2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02/14(Sun)

人生安泰?

10.2.14(SUN)

バレンタインですねト
と言っても、おまたんは大好きなチョコさえ今は食べられないので、全然楽しくないバレンタイン
当然、それどころじゃないのでうごたんにも作りません
会社には女の子が居ないから外で貰ってくるのも少ないし、嫁としてはお返しの事を考えると面倒なので、貰ってこない方が有り難いのです。


バレンタインは置いといて・・・
タイトルに書いた『人生安泰』
なんの事かって言うと・・・・

おまたんは将来、自分の両親と一緒に暮らそうと思ってたので、うごたんのような家業を継がないとアカンような男と結婚するつもりはサラサラありませんでした。
どころか、結婚自体するつもりがなかったのに、何かがドコかで間違って、しかもうごたんのような男と結婚してしまったのですが…
妹が子連れで出戻りしてるのもあり、ちょっと妹に頼ってる部分も正直あります。

そうしておまたんは結婚する事によって、初めて地に足を着けた訳ですが…
自分が動けない、、、そうなれば、やっぱり両親には近くに来てほしいのです。
おま親はエレベーターの無い団地の4階に住んでいます。
オカンは体が悪いので、今の状態でポックリ死なない限りはゆくゆく困るのが目に見えてます。
糖尿なので心臓も悪いし、足も動かなくなる、おまけに骨粗鬆症。
車いす生活が余儀なくされる可能性大なのに、そんなとこに住んでるのです。
実家は車で15分くらいなので通えなくはないけど、将来家業を抱えて子供を持って…となると、毎日通うのは困難であり、エレベーターのない4階ってのはカナリ痛い話になってきます。
だからってウチの一帯は住宅協定区域なので、とにかく物件が高く、簡単には引っ越してこられません。
『みんなで暮らすんなら北区に引っ越してもいいな~』と妹も言っていて、いつまでも今の所で子供の世話にならずに暮らしていくのは不可能やとオトンも思ってはいて…
甥っ子も今年から小学校なので、それまでにみんなで引っ越してこられたら…と考えてはいたけど、範囲を広げて探してみたものの家族4人が暮らせるような、それでいて手の届く物件はあるハズもなかったのです。

それが・・・
去年の12月初旬、不動産マニアのうごたんが見つけてきた、なんだか手が届きそうな4人で十分暮らせる一戸建て
早速ネット検索してみると…
築12年で50坪少しの小さな家ですが、リフォームもしてあって建物はキレイし外装内装共に今風やし、庭も駐車場もある。
けど、なんだか外階段の画像がやたらと多いL
めっちゃ長い階段がある
この階段登らないと家に入れないんか 他に入口ナイんか

て事で、歩いても行けるような距離だったので、ちょうど一緒に居た妹も連れて3人で見に行ったのです
すると…人が一人通れるほどの狭い通路と門があり、ヘンテコではあるけどソコを抜けると普通の家。
家の裏に回ると、その階段は現れましたり
何mぐらいあるでしょう・・・階段の下に駐車場があるんだけど…
駐車場から見ると、地上5~6階ぐらいの所に家が建っていて、駐車場から家に行くにはその階段を上がらなければなりません
その階段は、その家の為だけにある大掛りな階段なのです血
その階段の横、つまり家の下は崖なので、秘密基地のようになっています。
その崖は大通りに面しているのでキレイに舗装されていて、ホンマに秘密基地か果てしなく使える物置きか…みたいな感じで。
なんか、ギャグかよjumee☆faceA193Ljumee☆faceA193R2みたいなオモロイ家だったのです。
階段を上らないと家に入れないんじゃないから、そこまで不便な訳ではないけど、門の狭さとこの階段…土地建物の割に破格がついていた事に納得ですー
それと後で不動産屋さん調べで分かったのですが、その家はウチと丁目まで同じなのですが、その番地の一番端っこにあり、しかも周りは全て町名から違うのです。
その真相は、昔はその家も周りと同じ町名やったけど、今の町名の方がいいとゆう理由で当時の家主が勝手に今の町名を名乗り始めた…そんな訳があったらしく、その町名でありながらも住宅協定区域からは外れているので、夢のような破格がついてるらしいのです。
更に納得に
妹は、息子がメッチャ喜ぶって気に入って帰りました。

翌日、早速両親を呼んで家を見に行きました3
中はキレイでしたが、若干狭くないて感じ。
お風呂ちっちゃいし、LDKもLDKじゃなくてDKやろ…みたいな。。。
でも今の団地よりはよっぽど広いし、4人でも十分です。

