2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06/03(Thu)

産前旅行2日目

10.6.3(THU)

う~~~んッ 今朝は昨日よりいい天気
CIMG4794_convert_20100609131406.jpg
朝の眺めも素敵です

早起きに成功したので、朝食がてら貸切風呂を偵察に行くと・・・め
まだ1ヵ所入っていなかったお風呂は使用中だったものの、既に入った2ヵ所が空いていますり
せっかくやから、一番絶景な混浴露天風呂にも入ってみたかったので、もしも誰も居なかったら入るのもいいかもと、最初に入った景色のいい方のお風呂をうごたんにキープしてもらっておいて、おまたんは混浴露天風呂の偵察へい
すると なんと 誰も居ないではないですか
しかも見て下さいコノ絶景p
SN3J0225_convert_20100604144658.jpg
ほんの一瞬でも入ったらどうやろう
慌ててうごたんに伝えに戻りますい
すると、3つのウチまだ入っていない残り1つのお風呂も空きましたり
コレは早く伝えなきゃい
と戻ったものの、まだ入っていない方のお風呂よりうごたんにキープしてもらってたお風呂の方が景色がいいし、混浴ももうエエやんココでてな話になって・・・
確かに、気にせず二人でユックリ入る方がいいので移動しない事にしました
昨日は夕焼けでしたが、朝の景色も清々しくて気持ちイイ
CIMG4789_convert_20100606084029.jpg
絵具で塗ったような空の色と海の色。
あぁ~朝から何してるんやろう・・・贅沢ぅふふ

一っ風呂の後に朝食・・・コレもエエご身分っ
朝食は和・洋をチョイスしますが、チョットしたバイキングも付いています。
うごおまは和食で予約をしていました。
お膳が運ばれてくるまでバイキングコーナーを物色し、第一弾を取ってきました
SN3J0226_convert_20100604144727.jpg
左上から時計回りに、赤ちゃんの為に食べている納豆・サラダ・エビマリネ・抹茶わらび餅・コレも赤ちゃんの為に食べているヨーグルトで梅ジャムたっぷり・オレンジとグレープフルーツとキウイ・梅味噌・はちみつ梅
梅味噌とはちみつ梅はうごたんと分けっこですよ

バイキングコーナーでこんなに取って来たのに・・・
お膳が運ばれてきてビックリッ
えぇ~~~こんなにあるのっl
SN3J0227_convert_20100604144756.jpg
写真中央は干した魚と練り物・上のはじゃが天をトロミをつけたお出汁で炊いたような物でメチャ・時計回りに茶粥・鶏っぽいのと野菜の煮物・かつお梅味噌とだし巻き・漬けマグロのとろろがかかったの・お漬物・切干大根・釜揚げ大根です。
コレにお櫃でご飯とお味噌汁もありました。
おまたんはご飯は食べませんでしたが、うごたんは食べてました血

魚と練り物は焼き焼き・・・
SN3J0228_convert_20100604144831.jpg

だし巻き1つとマグロ3分の2、煮物の鶏っぽいのを残しました。
ゴメンナサイ
それなのにもう1回バイキングコーナーに行きました
SN3J0229_convert_20100604144855.jpg
お口直しは別腹です
赤ちゃんの為に果物は食べなきゃねっ
赤ちゃんがもう1回わらび餅が要ったのか、コーヒーが要ったのか・・・は触れないでおくとして、今度のヨーグルトは和歌山らしくみかんジャム
ネットの書き込みにも朝食にはクレームがついておらず、満足との声も多かった通り、ホンマに満足でした
たくさんの種類を少量づつ食べられるのは最高やし、量も多過ぎるぐらいです。
バイキングがなくても十分だったと思います

もう歩くのさえ苦しいほど食べましたが、おまたんは部屋に戻る前にもう1回ぐらいお風呂に入りたかったのです
『せっかくやから部屋のお風呂も入ったらバラの花もあるねんし
『それもそやな
とゆうのは騙されて、部屋に戻ったらうごたんはやっぱ入らないって言い出しました
せっかく温泉に入ってお肌ツルツルやから、水道水のお風呂に入るんやっぱりヤダって。
まぁ・・・そらそやなぁ・・・・・
そんな事より、うごたんの心は昨日獲った貝が無事かどうかの事でイッパイ。
それに旅館の下の浜にも行きたいみたいで・・・
汗でもかきゃあお風呂に入りたくなるかもしれないし、先に車に荷物を積み込み、貝の無事を確認し、またバケツ片手に浜を目指しましたぅ
が、なんか道が険しそう
で、『こんなトコ行かんでもどーせ千畳敷行くねんからソコでエエわ帰ろ
チェックアウトする事にぅ

