2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11/28(Sat)

イメージだけでなく…

09.11.28(SAT)

昨日、最初のイメージからかけ離れてきた3人のお話をしましたが、、、、、
イメージだけでなく、実際に変わったのは妹です。

こないだ、弟の家に行った時の話。
弟は東灘区に住んで居て、行きしなに王子動物園の近くを通ったんです。
甥っ子が赤ちゃんの頃、おまたんとその時の彼氏と妹で甥っ子を連れて行った事があります。
その時の彼氏は子煩悩な男で、生まれてスグ父親の居なかった甥っ子の面倒をよくみてくれて、仕事で殆ど家に居なかったおまたんに代わって随分と妹の支えになってくれたんです。
おまたんは彼をあまり好きではなかったので邪険にしていましたが、今会えるのなら本当にお礼を言いたいし謝りたいと、今は心の底から思っています
まぁそれはいいとして、そんな彼だったので妹と3人で行ってほしかったのですが、おまたんも無理やり行かされましたダ
で、3人を放っておいてオッサンのようにベンチで寝てたりしたんですが…
『行ったん覚えてへんやろ~』て話をしてて、妹が『赤ちゃんの時はおまとも色んな所に行ったんやで~』と甥っ子に言いました。
『おまも赤ちゃんができたらママに色々連れて行ってもらうから、赤ちゃんのお世話してあげてよ』と甥っ子に言うと妹は…
『なんでやねん。自分とこ両親揃っとんねんから自分らで行けや』て…
うっそぉーーーーーーん涙
おまたんが子供育てるんメンドイから要らんって言ってた時も、ずっとウチで預かってもいいから生んでよーとか言ってたのよ
おまたんに子供ができたら、仕事辞めて毎日赤ちゃんみときたいって言ってたのよ
それが、動物園も自分らで行けだとぉ血!
散々甥っ子を預けておいて…ん
それに、今年ぐらいから他のお母さんと遊ぶようになったので、子供に対して手抜きしだしました。
姉のおまたんが見ていて『こんなんおまたんには無理や』と余計に子育てする意欲をなくしてしまうほど妹はマメにやっていました。
平成の新人類と言うべきか、スタイルの良い赤ちゃんが多いこのご時世に甥っ子は従来の昭和の赤ちゃんのスタイルで育ちました。
検診のたび、『お母さんが真面目にやっている証拠ですよ』て先生にホメられるほどで。
甥っ子が生まれた時は妹はまだハタチになったばっかりで、一緒に暮らしてはいたけど仕事ばかりで協力的でないおまたんだったので、悩み事もたくさんある中の一人での子育ては大変なものやったんやと思います。
おまたんも最近になるまで気づいてやれませんでした。
ある日、妹が育児ノイローゼみたいになって、ベビーベッドの板を抜いてゲージのようにしてその中に入ってたんです。
甥っ子が泣きまくってベッドの柵に捕まってるのも聞こえないかのように無視して、妹がベッドの柵の中で育児書を黙々と読んでました。
『何しとんねん』と怒ったら、『ちょっとだけでいいから育児から離れたいねん』と妹は言いましたが、離れたいって…言いながら育児書を読んでるのに
それを見ておまたんは背筋がゾッとするほど怖くなりました。
そんな日は後にも先にもこの日だけで、あとはいつものように何もなかったかのようにマメな母親に戻っていましたが、今でもアレはなんやったんやろーと、あの光景を思い出してゾッとする時があります。
それほど神経質に子育てをしていた妹だったのですが。。。
今年の夏、泊まりに来た甥っ子の足が蚊に噛まれまくってたのを見てビックリしましただ
保育園の園長が代わってからウルサイらしく、保育園で虫よけスプレーしてもらうにも医者の『蚊にアレルギーあり』の診断書が要るって妹が怒ってたのを前に聞いてたので、保育園が虫よけしれくれてないんやと思って、保育園に言いに行ってやるわーりと妹に言ったら…
『お姉は過保護にし過ぎやねん。もう4歳過ぎたら虫よけも日焼け止めもエエやろ~』てク
4歳がなんのボーダーラインだ!
いくら甥っ子がポチャポチャしてるからって、ゆうても小さい細い短い足やで!
その足を所狭しと噛まれてボッコボコに腫れて、掻きまくってカサブタになったり汁が出たりしてるねんで
日焼け止めもしてないから真っ黒やしウ
男の子やから黒いのは問題じゃないけど、今の紫外線は体に有害なんやから、プール遊びする時とか真夏に外で遊ぶ時は日焼け止めせんとアカンやん
それを過保護にし過ぎだとぉ~~~~~~~り絵
甥っ子に聞けば、友達も誰も虫よけしないらしいんです。
ジイジと遊ぶ時も家に虫よけがナイって言うし。
蚊に噛まれるような遊びは殆どオトンとする事が多いので、これはオトンを使って虫よけさせようと思い、ジイジ噛まれてへんかて甥っ子に聞いたら『ジイジはおじいさんやから血がないから蚊に噛まれへんねん』て、ジイジは血がなくなったら死ぬから血のイッパイある自分ばっかり噛まれるんやみたいなこと言ってましたが、実際オトンと甥っ子が山に入れば蚊だって甥っ子を噛むでしょう
いくらなんでも可哀想過ぎやんん
