は一瞬一瞬を全力で遊んでいるので、移動の度に寝ます
実家に到着し、大好きなジイジに迎えられ、コワイうごおまと過ごしていた緊張感が解けた甥っ子はリラックスモード
DSC00049_convert_20100812175830.jpg
うごたんがお片付けをしている間にジイジと甥っ子が魚を数えたら、57匹もおったんだとかり
南蛮漬けだフライだ天ぷらだ、みんな好きなこと言って、2日連続で家に魚を持って押し掛けられたバァバの身にもなってあげてぇーっ
でもバァバ、明日は頼みますねル

おまたんも赤ちゃんも疲れちゃったけど、いっぱい釣れて良かったですふ
お腹の中で身一つで過ごす最後の遊びかもしれないし、行って良かったかな

自分がキライやから行きたくないけど、行きたい行きたいって言われ続けてた釣りにうごたんが連れて行ってくれて満足して帰ってきた孫を見て、オトンも喜んでました。
そういや関係ないけどオトンと言えば・・・・・
全国で消息不明のお年寄りがたくさん居る事が分かりましたよね~最近。
甥っ子が1歳の時、妹は実家の近くの市住に当選したので、おまたんと暮らしていた家を出、実家と半同棲状態になりました。
その時にオトンがおまたんに言った言葉です。。。
『ワシが死んだら後のこと頼むぞ。年金入ってこんよーなるゆうて、ワシ死んでも押し入れに詰められとるかもわからんから・・・』
うーん、、、妹ならヤルかも
消息不明のお年寄り全員がそうとは言いませんが、オトンの不安は現実のものになりうる場合もある・・・みたいですね
甥っ子も死んだセミやカブトムシを公園で埋める時、『ジイジも死んだらカブトムシの隣に埋めてあげるねん』て言うので、二人で仲良くしている姿を見ていたら、フとそんな事を思い出しました汗03
安心しろオトン。。。
いや、そんなこと言わずに長生きしてほしいものですねる

と、今日は釣りに行ったそんな一日。
うごたん、甥っ子を遊んでくれて有り難うねト



スポンサーサイト
23:52  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/400-a4c4cce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。