ネットでの書き込みを見ていたら賛否両論あって、特に夕食に関しては良い内容が書かれてありませんでしたが、自分の体が自由がきかないのもあって、十分満足な旅館でした。
部屋・お風呂・料理・サービス・・・に見合った料金だったんじゃないでしょうか
掃除が行き届いていない・・・
確かに、見えにくい所にホコリが溜まっていたり、テーブルやテーブルクロスがタバコで焼けていたりしていましたが、その辺りが杜撰なのは最初に知っていたので、大した怒りもショックもありませんでした。
料理にも同じくです。
ただ、このご時世において分煙が全くできていなかったのが超不満ウ
まず、宿泊予約時に禁煙ルームを指定すると1階の海の見えない部屋になるってゆうのが納得いかない。
それがイヤなら喫煙ルームを消臭しますのでそちらで・・・とゆう案内でした。
露天風呂つきの部屋に泊まるのに、海が見えないんじゃあどうなん
しかもその理由が、禁煙ルームを指定したからって
煙が上に上がるから1階なんやろうけど、ココの旅館は岬全体が敷地で、岬に棟が点在している立地です。
その立地を考えても、こんなご時世なんやから禁煙棟1つ指定するぐらい容易いと思うんですけどねぇ
なんの改装も改築も必要なく、腹一つな訳なんやし。
部屋は臭くなかったですが、さっきも書いたようにタバコで焼け焦げた跡が残っていたりはしました。
何がイヤって、ホンマこのご時世にあり得へんぐらい廊下からしてタバコ臭い bぷ
しかも部屋のみならず、喫煙場所ってモノが限定されていなくて、ドコでもタバコが吸えるようになっています。
さすがに食事スペースは禁煙だったのですが、それなだけに食事の途中にレストランの外に喫煙者が喫煙しにくるので、レストランに通されるのを待っていたおまたんがソコに居られなくなって移動するなんてハメになったりしたのです b臭
おまたんも元々は超の付くほど愛煙家なので気持ちは分からなくはないし、反省点も多いけど、みんなが強制的に待たされる待ち合い室なのに、スペースを分けずに心おきなく喫煙できるようにしている旅館も旅館やし、妊婦がその場に座っていたのに後から来て、コチラを見ながらも心おきないような顔して喫煙する奴らもどうかしてるR
全体的には満足できたのですが、あのタバコだけはホンマちょっと
妊娠してなくて自分がタバコのニオイが平気やったとしても、子連れの時点でもうアウト
もうそれだけで二度と行きたくない感じになってしまいます。
喫煙者の肩身がドンドン狭くなっていくこのご時世に、非喫煙者やおまたんのような妊婦が肩身の狭い思いをするなんて、珍しい場所でしょ
貸切露天風呂にユックリ入れたから良かったけど、それじゃなけりゃなんのイイトコもナイやんて、絶対怒ってると思うト
それこそ、妥協した全てにまで怒りは及ぶでしょうね。
数少ない混浴露天風呂、それも岬の絶景とゆう立地・・・
せっかくいい条件が整ってるんだから、もう一頑張りお願いしたいですね。
じゃあ今度は子供を連れてアドベンチャーワールドで Always Together の時にまた来たいと思うから

はい、そうしてお世話になった旅館を後にしてやって来た、スグ近くの千畳敷
CIMG4800_convert_20100606084347.jpg

自然の織り成すアートですね
CIMG4801_convert_20100606084412.jpg

うごおまですよ
CIMG4805_convert_20100606084437.jpg
昨日の写真、お腹が分かりにくいと言われたので・・・コレならどうでしょう
因みに右の赤い服の子もお腹が出てますが妊婦ではありません

