2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09/19(Sat)

うごおま IN 六甲山

2009.9.19(SAT)

世間は今日からシルバーウィーク
いつもの事ながらそんな時は稼ぎ時なので、どこかへ行ける訳でもありません。
ま、混んでる日に行きたくないのだけど

やっぱり忙しいので、うごたんは夜中から出動して朝帰ってきました。
仮眠を取ってから昼前に出勤して、2時間ほどで怒った顔して帰ってきました。
またキチガイの親とモメたんだとか

なんでも、高知行きの仕事が出たらしいのです。
『オレ行くわ。』
『オマエ京都行ったばっかりやのに行かんでエエ
『別に行きたくて行ったんちゃうやんけ
『なんもオマエが行かんでも若いもんに行かしたらエエんやオマエばっかり遊びやがって

うご父がこう言う理由は…
うご家には『電話当番』とゆうものが存在し、事務員さんが帰った17時から、翌朝事務員さんが出勤する9時まで電話受付をしなければならないのです。
それは泊まり勤務の従業員さんには任せられない事情があるので、家族の者がしなければならなく、結婚してからはおまたんがやってました。
それまではオヤジがやっていて、オバハンはオヤジLOVEな割にその辺は割り切っていて、『私、夜の電話は血圧上がるから無理』と、長年オヤジ一人にさせていたのです。
都合の悪い事は『アンタが始めた会社なんやから私に迷惑かけんといて』と言って逃げ、でもアンタの作ったハズの会社の儲けは『全部私のお金や』と言い、長年やってきたオヤジにはびた一文渡さないのです。
ある意味、オヤジがグレたのも必然やった気がします。
が、躾けておかなかったオヤジの全責任です。
で、オヤジが限界になった頃、おまたんと電話当番を変わった訳です。
そう、感謝こそされ、恨まれる覚えはないのですよー
『アンタが電話も何もかも取り上げるからウチのオッサンが女遊びするんやないの』とは、結果的にそうだったのかもしれませんが、道徳に反した考えなのです。

この電話当番、かなり悲惨なのです。
家に居て取るだけの事かと思うかもしれませんが、意外にも身動きとれないのです。
トイレに行くにもお風呂に入るにも電話を持って行かないとイケマセン。
ただでもは防水ケースに入れてお風呂に持ち込んでるのに。。。
そして、出掛けられません。
に転送して出掛ける事はできますが、圏外&ロケ悪ゾーンを避けなければいけないので、殆どドコへも行けないのです。
オールナイト エブリデー 365日
おまたんが会社を去ってから、またオヤジが電話担当になった訳ですが…

うご親は県北の出身で、毎週末里帰りしたいのです。
山で山菜や木の実を取ったり、川で魚を取ったりして遊んでいます。
何より、オヤジは田舎に愛人を囲っているので、会いに行きたいのです。
しかし電話当番があるので、県北へはに転送して行く事ができません
毎週末遊んでいる間、息子に電話当番をさせたいのですが、それにはおまたんが大反対
だって、それしちゃうと奴らの苦痛にならないんだから、リタイアさせる目的から外れてしまいます。
とことん疲れさせて限界を感じさせなければならないのです

今日なんかもそうで、オヤジは自分が田舎に帰りたいから、うごたんに電話当番をさせたいのに、うごたんが高知に行ってしまったら自分が電話当番しないといけなくなるから、うごたんに行かないように言った&自分が遊べないから息子が遊んでる気分になったのです。
京都行ったばっかりやって言われても、お土産買う時間すらなかった出張やのに、しかも一人で行ってるから遊びの要素も全くなかったのに。
オヤジの出張は愛人同行なので、息子の出張も同じように思っているんでしょうけど。