今年の夏は、甥っ子も自主的に使いたくなるようにキャラクター物の虫よけテンコ盛りとムヒと日焼け止めを買ってオトンに渡しましたが、それだって使わずに忘れられてる時も多かったみたいですお
こないだもうごたんと二人で妹に説教しました。
最近他のお母さんと遊んでるから、その人達の影響で、そんなにしなくていい…、もう大丈夫、よそはもっと放ってる…て感じで、楽な方へ楽な方へと向いてます。
甥っ子はママとお風呂に入りたいと思ってるのに『ママはお仕事で疲れとぉから言わんねん』て、おまたんに言いますん
一緒に風呂に入ってやれとか、もっと二人の時間を作ってやれとか、子供のクセにメッチャ気ぃ遣ってる気持ちを汲んでやれとか、まぁ色んな事を言ったんですが、やっぱ『過保護にし過ぎ』って言うんです。
ヨソがどうであれ関係ナイし、ヨソがヨソがって言うんなら、地域的にウチの近所の人達の方がおまたんよりよっぽど過保護の人が多いし、要はヨソじゃなくて親子二人の問題やろーて話。
妹も分かっていて、『無償の愛』ってゆうけど、親の愛は勝手な愛で、でも子供が親に向ける愛はホンマに無償やって言ってました。
親は気が向いた時は可愛がって、煩わしい時は寄せ付けないようにするけど、子供は親に対していつも無償の愛を求めてるんじゃなくて、無償の愛があるからどんなに怒られてもかまってほしがるって。
そこまで分かっててナゼ
おまたんも妹も、かつてはそうして親に無償の愛を傾けていました。
満たされる事がなかっただけに、大人になってもその気持ちを持ち続け、満たされないまま親子逆転の日を迎えて今に至っています。
だからこそ甥っ子の気持ちが分かるのでは
おまたんには子供を煩わしいモノとして扱ってきたオカンの気持ちが昔からよく分かっていましたが、妹は今まで一度も理解した事がナイと言います。
その分、おまたんもオカンと同じ子育てをする可能性が大きいと思うと、今まで余計に子供を欲しいと思えなかったのです。
今でもオカンの気持ちは理解できますが、甥っ子の気持ちも理解できる…とゆうか、甥っ子の気持ちに関してはヒシヒシと分かります。
なんでそれを妹は分からないのか
ウチは冗談のキツイ家なので、妹は冗談で甥っ子に色々言ってますが、甥っ子が冗談で受けている時とそうでない時の違いがおまたんには分かります。
冗談で言われていい事と、言われたら立ち直れなくなってしまう事の区別が分かります。
おまたんはオカンに本気で言われた事ばっかりで今でも深く深く傷ついているので、言われた甥っ子がどんな気持ちになるのか、どんな風に引きずっていくのか分かります。
母親への気の遣い方が、おまたんと甥っ子は同じなんです。
そこらへん、妹とは違いました。
おまたんは親の責任=衣食住を与える事と学校に通わせる事、としか思わないように小学生の時点で割り切る努力をしてたので、親にそれ以上の手を煩わせないように、自分でできる事はなんでもしました。
それで当然だったので、何か困っても相談する事もなかったから、頼らなければ放られる事も少なく、いい距離感でやっていける事に気がついてました。
そこへきて妹は末っ子なのもあり、いつまでも一般家庭の親の愛情を求め続けて衝突しまくってました。
その末に高校を中退して男の家に転がり込み、甥っ子ができたんですけどね。
そこでも違っていて、家族とはこんなものなら要らないと思った姉、自分の育った家族を捨てて理想の家族を早く作りたいと願い続けた妹。
絶対に妹の方が愛情が深いんやと思ってたけど、なんでこうなんやろ
遠慮する事なく親に愛情を求め続けた結果、遠慮してしまう子供の気持ちを知らずに育ってしまったのかなぁ
でも、普通ってどうなんやろ
おまたんは、可愛くもない子供を育てなアカンなんてオカンは可哀想やと思っていました。
甥っ子が時々、自分がおらん時はジイジもバァバもママも楽チンなんやって言います。
ジイジも冗談がキツイので『楽チンやったわ~』とか、『もう二度と来るなよ~』とか言いますが、ソレ言っていい条件って子供なりに細かくあって、ジイジはその条件を満たしてるから、甥っ子もジイジがホンマは寂しい事を知ってます。
おまたんにとってもおじいちゃんはそうゆう存在で、おばぁちゃんは正に無償の愛を与えてくれる存在でした。
なので、甥っ子がどこでどう区別してるのかも、よぉ~く分かります。
ママがその条件を満たしていないから、冗談が冗談に聞こえてない事も分かります。
バァバに関しては既におまたんと同じ『自分の存在があるが為の迷惑をかけてはイケナイ』のレベルまでいってます。
ママにはまだ、あわよくば可愛がられたい気持ちがあるようですが、それでも自分優先ではなく、ママの気分優先を鉄則にしているのが見てて痛いほど分かります。
それをコンコンと妹に言ったんだけど、イマイチ軽く受け止めているようでした。
あまりにも怒られたから、つい反抗心が出てしまった所もあるんやとは思います。
時間が経って頭が冷えたら、我が息子の行動や言動を見て、言われた事を冷静に考えて気づいてくれるとは思いますが。。。