出ましたよ、、、大人やけど魚が好きな人が今日も
CIMG4808_convert_20100606084507.jpg
コレ、見せられないんが残念なぐらいメッチャ嬉しそうな顔してるんです4

そして次に訪れたのがコレまた近くの三段壁
CIMG4815_convert_20100606084550.jpg
福井の東尋坊は思っていたより低いな~って印象だったのですが、ココは高さがあって迫力満点でしたー

来て良かったけど、最初うごたんは来たくなさそうだったんです。
今日は少し足を延ばして出掛ける予定なので、そんなにチョコチョコ寄らなくても・・・みたいに焦っていて。
和歌山って場所が確かに難しいっちゃ~難しく、2日目の予定が前日まで決まらなかったのです。
白浜で泊まったら翌日は潮岬ぐらい行きたいのが普通な感じですが、国道を延々走って潮岬まで行ったところでその後どうよ
串本辺りまで行って引き返さないとアカン。
かと言って那智方面に行くにはババほど遠い。
もう1日あるなら那智経由の三重回りで帰ってきたいところやけど、生憎今日が期限。
だからって近場でウロウロして、来た道を引き返しても、時間をタップリ使って帰らなきゃ、アッちゅー間に大阪ですからね
神戸に住んでるねんから、和歌山に遊びに行った帰りに大阪で遊ぶようなモッタイナイ事だけは避けたい
何もついでに行かんくても、大阪にはワザワザ行けばいいんだからト
うごたんの焦りのペースに合わせると、時間が余って早くに大阪入りするハメになってしまうのが見え見えでした。

そうやって最初は三段壁をスルーしたがっていたうごたんですが、来たら来たで楽しそう電
『せっかくやから下まで降りるか
崖の中は洞窟になっているので、海面近くまで降りられるんです。
下からの景色も絶景でしたハ
海はとっても穏やかだったのですが、洞窟を進んで行くにつれ、ドッパーンと激しい波の音がして・・・
それは行き止まりに当たって砕ける波の音でした
CIMG4829_convert_20100606084613.jpg
あまりの激しさに、普通のデジカメで撮る事が不可能なショットでしたが、雰囲気はこんな感じ。
おまたんは穴がキライです。コワイですぶ
お風呂や洗面所の排水溝ですらコワイので、こんな場所は超苦手
自分が穴に入っていて、しかも水があるなんて最悪にコワイじゃない
夢に出てきそう
うごたんはこうゆう所が好きなようで、喜んでしつこく写真を撮っていましたメb
おまたんはこうゆう所がコワイ事を告白せずに黙って待っていましたが、この時やたらと赤ちゃんが暴れまくっていたのは、おまたんの興奮のせいなのか、砕ける波の音のせいなのか、赤ちゃんもイヤだったのか・・・意味はないのかもしれませんが、やっぱ穴はイヤだ
でもスッゴイ迫力だったので、来て良かったですよ
ガイドさんの話によると、満潮の時やと今日より海面が1mほど高いから大迫力ですよ~との事。
波に飲まれそうになる事もあり、立ち入り禁止になる日もあるほどなんだって
その迫力を見せられなくて残念みたいに言ってたけど、ケッコーです
今日ので十分間に合いました

さて、今日のメインは和歌山・奈良・三重の県境、奥熊野の秘境、瀞峡(どろきょう)でウォータージェットに乗ること
あっちこっちハードにはウロウロできない旅なので、2時間かけての川のクルージングなんてノンビリしたコースは今のおまたんに最適ト
コレ、珍しいことにうごたんが見つけたんです
いつも『好きなトコにしぃ』て言って決めてくれないので、うごたんからの希望がない限りおまたんがポイポイ決めるのですが、今回メインで運転するのはうごたんです。
おまたんがメインで運転するんなら自分の走り方の時間で計算するけど、うごたんが運転するだろうなので勝手に時間を打ち出すのもアカンし、彼の帰ってからの都合もあるやろうし、いくら言われても今回はサクサク勝手に決められないところで・・・
そうやって気を使っているのにうごたんたらいつものように『行きたい所にしぃ』て言うだけ。
なので、少しだけ怒ってやりました
『人任せにしていないで、少しは調べたらいかがなのもう行かなくてもよろしいのよ
と言ったのかどうかは秘密ですが・・・
それで青ざめ眠気も覚めて、見つけてきたのが瀞峡ウォータージェット
なんやねん、、、ヤレばできんねやん