今日もうごたんが怒ってたのですが、2年前、東京の全国会議にオヤジが『息子の嫁』だと言って、ドテチンのような愛人を連れて行った事件がありました。
特殊な業界なので世間は狭く、おまたんの顔見知りも沢山居るし、業界誌に顔を出した事が何度かあるので、誰が見ても息子の嫁じゃない事は一目瞭然だったのです。
オヤジがそうして偽息子の嫁を連れて行った、それを知らずに居たのは皮肉にも私たちだけでした。
が、悪事は裁かれる宿命。
『うごたん、顔見て話したい事があるんだよ』と、業界誌を作ってる社長さんが、ワザワザ東京から言いに来てくれたんです。
言わないとアカンけど、うごたんには恥ずかしい話しやし、仮にも父親の事やし…と、1ヵ月悩まはったそうですが、『ボクらは知ってるからいいけど、アレを息子の嫁だって公に連れて出るのは、うごたんにも会社にもダメージだから…』と、打ち明けてくれたのです。
勇気だよね。感謝感謝。内心、ネタさんきゅ~

で、あれから2年経った、こないだの京都出張での事。
うごたんは西の代表なので、当然東の代表も来ます。仲良しです。
そして業界人もう一人を挟んで食事していた時の事…
2年前の例の話が、業界で未だにネタとして語り継がれ、笑われ続けているとゆう事が発覚
愛人連れの社長さんは珍しくないので、本来語り継がれるようなネタになる話ではナイのです。
語り継がれるのは、あそこの社長さんは家族にナイショでフィリピンに家族が居て子だくさん…とか、そうゆうビッグなお話です、
ではナゼ愛人ネタごときでオヤジは伝説を作りあげる事ができたのか
息子の嫁=ドテチン だったからです。
最高にウケるネタだったんでしょう。
だって、考えて
息子の嫁なら、もっと若くないとアカン訳です。
うごたんは業界でも最年少クラスなので知られているので、その嫁が40歳のドテチンでは困るのです。
40歳。うごたんの嫁が40歳でもおかしくはないですよ。
若く見える人もキレイな人も、40歳ならまだいくらでも居ます。
それこそ本物の息子の嫁より若く見える人だって居ます。
それがドテチンやったんがオヤジの痛恨のミスやったんやな。
オヤジからすれば可愛い愛人やし、40歳なんてピチピチやから、息子の嫁って言っても誰も疑うまいと思ってたんやろうけど、世間はそんなに甘くなく、堪えるに堪えられない爆笑ネタやったのです。
連れてた40歳の愛人がルミルミたんやったら、笑われる事もなかったやろうに。
そら、おまたんだって他の社長さんがしてたら笑うわ。

東の代表さんは、その事をうごたんに言ったつもりらしかったんやけど、うごたんは業界誌の社長さんからしか聞いてないのね。
で、それを言ったもんだと思ってた東の代表は、今でも笑えるオモロいネタとして『語り継がれるオヤジの伝説』を言ってしまったのです。

実際、おまたんも聞いた時は怒りの前に爆笑しました。
ドテチンの顔知ってるし、うごたんも笑ってたし。
ただ、東の代表さんのような仲のいい人から聞いてたら良かったんやけど、その時は目上の人が深刻な話としてワザワザ東京から持って来てくれた事だったので、その場ではうごたんも恥ずかしい思いしただろうし、頭も下げたんだろうしね。。。
重い雰囲気で『物凄く言いにくい話しの上に、本来ボクが言いに来るべき事ではないんやけどね…』から始まり、『要らないお世話かと悩んだ末に、うごたんの為に知らせる事に決めて来た』と、ドキドキさせられたそう。
『ボク、お嫁さんにも会ったことあるし…』と、なんの話みたいな。
で、『まず、お父さんに女の人いるのは知ってるかな』と聞かれ、『昔っからですよ』のうごたんの言葉でやっと話してくれたらしいけど、東京から神戸に向かう間も悩んでたんだって。
聞くのも可哀想やけど、聞かせるほうもホンマに勇気や。
うごたん、めっちゃ申し訳なかったやろな~

おまたんも笑ってはみたものの、ドコの業界にもありますが『2ちゃんねる』のスレ。
ここに『あそこの息子の嫁はん見たー』なんて書かれてはエライ事なのです
運よく書かれてはなかったのですが、オヤジには『書かれて笑いモンにされとるやないかー』とオバハンの目の前でうごたんが言い、オヤジの言い訳封じに使いました。
だって、誰が教えてくれたなんて言えないんだもん。。。