まぁ人は変わるわなぁ~。良くも悪くも。
だから悪くなってもまた良くなれるハズやし。
悪かったんか良かったんか、死んだあとでもずっとずっと分からん事だってあるし。
おまたんだって激変しながら今まで生きてきたし、これからも更に激変していくんやろうし、どんな方向に変わっていくんかも分かんないねんしな。
だからこそ、いつも目標は見失わずに持っていないとアカンな~て思いました。
人生折り返したと思ってはいるけど、死ぬまで成長を続けるとすればまだ平均寿命の半分も生きてないんだから、理想の人にはなれなくても、自分の路線がズレた時、ちゃんと自分で気づいて自分で修正できるように。
そして、妹に説教していたけど、ホンマはアンタが一番要注意人物ですよ~な、うごたんに人間の気持ちを教える努力も惜しまずメゲずにやってかないとな。
妖怪人間のような言われようやけど、うごたんはホンマにそのへん欠落しまくってますからね。
妖怪人間に育てられた、そんなうごたんも被害子供なんですけどね。
早く人間になりたぁ~~~~~いゴーストッ


なんてブログを書き終えて、今晩はうごたんが仕事で遅いからご飯は要らないので、いよいよ5冊目に突入したアルバムの整理をゆっくりマッタリしていたら…
『奈良着いて来て』と
うごたんは尼崎から玉津に行く仕事の途中やのに、なんでと思ったら…
高丸から奈良行きの仕事が出たんだけど、それが大きな仕事で誰も行けないから、ドコかでタッチ交替してうごたんが行くって話になってるらしく、コッチが大所帯の割に行き先が狭いので、おまたんに着いて来いとの事でした
その行き先とはおまたんのよぉ~~~く知っている所で、前の仕事で何度も行ったキライな場所なのです~
おまたん、ソコでトレーラーの運転席から落ちて腕を折った痛い思い出もありますキ