ルート検索で白浜から2時間だったので、実際はそんなにかからないハズ。
だからそんなに焦って行っても、瀞峡のあとどうすんのて話になってしまいます。
今は夕方も明るい季節なんやから、ボチボチ行ったらえ~じゃない
おまたんがそう言ったからではないのですが、焦っておきながらもキレイな川を見ると何か居るんじゃないかと気になって車を止めたがるうごたん。
『こうゆうキレイな川におるタニシを獲って帰ってメダカのトコに入れてやったら水がキレイなままでエエんやで
もう・・・海水魚やらメダカやら忙しい人ねぇ

あんなに焦っていた人やとは思えないほどの寄り道は更に続きます。
うごたんは一昨年、仕事でこの辺りに来ているんです。
今度はその思い出をたどりだして・・・・・
おまたんにしてみても急ぐ旅ではないので、うごたんが珍しく行きたがる所には付き合います。
で、最大の寄り道で立ち寄ったのが熊野本宮大社
CIMG4844_convert_20100606084635.jpg
実際のところ、こうゆう所はおまたんが興味がナイのですが・・・
『子供が産まれるからお参りしとこ』て。
よく言うよ。
出掛ける前日に瀞峡が決まるまでは、『子供が産まれるから高野山でお参りしよか』て言ってたクセに。
神様に対して移り気な罰当たりな奴やで
高野山はおまたんが却下しました。
遠いし、ソコ行ってもソレしかないし、晩にする事がなくて奈良から大阪に一瞬で帰ってしまう。
オマケに歴史上の誰それの墓があって誰の墓もあるし…
興奮して喋り出したけど、歴史上の人物の過去に興味がナイし、自分たちの産前旅行やのに知らない人の墓参りするのもどうなのよ
『そーゆー問題
そーゆー問題です
それに、人の墓参りより自分たちの入る墓買うことの心配して下さい。
うごたんは長男やけど、うご家の墓には絶対に入りたくないので
どうせそんな都合のええ神様なら、高野山は別の機会に別のルートでね

で、熊野本宮大社に来ましたが・・・
ほんで階段がメッチャあるんですけど
CIMG4851_convert_20100606084744.jpg
『無理か
『いや、ご飯食べ過ぎたし、いい運動かもん

さすがはナニやらの総本山ですね、素晴らしい
CIMG4846_convert_20100606084658.jpg

階段を上ってお参りして、階段を下りて・・・
お茶屋さん ご飯屋さん
CIMG4853_convert_20100606084809.jpg

参拝した人が食べる『もうで餅』お抹茶つきが定番メニューのようなので戴きますト
SN3J0231_convert_20100604144941_convert_20100606085206.jpg  SN3J0230_convert_20100604144918_convert_20100606085140.jpg
写真右は吉野くず湯です。

近辺をノンビリ散歩して、目的の瀞峡へ向かいました
CIMG4910_convert_20100609131549.jpg
朝に食べ過ぎてお腹イッパイだったので、遅いお昼に船乗り場で何か美味しいもの食べようって言ってたんやけど、そこが大衆食堂みたいでなぁ~んにも美味しそうな物がなくて・・・ぅ
でもココから2時間なんてお腹減っちゃうし、仕方なく小腹を満たす程度に食べることに

和歌山名物めはり寿司
SN3J0232_convert_20100604145025.jpg
どっちみち食べようと思っていためはり寿司ですが、こんな所やからシャーナイんやろうけど美味しくない
色んな所で売ってるから、ドコのを買おうか決められなくて昨日は食べなかったのに、まさかこんな所で美味しくないめはり寿司をつかむ事になろうとは
の先生からの食事制限もあるけど、じゃないにしても自分の胃もだいぶ制限がある
ここ数日、子宮底が胃に近づいてきているみたいで苦しくて量を食べられない。
そんなんだから配分を考えて食べられる貴重な1回だったのに・・・もう食べ直しはできないのにぃー
ショック