そうして2年にも渡って笑われている事を知ったうごたんは、出張から帰ってきてもおまたんには言いませんでしたが、今日キレてそれもゆうてやったらしいのです。
『オマエが汚いオバハン連れて行くからオレが未だに笑われとんやぞー』と、またオバハンの前で
チクられたオヤジは逆上。オバハンも狂う。
そんな二人を置き去りにして帰ってきたらしいのです。

ホンマは高知に用事があったので、それで行けると良かったのですが…
オヤジはもう高知まで運転するパワーがナイので、自分たちが行けない事がオバハンは気に入らないのはいつもの事です。
こないだうごたんが四日市に行った事を書きましたが、あれだってホンマはオヤジが行ってた仕事なのです。
豊岡から四日市までの仕事で、オヤジは四日市までは行けないからって、ワザワザ会社にうごたんと乗り換えに帰ってきたのだ。
それを、四日市にも行ったやないかまで言う…
おまたんは言いました。
うごたん、家族って、こんなものじゃないねんで

オヤジは女遊びの為なら手段を選びません。
おまたんもその餌食になったんだけど、従業員さんだってそう。
『ワシが営業所の泊まり勤務をしてあげよう』と自ら進んで行き、『くんが壊しとって、今から部品買いに行って修理するから2時間は仕事に出れんぞ』と言い訳をしてから愛人を迎えに行き、営業所に泊まるのです。
その君はいつも何かを壊したり営業所をハチャメチャにしているとゆう仮定にされているので、当然オバハンは君に怒るのですが、当の本人にしてみれば、はぁて話。
その時間に愛人を迎えに行ってる事に気づかないのはオバハンだけだったので、ETCの通行記録を見せてやりましたけど
会社にとって従業員さんは子供のような存在やのに、女遊びの為の言い訳に使うなんて最低だ。
田舎で遊ぶ時は、山で遭難するとか、川で流されるとかしてほしい。。。

てか、田舎に帰れよー
誰も文句言わないどころか全員一致の大賛成やのに。
山が恋しいのか、本社で仕事中も山に入ったりしてます。
会社は山際に建っていて、色んな虫が居るしビッグサイズなのよねーと、こないだのバーベキューの時に話してたら、スリランカ君が…
前ね、雨の夕方、山からゴソゴソ音がするから見に行ったら大きな動物が居ると思ってビックリして他の人呼びに行ったんですよ 一緒に見に行ったら、ズブ濡れになってタケノコ抱えた会長が出てきたんです。ビックリしましたよー
スリランカ人もビックリです
おまたんが居た時も、ノラ犬のように汚くなって山から出てきたこと何度もありました。
いや、ノラ犬に失礼。
そんなに自然と戯れたいのなら田舎に帰れ

今日も写真をしたり、今日一日の事を書くハズのブログに、もう既にこんなに書いてしまった
けど、こんな家庭で育てられたうごたんやから、やっぱりおまたんが人の道に戻してあげよう。。。
人間だって、オオカミに育てられたらオオカミになるってゆうんやし、うごたんだって人間のおまたんが保護してやらんとアカンのや…と思いました。
なんでやねん
でもホンマ、うごたんは可哀想や。
自分で気付けなかったのはうごたんの責任やけど、育ててくれる親が違ってれば、今もおまたんに甥っ子と同じように『返事しなさい』とかそんな事で怒られる苦労もなかったやろうに…

こんな事があると、おまたんはいつも自分の親に会いたくなります。
前にも言ったけど、おまたんはマザコン。
甘やかしてくれる母親は居ないので、ちょっと違うマザコン。
それでも会いたくなって、会って冷たくされたりイラつかされたりすると安心するのです。

