2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05/30(Sun)

あの時の天使

10.5.30(SUN)

2年前の今日、うごおまは人生のドン底に居ました。
二人にとって初めてで妊娠を告げられ、最高に喜んだ翌日の流産。
あれから2年です。

流産してしまった赤ちゃんに一刻も早く戻ってきてもらいたくて、自分が不妊症なのかどうかも分からないまま不妊センターに通い始めました。
一通りの検査で異常が見つからなかった為に気休めに人工授精を2回、そして結果的に5回の体外受精を経て今に至っています。

言っていいのか分からないけど、こんな事があったから今があります。
言っていいのか分からないけど、今やっと言えるようになりました。

流産はとても残念でした。
凄く辛かったし、ホンマに可哀想な事をしてしまいました。
医学界の言葉で言う『化学的流産』ではあったけど、その短い間に赤ちゃんは色んなサインを体にくれたので、確かに居てくれたのを知っています。
今までの人生でこの上なく辛い出来事でありましたが、この事があったから今があるって今は思います。
当時からずっと、大事な意味も何も知らなくてもいいから、あのままなんの苦労もしないで赤ちゃんが産まれて欲しかった・・・と、何度も思いました。
ただ合間合間で、あの流産がなければ・・・こんなに苦労していなければ・・・今の自分たちではなかったとも思っていました。
別にそうじゃなくてもいいから、やっぱりあの時流産せずに済んだ方が良かったに決まってる。
そりゃあ良かったに決まってるけど、なんて言えばいいのか分からないけど、今はやっと意味があった事って思えるようになったんです。
後で意味を成したのか、成せたのかは別として。。。

あの時は今よりもっと未熟者でした。
流産と不妊治療を経てやっと妊娠できた今でさえこんなに未熟者なのに、あの時はとてもじゃないけど人の親になんてなれなかったんやと思います。
流産してしまったあの子は、この2年間に色々なものを毎日与え続けてくれました。
きっとこれからも毎日。

よくね、流産した子のことを『お空に帰っただけ』とか言うの、聞いたことありますか
忘れ物を取りに帰ったんだとか、今はまだ最良の時期じゃないと神様が判断してお空に帰したとか・・・
そう思う事で救われる、そんな心のキレイな人がたくさん居るからこんな話を普通にする人が多いのかもしれません。
て、知らない人は知らないですよね。
おまたんだって流産するまで聞いた事もなかったですから。
ただ、おまたんはそんな心のキレイな人とはまるで違いました。
心が救われるどころか、とても心のやさぐれる話しに感じました。
おまたんの赤ちゃんは空から来た訳でもなければ空に帰った訳でもなく、忘れ物があった訳でなければ神様が云々て話でもない。
普通に考えて当たり前の話ですよね。
生理予定日の一週間前に飛行機に乗ったから、まだ少し冷たい沖縄の海で遊び過ぎたから、タバコを吸っていたから、、、、、
4週と6日目と妊娠判定をもらった日の夜、冷たい床の上に座ったから、、、、、
医学上、『化学的流産は流産にカウントしない』と言います。
もともと育たない受精卵だった為に、気づかないほどごく初期に起こる流産であるとされています。
実際、生理と見分けがつきにくく、気づかずに過ごしている女性が多いそうなのですが・・・
おまたんは気づいたから、流産とカウントしないんやなんて思えないし、受精卵側の問題で自分のせいではないだなんても思えなかった。
あの時こうしてれば・・・あんな事しなければ・・・・・
思い続け、何事も罰やと思って過ごしてきました。
空に帰ったんじゃない。
死なせてしまったのです。

お腹の中に赤ちゃんが居る事に気づいてからほんの数日で赤ちゃんが居なくなり、再び妊娠するまで、そして赤ちゃんが元気に育っている今でも、毎日毎日あの子は全ての事に意味を与え続けてくれています。
胎嚢にさえ成長できなかった子なのでエコー写真すらも残ってはいませんが、この2年間ずっとずっと自分の一部として一緒に過ごしてきました。

そして、、、
神様もお空の天使も信じないおまたんですが、
今お腹で元気に育っている赤ちゃんは、
あの時の天使だと信じています  

流産で苦しんだ全ての夫婦と次に産まれてくる全ての赤ちゃんに幸せが訪れますように。。。


スポンサーサイト
18:27  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/348-d37eeb43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。