ゆっくり食べる暇もなく船に乗る時間がきました。
こんな船です
CIMG4858_convert_20100606084832.jpg
バスが来て、団体さんと一緒になったのでついてないです
1時間に1本出ているようで、少ない船ではは5人も乗ってなかったですよ
まぁココまで平日の恩恵を受けてガラガラで来れたんやし、ちょっと多いぐらい我慢しないとねい

ところどころ名所で止まってガイドを聞きながら、1時間ほどかけて上流へ。
CIMG4874_convert_20100606084920.jpg

CIMG4887_convert_20100609131523.jpg
浅い所は透明な水の色、深い所は翡翠色、県境の山々に囲まれた、ホンマに秘境

上流で一旦降りて15分の休憩
食べ物や飲み物がテントで売られていて、観光地では定番のアノ勝手に撮られてバカ高く売られる写真の撮影を強制でやっていました。
プロが撮るからなのかなぁ・・・アノ写真って、絶対買うもんかテジカメ持ってんだゼて思うのに、なんだかエエ感じに撮られてて、買わなきゃ捨てられるんが悲しくなって買っちゃいますね
今回は逃げて撮ってもらわなかったんで購入も回避
トイレ休憩もありましたが、、、、、
このトイレに入れるうごたんを、『男』やな~と思いました
CIMG4883_convert_20100609131434.jpg
おまたんなら、イチかバチか漏らす事を選択すると思います。。。

そして再びガイドを聞きながらですが行きよりグングン早く戻ります。

どうですか、二人のこの態度
CIMG4868_convert_20100606084855.jpg
秘境だからこそ成せる技ですね

帰り、少しウトウトしてしまいましたが、ノンビリしていて良かったですよブ
大昔から自然の力で作られてきたんやろうな・・・てゆう景色に空気、緑や水の匂いに癒されましたふ
旅行に行ったらハードに遊びたい方でしたが、今回のようなこんなユックリのんびりもイイな~って思いました
妊娠中ってだけが理由ではなく、うごおま二人とも年をとったんやと思います。
現に旅行計画中、『今行ったらエエんやろな~』て話すことばっかりでした。
だって思いませんか
小学校5年生の校外学習で行った奈良。
鹿と大仏しか覚えてない
6年生の校外学習で行った京都は清水寺しか覚えてない。
6年生の修学旅行で行った伊勢、中2でドコかに行ったキャンプ、中3の修学旅行で行った九州・・・この3件に関しては好きな男の子の写真を撮るのに夢中で殆ど何も覚えてナイですからね
せっかくイイトコ行かせてもらってたのにモッタイナイ事したな~って、今になって後悔します4
真面目に見学していれば良かった。
でも、それを後悔できるまでに成長した自分にもビックリしますけどね
て、そのプラス思考がアカンのじゃないん
これから子供がガンガン遊びたくなる年になるまでの旅行は、そんな後悔を埋めるようなシットリ系の旅行にしたいな~と思うのでしたが

さて、後は美味しい物でも食べて帰りたいところ。
和歌山市内でもう一度和歌山ラーメンを食べたいとゆううごたんに賛成ですが、3時間はかかりそうなのでそれまでに何か食べたい。
とりあえずは帰りの方向を向き、チョコチョコ立ち寄りながらお土産を買ったりしていたけど、なぁ~んか食べたいものがナイ
あまりにもお腹が空くから小腹を満たす為に和歌山風の3種おにぎりを買ってしのぐも不発・・・
挙句、おまたんは寝てしまいました

目が覚めると、阪和道のドコかのPAで止まってうごたんも寝てました
ココで運転交代して一気に和歌山市内へ
到着したラーメン屋さんの近くにはモスがあって・・・
『ラーメン屋でラーメンだけにして、帰りにモス食お~
モス美味しいから衝動的に食べたくなっちゃうの分かるけど、何もココでホンマに食べんくても、明日にでも近所で食べたらいーじゃないぅ
それを『別にドコで何を食おうとも、好きなもん食ったらエエじゃん』と言葉にこそ出さないものの、みたいな態度をあからさまにしやがりましてねぇウ
おまたんがうごたんに手をあげる事を可哀想やと言う人が居ますけど、それこそ衝動的についつい鉄拳が炸裂してしまうの、分かるでしょ4