うごたんに『家族とは』を教える事、うごたんがうご家と同じような家庭を作るのを阻止する事、おまたんの今後の課題です。。。


今日のご飯は中華丼
SN3J03250001.jpg
おまたんの中華丼は美味しいのです(○ゝ艸・○)
高校生の時、新長田の中華料理屋さんでバイトしてて、そこの中華丼がメチャ美味しくてね~。
舌で覚えた味やし、本格的にダシ取ったりしてるんじゃないから同じ味ではないけど、似せて作ってます。
新長田だったので、地震の被害に遭ってお店がなくなってたけど、商店街の中に移転してた事をついこないだ知りました。
結構長くバイトしてて、奥さんにもお世話になったので行ってみたいんやけど、店長とのセクハラ問題でモメて辞めたので、奥さんへの手前、顔を出しにくいのです
15年経ってるし分からんかな~と思いたいけど、顔が変わってないからバレそうやし、行けずにいます。
だって、15年振りに会った友達と、お互い顔が分かるぐらいやしね。。。
まだ美味しい物をあんまり知らない高校生の時やけど、あのお店のものは殆ど美味しかったのです。
多くの好き嫌いもココで克服しました。
ラーメン大嫌いだったり、小さなネギも食べられなかったり、なすびや椎茸なんかもココで好きになりました。
毎日奥さんが晩ご飯を作ってくれてたので、ヤダって言えずに食べてるウチに、食べず嫌いはほぼなくなりました
いつか行ってみたいです

もやしとワカメのスープ
SN3J03270001.jpg
おまたん、もやしがあんまり好きじゃないのです。
食べて『やっぱもやしは薄いな』と言ったら、『オレもやし大好き』て。
初耳なのでビックリしました
確かに、キムチもやしをしょっちゅー買ってくるぐらい好きなのは知ってますが、『もやし炒めとか大好きやで』とは知りませんでした。
だって、今まで何度もやし炒めをした事か…
うごたんのお昼ご飯には、カレー味やマヨ味のもやし炒めを時々してます。
何も言わんなんて、もやしと一緒でホンマ薄い

残りを冷凍していた老祥記のぶたまんを揚げました
SN3J03260001.jpg
揚げるとまた美味しい

今日の食後も、うごたんが早速チーズケーキを買ってきてたので食べました
珍しくうごたんは一人で丸ごと1個食べれるって言ってたけど、もういいかなぁ~


で、、、
昨日うごたんは仕事で六甲山を通ったらしいのだけど、夜景がキレイやったから見に行かんて。
六甲に夜景なんて、何年も行ってません。
小さい頃、大晦日に家族で行って夜景を見て、そのまま泊まって初日の出なんて事は何度かしてましたが、大人になってからおデートでは1回しか行った事がなかったので、ちょっと嬉しかったです
ただ、想像通り若者がたくさん居て邪魔でしたし、これは想像を絶してたけど、寒さは格別でした
SN3J03280001.jpg
展望台が閉まってたので、崖っぷちの絶景ポイントから眺めました
写真にはうまく写りませんでしたが、久し振りに見ても、さすがは日本の三大夜景
夜景は神戸の誇りだねぇ~

近くなんやから行こうよと、ずーっと前から言ってたけど、やっと行けました。
うごたんの仕事では頻繁に行きましたが…
もう夜中だったのでホンマに夜景を見て帰っただけなので物足りないですが、まぁタマの事なので贅沢言わないでおきましょー

有り難う、うごたん

スポンサーサイト
18:14  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●no subject

うごたんの親父さん 酷い事 言うなぁ~。
お前ばかり遊びやがってなんて 酷いなぁ~。
そこの豚まん 美味しいよなぁ~。
今日、有馬の方から帰り
六甲山あがるトンネルの手前から渋滞してて
連休は、出掛けるもんじゃないなぁ~。
ルミルミ | 2009.09.20(日) 21:12 | URL | コメント編集

●no subject

新長田の中華屋さんが気になりますね~(笑)
商店街の中というと・・・○○楼さんか、○貫○さんか・・・
今度こっそり教えてくださいね(笑)
ぬまお | 2009.09.20(日) 22:29 | URL | コメント編集

●ルミルミたん

酷いやろーe-262
よく働く息子やと思うけど。
てか、うごたんが遊んでばっかりなんやったら、
おまたんだってもうチョット幸せやし、
最低でも普通の暮らししてると思うわ~。

うんうん!
豚まんはサイコーだねe-266
それしにても高くなったよなー。
最初50円くらいやったと思うけど…
おまたん♪ | 2009.09.21(月) 12:23 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/151-7b980ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。