妹が気に入ってるポイントは、春から小学校に行き出す甥っ子が学校帰りに一人にならなくていい事。
だいたいはバァバかおまたんが居るでしょうから、自分が仕事に行ってても安心なのです。
おまたんの家まで歩いてこれるしね。
オトンも初めて『この話、ノッてもええぞ』と言いました。
オトンにとっては通勤距離が倍になりますが、でも元々そんなに遠い訳じゃないし、ココからもアクセスは良いので問題ないし、どうせ働いてもあと2年やし~って。
オトンは現実的なお金の問題で今まで諦めていたのですが、コレは買えそう
一番渋っていたのはオカンです
オトンも勿論妹も、甥っ子中心で引っ越しを考えています。
でも実は、取り急ぎはオカンの為でもあるんです。
さっきも書いたように、もういつまでも4階に住んでてもらう訳にはいかないんで。
自分はいいかもしれないけど、介護する側にはたまったもんじゃない。
それやのに、誰の世話にもならんとか言って、ずっと今の所に住み続けようとしてるのですが、誰の世話にもならんでエエほどの貯金を残してから言ってほしいのですけどねた
自分が家のお金を使い込んでしまった手前もあるんでしょうが、素直に認めませんR
それでもこうしてオカンの為にと思って色々考えたり動いたりしてるのに、今の所が便利やから引っ越したくないとか、仕事がどうや友達がどうやってブツブツ…
友達と離れるのは全員です。
その代わり娘と近くになるんだからと思ってくれ
それに、自分の友達より孫の友達の心配してやれよん
孫だって友達と離れるのは同じなんだから。
職場が遠くなるのもみんな同じです。
オトンは倍、妹なんかは超近所で働いてるので10倍ぐらい、オカンに関しては通えなくなります。
妹は10倍って言ってもココからでも15分ありゃあ行けます。
オカンは仕事ったって、体が不自由やから運動がてらに小遣い稼ぎに朝の掃除の仕事を1日1時間してるだけです。
そんな月収2万円の為に家族の引っ越しを大反対してましたt
『オカンの仕事どうすんのよ』と、そればっかり

甥っ子はメチャメチャ気に入ってます、勿論。
おまたんの家より大きいとか言って走り回ってたし、例の階段さえもやっぱり大喜び
『おまのオウチ1つでこのオウチ3つ買えますからぁーぅ』と、ママに怒られてましたが、ママは甥っ子に言いながらオカンに当てつけていたのがよく分かりましたぷ
でもホンマ、ウチの家1軒分で3軒買ってもオツリがくるほど安いんですり
念の為に言っておくと、ウチの家がバカ高い訳ではありませんので
と、まぁそれほど破格の家、絶対ナイからとオカンをみんなで説得
なんやかんや言いながら、オカンも気に入ってっぽかったですけどねー
あと500万ほど出せば安いマンションでも買えそうな値段ですが、それ言ったらキリがナイ。
何度も書きましたが、この辺りは住宅協定区域なので徒歩距離にマンションはナイしね。
まぁ何よりも、引っ越しするには今の生活の中で捨てなければならないものが多いから渋ってしまっていたけど、こんなに近くでこんな値段でなんて絶対にないから、今の生活に諦めもついて前向きに考えられるし、この家の不便さもどうって事ないとゆう結論に、最終的にはオカンも納得してくれたのが一番ですウ
最初は文句ばっかり言ってたけど、引っ越しが具体的に決まってからは『自分の庭があるなんて嬉しい』とか、ガーデンテーブル置きたいとか言ってワクワクしはじめましたからい
そんなに喜ぶんなら、もっと大きな庭の家を買ってやりたかったと思いはしたけど、まぁいくら破格とは言ってもそんな安い買い物ではないので、もしも長生きしてくれるんなら次に…とゆう事でに