そんなヤリトリをしながら入った和歌山最後の食事、今夜のラーメン屋さん
SN3J0236_convert_20100604145304.jpg
和歌山ラーメンは井出系と車庫前系とゆう2つに分かれているそうで、昨日食べた井出商店のがまさに井出系。
なので今日は車庫前系をいただきたいところですが、うごたんが『昨日のラーメンもう一回食べたい』て言ったので、今日は定休日だった井出商店の代わりに、井出商店で修業した人のお店、コチラの丸田屋に来ました。
おまたん的には、旅行に来てるのに同じお店で同じもの食べるだなんてモッタイナイ事したくなかったので、有り難う定休日っ

中華そば
SN3J0235_convert_20100604145147.jpg
昨日のと殆ど同じですが、若干昨日の方が美味しい気がしました。
ただ、ティッシュュがあったりレンゲがあったりと、コチラの方が気は利いてる感はあります
システムは同じく、テーブルに早寿司とゆで卵が置いてあって、帰りに自己申告制
ココも600円やったですけど、和歌山のラーメンは安いですねぇ顔

サイドメニューもコチラは充実。
せっかくの和歌山だから、しらす丼
SN3J0234_convert_20100604145119.jpg
期待はしていなかったのに、ご飯の割合に文句のないぐらいしらすがタップリでした

さぁ、今回は完食できてお腹もイッパイ
あとは帰りに紀の川SAでお土産を買い込んで家に向かうだけ
帰るって決まると、もう心はボヤッキーへまっしぐら
早く帰りたいのです

が、おまたんの心を萌えさせるこの景色ヂ
CIMG4928_convert_20100606085016.jpg

うごたん、高石ICで下車してくれましたハ
CIMG4935_convert_20100606085042.jpg
タンクの錆なんて鼻血モンですn

いつか、この景色をスグ側で見られる所に別邸を・・・
CIMG4942_convert_20100605123312.jpg
興味のナイうごたんが車でウロウロしてくれたのは有り難うですア
でも、普通のデジカメじゃ撮れないからアカンな~やっぱ
て、一眼レフとか使いこなせないやろーけどな4

と、そんなこんなの1泊2日の旅でした絵
昨日も書きましたが、、、、
夫婦2人の最後の・・・
既に始まっていると言ってもいい家族3人の最初の・・・
そんな旅行はイイ思い出にする事ができました

一つ言うとね、、、
嬉しくて、『うごたん有り難うハ』て言ったら、『うん』て。
『うん』ちゃうやろ
連れて行ってくれて有り難うって気持ちで言ったけど、連れて行く為じゃなくて自分も楽しむ為に行ってるんやから、『うん』だけじゃアカンやろ~
自分も楽しかった事を告げるとか、自分も有り難うって言うとか
『うん』じゃまるで、おまたんへの奉仕の為に行ったみたいやん
この旅で二人ともめちゃリフレッシュできて、おまたんは帰ったら真面目に出産準備するって気持ちになって誓ったし、きっとうごたんも明日から頑張れる気持ちになったと思うので、その辺はまたビシバシと教育するとして、、、
だからホンマは有り難うって思っているおまたんなのですよブ


さぁ、、、お留守番をしてくれていたボヤッキーちゃん。
SN3J0199_convert_20100531105601.jpg
一度オカンが様子を見に来てくれていたのもあり、かなり警戒していました。
心配して様子を見に来てくれていても、ボヤッキーにしてみれば、ママの留守中に入ってきた侵入者でしかないですからね
しかもオカンのこと嫌ってますから、知らない人じゃなくて『知ってるアイツ』です。
それで一瞬警戒したけど、おまたんの顔を見るや否や安心して一気に文句を言い始めましたに
『もうどっこも行かへんからな』て、ギュッと抱きしめ、そこから今までの日常にも増して片時も離れられない日々が始まります。
それって結構大変やけど、旅行中も『幸せやな~』て話す度、『ボヤッキーの不幸の上に成り立っとぉ幸せやで』て何度も言っていたほどです。
ボヤッキーが安心できるまでの数日、彼女の為に過ごしたいと思いますト猫


良い旅行でした
あとは赤ちゃんを迎えるだけです
出産準備、頑張るぞぉ~~~



スポンサーサイト
12:56  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/351-e024476e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。