2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05/07(Fri)

ナイスキャッチ

10.5.7(FRI)

お昼、うごたんが帰ってくる気配のないのを察知し、遅くなってしまったお昼ご飯の用意をしていたら・・・
腹の立つことに、一食分だけ出来上がったところに帰って来やがりましてー
ブツブツ文句を言われているのに反省の色のない顔しとんなぁ キレられたいんか!
と思って睨みつけたら、うごたんの後ろに甥っ子がり
うごたん、下校中の甥っ子を見つけて、そのまま車に乗せて帰ってきたらしいのです。
が・・・
うごたん、黙って連れて帰ってきてましてぅ
慌ててオカンに電話して、事なきを得たつもりだったのですが・・・
後でオカンからの電話で、ちょっとした騒動になっていた事を知りました

ウチに帰っている事を知ったオカンは安心して家事をしていたそう。
ホンマはその間に家の電話が鳴っていたのに気づかずに。。。
そして事件がア
実家に、血相を変えた小学校の先生が二人訪ねて来られたそう。
『今日、児童館に行く予定なのに来てないって児童館から連絡があったんです 確かに下校したはずなんですがキ顔』て。
真相はただの勘違いで、妹は今日は行かせるつもりじゃなかったから甥っ子にも行きなさいって言ってなくて、児童館側は今日は来るもんやと思ってたのに来ない・・・て、ホンマただの勘違い。
そこへオカンが電話に出なかったのが重なって、なんだか大変な事になっていたみたい
当の本人はウチでオヤツを食べながら、夢中でゲームをしてましたル
先生ご苦労様です´

しっかし、うごたんにも気をつけてもらわねば・
先生サイドではこんな騒動になっていた今日、おまたんが言わなきゃオカンに連絡せなアカン事にも気づいてへんお
ましてや他の生徒と下校中に車に乗せて連れて帰ってきてるのに、一緒に下校してた子に『男の人の車に乗って行ってしまった』なんて言われたら、それこそ誘拐騒動に発展やでー
浅はかやわ~た
車に乗せて帰ってくるんはええけど、家でバァバが待ってる事には気がつこうよ・・・

そんな無神経で非常識なうごたんは、甥っ子を連れて帰ってきたクセに、自分は昼食後スグに出社ぅ
えぇ~っん
結局おまたんが面倒みるんかぃん
決して勝ってはイケナイ、しかしワザト負けているのがバレてもイケナイから適度に勝たなければならない・・・そんな接待ゲームに1時間ほど付き合わされ・・・ル ル
その後は庭で一人で遊んでくれていたのですが、一向に帰りたがらなくてお
挙げ句、夕方になったのに晴れてきたからって、『メダカおるかどうか、チョットだけしあわせの村に覗きに行こうよぉ~』とか言い出して
まぁ散歩に行ってへんし、接待ゲームよりマシなので散歩がてらチョコっとだけ覗きに行くか~と、出掛けました

今日は雨降ってたんやし、メダカは居ないやろうからチョコット覗いたら納得するやろ~と思っていたのですが・・・
予想に反してウジャウジャおりまして
それならそれでチャッチャと獲ってサッと帰りたいと思い、おまたんが4匹GETし、あとは甥っ子に網を持たせて適当に遊ばせておきました。
すばしっこいメダカは自分には獲れないって諦めよりますからね
ところがや・・・
まぐれで1匹獲れてしまいまして、生涯初のことなので大興奮ぅ
エサにパンを持って行っていたので捕まえやすかったのもありますが、その後もチョコチョコ獲れていたので一向に帰ろうとしてくれず・・・
そんな時、昼間に甥っ子を連れてくるだけ連れてきて、おまたんに睨まれながら仕事に行ったうごたんからがあり、、、
『メダカでも獲りに連れて行こうか
『てか今もう来てるんですけど
『ほな今から行くわ
悪いと思ってたんでしょうね。
でも、もう閉園20分前でっせ6
ほんで、来たら来たで甥っ子から網を取り上げて自分が夢中やしぅ
そこへ妹からメールで、『明日から学童保育が始まるから、場所教えなアカンから連れて帰って来て』と。
やっと帰れる絵
『ママが帰ってきぃゆうとるで
   無視・・・
『おい帰んぞ
『おま帰ってもいいで、うごたんとおるから
このクソガキ・・・
『うごたん、学童の場所教えなアカンから連れて帰ってってゆうとるで。』
『オレが教えとくからえーで
テメェもかっjumee☆faceA193Ljumee☆faceA193R2
で、妹にしたのですが、うごたんが思ってる場所と違うみたいやし、なんちゅーても閉園間近なんで、また今度にしなさいと二人に言い聞かせて帰りました。。。

妹が学童保育の場所まで歩いて行って待っとくって事だったので、甥っ子を学童までうごたんに送ってもらいました。
おまたんはメダカを預かり、ウチに置きっぱなしの甥っ子のランドセルやなんか一式を取りに家に帰りました。
そしてそれを届けに歩いて実家に向かおうと、玄関を開けて数歩歩いたら・・・
玄関ポーチの段差を踏み外し、マンガに描いたように両手を広げて顔からコケていきますッ
それって正にスローモーション
コケていく間、色んな思いが頭を駆け巡ります。
妊娠前、何度もココでコケました。
たぶん段差までの歩幅が合わないんやろうけど、ホンマよくコケた。
いつも同じシチュエーションで同じコケかた。
そして今も正に同じようにコケようとしている血
絶体絶命
その時ッッッ
『あほぉーーーーーーーーーーっっっい
帰って来たうごたんがナイスキャッチり
凄いタイミングア
コケずに済みました
しばらく二人で呆然としていました。。。。。

やっぱり、コケない奇跡の日々なんてものは長くは続かないのですね。
まぁ、だからこそ『奇跡』なんやけど。
でも、あの時うごたんにキャッチされなかったら・・・
そう思うと血の気が引きますク
昨日ルミルミたんにお守り貰ったばっかりやのに、危ない危ない
て、ルミルミたんのお守りが守ってくれたのかなぁ顔

とは言うものの、今回はうごたんの大手柄ですねル
タマには役に立ちましたぷ

なんて言える立場じゃないかぁ~ル
反省してます


スポンサーサイト
13:10  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/328-82c9ffd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。