そんなこんなで12月初旬から動いていたので、その頃のブログには書いていましたが、そんな事がバッタバタと忙しかった要因の一つでした
その頃抱えていた問題は他にもあったし、これも書いてたようにその時期に書類作りが重なってしんどかったのですが、ようやく全てが片付きました。
バタバタ忙しい中の東京出張があり、朝方帰ってきてそのまま体外受精に挑み、期待してなかったけどめでたく成功し、最近では体調のよろしくないそんな今月初旬まで親の家の手続きの件でゴタゴタしてました。
ようやく全てが落ち着きます。
契約も無事に済み、引っ越しはいよいよ16日。
両親の老後は自分が責任を持ちたいとずっと思っていたので、徒歩距離に両親を呼べた事で、おまたんの人生設計の中の大きな事が実現しました。
これで両親の老後の心配をしなくてよくなったとゆう訳では全然ないけど、近くに居るのが一番り
何より安心な事です。
自分の子供を産んで育てて、その子にまた子供ができて…とゆう先の事は別ですが、自分の親をどうできるかとゆうおまたんの責任は果たせそうなので、自分以降を除いた自分以前の人生は安泰やぁ~て気分になりましたか

両親への責任だなんだかんだ言ってますが、元気なうちは親の世話より親にウチの世話をしてもらいたいのは勿論ル
赤ちゃんが産まれたら~って先の事でもなく、つわりの間も、引っ越してきたら早速オカンを粉使いにしようとゆう魂胆ですぷ


でもね・・・
これからは安泰や~ーて喜んではいるけど、でも、寂しい気持ちもあります。
実家は、おまたんが生まれ育って19年間暮らした場所です。
オトンは母親と40年暮らしました。
そのお母さんが亡くなったのもこの家。
オカンが嫁いできたのもこの家。
当然の事ながら弟と妹の生まれ育った家でもあり、弟は30年、妹は17年暮らしました。
近所の人達もおまたんが赤ちゃんの頃から知ってる人がまだ大勢残っています。
ホンマ、昭和の団地の光景そのもの。
今でも帰って歩けば誰かが声をかけてくれます。
そんな風に、今は甥っ子がみんなの孫のように可愛がられています。
甥っ子が歩けば、人が集まる。
そんな環境を奪ってしまった気はします。。。。。
どのみち老朽化したあの団地にいつまでも住む訳にいかないし、しかも4階やなんてとんでもない話やけど、やっぱり長く居過ぎたから、捨てる物が多すぎる。
凄く住みやすい場所でした。
温かい大人たちに囲まれて、それは今の甥っ子の代まで続いていたそんな環境。
車を運転できないオカンが暮らすのにも便利な場所でした。
オトンと妹に関しては、職場が遠くなるけど基本的に車移動なので通勤にはさほど困らないし、友達にも会える。
オカンと甥っ子には寂しい思いをさせる事になります。
でも、ホンマにずっとココに住んでてもらう訳にもいかないので、最初は寂しいかもしれないけど、新しい場所で新しい出会い、新しい生活を見つけて、引っ越して良かったって思えるようになってくれたらな~って思います。
甥っ子は『友達と遊ばれへんのが寂しいけど、ジイジと一緒に暮らせるのが嬉しい。もう二度とジイジのオウチから帰らんで良くなったー』なんて言ってるし、オカンもおまたんに赤ちゃんが産まれる事と、憧れのマイガーデン&ハイテクキッチンを手に入れた事を喜んでくれてはいます。
今までの友達と会ったり、お稽古ごとには続けて行けるように、おまたんも送迎の協力ぐらいはしようと思います。
引っ越し後も生活には不自由しないように、買い物などはできるだけ誘いあって車で連れて行こうと思います。
そうしてみんなで生活しながら、引っ越して正解って思えるような毎日を作っていけたらなぁ・・・と、それがこれからの目標ですP

ちょっと寂しい気持ちはありますが、こうして引っ越しが実現したからこその思いなんでしょうね。
何にでもあるんでしょう。。。
マリッジブルーやマタニティブルーのようなもんなのでしょう。
楽しい事はイッパイあります
てか、これから楽しいこと満載のハズですルッ

新しいスタートですk

何はともあれ、親と暮らせるのは幸せなことですが

自分の親と上手くいってない中、今回のおま親の引っ越しに全力で協力してくれたうごたんにも感謝感謝ですア
引っ越しが済んだら赤ちゃんのことに専念し、今度は念願だった、うごたんとの家庭作りに力を注ぎたいと思います顔
素敵な家庭を作れる素敵なパパになってもらう為に、赤ちゃんが産まれるまでにうごたんをスパルタに教育しなくてはねっっ
結局オチはソレですねル

そんな、素敵なパパを待ってるハズの赤ちゃん。
今日で11週目に突入しましたハ
いよいよ3カ月の最終週です妊
早く会いたいなぁ~ブ


スポンサーサイト
17:39  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/260-e974b9d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。