2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.04/15(Thu)

つわり

10.4.15(THU)

あの辛かったつわりが、いつの間にかマシになっていましたk
全くキレイサッパリなくなったかって言ったら違うと思うけど、息をするのも苦痛だった頃を知らぬ間に脱していますpら
多くの人がピークを迎えると言われる9~10週、確かにおまたんもこの頃がピークでした。
そのピークを越える時期と、実家が引っ越してきた時期が重なり、オカンが世話をしてくれる事でだいぶストレスが減ったのも、楽になれた大きな要因やとは思います。

一日中、どうにかこうにか生きているのがやっとみたいな状態で、呼吸をするのも涙涙の日々。
そんなおまたんに代わって、うごたんは仕事の合間に昼食の用意、夕食の買い出しに支度、片付け、家事・・・
それを一日中布団の中で過ごしながらも、うごたんにさせなくてはならない。
『あ~楽チンい』と思えるハズもなく、とってもストレスでしたt
実家が引っ越してきてからはご飯はオカンが作ってくれるし、なんでもオカンに頼めばいいとゆう、うごたんにばかり負担をかけずに済む安心感で随分と気持ちが楽になりましたハ

そんなつわり。
つわりの間、正直、生きているのが苦痛でした。
この苦しみをブログに残したかったけど、なんせ息をするのもしんどいぐらいなので、ブログなんて書けない。
体がしんどい事に加えて、そのしんどさ故に精神的にも完全に潰れていました。
望んで望んで、大金をかけて心身共に辛い思いをして授かった赤ちゃん・・・
その赤ちゃんに対して、おまたんは恨みの気持ちを抱く事が何度も何度もありました。

なんでこんな仕打ちをされなアカンの
なんでこんなに苦しめるん
もうイヤや・・・
こんな事なら赤ちゃんなんて・・・・・

あんなに望んで自分から授かっておいて、そんな酷いこと思う母親なんて、どこを探しても自分ぐらいしかおらんやろう。。。
そう思うと、もう心はズタボロですり

どーやって今日一日生きんねんり
いつどんなふうにつわりが終わるのか、どうかお願いタイムマシーンで見せてくれ
毎日、布団の中でそればっかり。

『つわりは赤ちゃんが元気に育ってる証拠』と言いますが、そうは思えなかった。
不妊治療をしていた頃は、そりゃあもう『つわり』だなんて胸焦がすような症状でした。
どんなにつわりになりたかったか。
辛いと聞いていても、赤ちゃんが育ってる証拠なんやから自分は幸せな気持ちで乗り切れると思ってましたが、ホンマ、そんなこと全く思えなかった。
実際つわりってやつは、なぜ起こるのかが、まだ不明だそう。
ホルモンの関係やとゆうのが有力説ではあるけど、確証がないんだとか。
そんなだから、赤ちゃんが育ってる証拠ってのも確証がない。
しかも、、、
『ある日突然つわりがなくなったからと言ってお腹の赤ちゃんが死んでしまったのではないから心配しなくても良い。しかし言いかえれば、つわりがあるからと言って赤ちゃんが元気に成長している証拠という事にもならず、根拠のない噂。』と、ドクターが答えている記事を目にしてしまいましたt
ずっと船酔い・・・・・・・・・・
胃を手でモミモミし続けられているかのような・・・
あぁ・・・もう・・・どうやって心を支えて良いものか・・・ん

そうやって引きこもっていた頃のおまたんのオトモダチは『初めてのたまごクラブ』
何度も読み返し、一筋の光を探して希望にしたり、時にはベビーグッズを見て気持ちを紛わせようとしたり、そりゃあもう色んな使い方をしました。
その中で唯一笑ったのが・・・
『おかあさんまであとすこし!』とゆう短いマンガ。
つわりの理想と現実について描かれてありました。
SN3J0070_convert_20100407001305.jpg
こんな感じで、確かに『うっ…』て、一瞬吐き気がするイメージでおまたんもいましたが、、、
SN3J0071_convert_20100407001353.jpg
うん、全然違う 突然じゃなくいつの間にか始まっていたし、ずっと気持ち悪いり

気分転換がイイって言うけど、そんな元気ナイ
自分で運転してても車酔いする・・・
そう、気晴らしなんて夢の夢
SN3J0072_convert_20100407001434.jpg
『行ってらっしゃい』と『お帰りなさい』
いつも見ても同じ、正にデジャヴを超越した固定の映像ぷ

服装に至っては・・・
SN3J0073_convert_20100407001518.jpg
彼女の場合、授乳用でもブラジャーしてるだけおまたんより上上
おまたんは例のごとくオヤジシャツとオヤジパッチ、ノーブラにマタニティパンツ。
言うまでもナイス絵

たまごクラブとの位置関係もホンマこんな感じ
SN3J0074_convert_20100407001650.jpg

ご覧の通りの廃人です
SN3J0075_convert_20100407001726.jpg
お腹の中に念願の赤ちゃんを授かり、そのうち母親になろうかってゆう女性の姿では到底ありません。

おまたんと同じような人が居た2
そんな彼女が最後に言った言葉・・・
SN3J0076_convert_20100407001800.jpg
マンガの中のこの人のこの言葉をどれだけ心の支えにしたか分かりません。
ホンマにいつかは終わる
個人差があるったって、産むまで続く人がおるったって、産めばきっと終わる
自分と同じようにひきこもっていた人も、今はもうつわりに苦しんでない
そーや お母さんまであと少しやト

そしてもう一つ、コレと同じ頻度で頭の中でグルグル回っていた言葉がありました。
『案ずるより産むが易し』
これは近所の知り合いの人の言葉です。
彼女は超聡明な女性なのですが、つわりの時はおまたんと同じやったと言ってくれました。
おまたんは唯一洗濯だけはしてたのですが、『洗濯してるだけエライエライ。私なんて何もしなかったもん。』て。
とにかくつわりが酷くて、寝ても覚めてもつわりの事ばっかり考えて、つわりの本をひたすら読みあさって過ごしたそうです。
そんな彼女が言いました・・・
『つわりが辛すぎたから出産の痛みなんて屁やったよ。つわりの苦しみの足元にも及ばない痛みやったよ。案ずるより産むが易しやで。チョット意味違うかなブ
うん、たぶん意味違うぷ
でも、超聡明な彼女でさえそこまで苦しんだのやから、未熟者のおまたんが苦しむのは当然やと安心しました。
つわりが辛かったから出産を辛いと思わなかったってゆうのは個人差があるやろうから、自分がソレに当てはまるとも当てはまりたいとも思わないけどね。
ただ、凄く心強かったですブ

そんな辛かったつわり。。。
女性に産まれたからこそ経験できる苦しみと言う人もいます。
そう言えるようになれば素敵な女性やと思います。
でも今は、経験できて良かっただなんて、とても思えません
二人目もほしいけど、できる事ならもう二度とこんな思いはしたくない。。。
出産後、それは変わっていれば嬉しいケドナに

今回は全体的なところを書いたのですが、体調不良の次にしんどかった食生活のことなどもあったので、またまとめたらして残したいな~て思ってますのでお願いしますブ




スポンサーサイト
13:43  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/296-15a11343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。