で、今日は…名谷辺りでドッキングしたいって話だったので、車で行くと後々困るからどうしよう…と思ってダメモトで妹に電話してみたら、送り迎えしてくれるって言うので来てもらいました。
うごたんから連絡が入るまで、実家待機してられるしね。
でも、あまり道を知らない妹なので、名谷PAでおまたんを降ろした後の帰り道について説明しててもなんだかピンときてない様子
予想通りの展開で、可哀想なので避けたい展開でもあったのですが、オトンが『なんや、そんな話やったらワシ行ったるわ。』と。
妹に燃料代と交通費やって言って2千円渡してたので、それはそのままオトンに。
オトンは要らんって言ってたけど、そういや孫に竹馬買ってくれって言われてたんやと思い出し、『明日これで竹馬買ったろか~』と嬉しそうに言ってました苦
オトンにお金をあげても、結局は全部孫にいっちゃうんだからー
でも、それ思うと親にも渡さず無駄遣いする妹にあげるよりは全然いいなぁ~ぷ

と、そんなこんなでご協力いただき、うごたんと合流して奈良に向けて出発したのが22時頃。
大所帯の為、超スローリーな移動で生駒に到着したのが何時だかも覚えてませんが、現地で仕事を済ませ、めっちゃ遅い晩ご飯は1時。
うごたんが食べたいと言ったのは、1時なのにラーメン。
まぁ、時間が時間なのでラーメン屋ぐらいしかナイですけどね
横綱に入りました。
二人とも、ラーメンと餃子とミニチャーシュー丼のセット
SN3J0033_convert_20091129164408.jpg

SN3J0032_convert_20091129164344.jpg

SN3J0034_convert_20091129164443.jpg
ラーメンと餃子は問題なく戴いたのですが、このチャーシュー丼は食べられませんでしたん

そして帰宅したのが3時前。
お風呂入ったりしてたらもうアッとゆう間に4時でした
うごたんと一緒に仕事に行く時はいつもですが、うごたんが作業してるのを見てて、『アレがこうなったら死ぬやん』とか、『これは大丈夫なんこうなって死んだりせん』と不安になって見てるので、精神的に物凄く疲れますt
おまたんはいつも離れとくように言われるので、離れて見ながら危ないな~と不安になり、うごたんが死んだその後の人生を想像したりしてます3
ヒマかよっjumee☆faceA193Ljumee☆faceA193R2て感じなんですが、実際ヒマですけどね顔

まぁ、今日も無事で帰れる事が何よりですに
お疲れさん、うごたんり

スポンサーサイト
15:50  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

妹さんは、考え方が、かわったんやね。おまたんの気持ちも解らなくないけどね。
妹さんは、一生懸命してて 今、少しだけ気を抜いてるんかもね。また元の考え方に戻るよ。
妹さんも考えが、あるのかも解らないし、少し温かく見守りながら、おまたんから見て 足らない事を おまたんが、してあげたら?甥っ子さんの為にね。
それと 甥っ子さんを散々、預けられてたみたいやけど、おまたんも預かると楽しい事も あったんやろし、私も甥っ子さんと遊べて楽しかったしね。おまたんの子供が出来たら可愛くて片時も離れたくなくなると思うよ。私も 片時も離れるの嫌なくらい可愛かったけど、仕事しないと あかんかったから、今更、反省する事も多いしね。今、まだ小さいから子供さんと行動が、出来たり、お風呂に一緒に入ったり出来るんやからね。
ルミルミ | 2009.11.29(日) 19:10 | URL | コメント編集

●ルミルミたん

コメントを見るのが遅かったから、実際に会って話した後になってしまいましたねe-257e-263

甥っ子を預かるのは全然イヤじゃないよ~e-264
でも、妹もおまたんの子預かれよーって思いますi-278

あとはお話した通りというコトでe-287e-267
おまたん♪ | 2009.12.01(火) 19:09 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/220-5f8a5fcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。