2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.06/30(Sun)

免許更新詐欺

パパが運転免許の更新に行くついでに、一緒に行ってご飯でも食べよか~って
パパはゴールド免許なので、私と違って講習がないからねー

明石へ行く、その道中。。。
西区のとある交差点で信号にかかる
すると、前の軽自動車から外国人男性が降りてコチラへ向かってきた
白っぽい外人で、両腕全体に激しい刺青
そして運転席の窓をノックされる
恐る恐る、少しだけ隙間を開けると、その外人は口を開く・・・
何を言うのかl
いや、どんな因縁をつけられて、どんな事件に巻き込まれるのかl
無事に逃げ切ることはできるのかl
緊張の瞬間

『COSTCO

なんや
コストコの行き方聞きたかっただけか
なんも危険なことなかったけど、なんだか九死に一生を得たぐらいの勢いで命拾いした気分でした・・・
て、刺青全開の外国人ってだけで、偏見にも程があるよね

そんなこんなで大事件に巻き込まれる予感は、ただの勘違いで事なきを得たのだけど、まさかそのあと、もっと酷い勘違いによる事件が起きようとは・・・・・
そんなこととは知る由もないボンとママは、更新センターの手前でパパを残し、車を降りてお散歩絵
試験場の外周を歩く
CIMG3381_convert_20130807161012.jpg
単なる散歩じゃないんです電
実はこの辺り、私のおばぁちゃんの家の近くで、とっても懐かしい場所なんです

平成18年に亡くなったおばぁちゃん。
訳あって会えなくなったから、おばぁちゃんが亡くなったのを知ったのはそのずっとあとだった。

おばぁちゃん、、、私、お母さんになったよ。
元気いっぱいの男の子、おばぁちゃんに見せに来たよ。

もっと写真を撮りたかったけど、この先は急すぎる下り坂が続く。
CIMG3382_convert_20130807161025.jpg
コケたら大怪我するのに、ボンが走るから写真どころじゃなかった
腰の悪かったおばぁちゃん。。。
ゆうこと聞かない私たちを連れて、大変やったやろうな

めっちゃ遊んだ、これまた思い出深い川
CIMG3385_convert_20130807161106.jpg
川って言ってもこんなやから、水遊びができる訳じゃない
いつか堰き止めてやろうと、従兄弟たちとせっせと砂利を運んできては落とすとゆう作業をひたすらやっていた
ボンはとてつもない子供だけど、私は途方もない子供だったのね・

そんな懐かしい川にボンも当然ながら興味を示したけど、、、
CIMG3383_convert_20130807161038.jpg
簡単に落ちることができてしまう場所だから、足がすくんで落ち着かなかった
普段優しいおばぁちゃんが、川に行ったらアカンって鬼のように怒るから、いつもナイショにしてたけど・・・
そりゃ、優しいおばぁちゃんも鬼のように怒るわ
ゴメン、、、おばぁちゃん

51年3月
CIMG3384_convert_20130807161052.jpg
私と同い年、同じ月生まれやん
この歳になるまで知らんかったわ
おじぃちゃんやおばぁちゃんは知ってたのかなぁ・・・
そういやおじぃちゃんとの思い出の公園もあるんよな
今日は時間がないけど、絶対にボンと行こうブ

川からほんの少し歩いたところ、一番奥がおばぁちゃんち。
CIMG3386_convert_20130807161119.jpg
ここの砂利をさっきの川にせっせと運んでたの
なんて迷惑な話なんや・
ボンも実家の砂利をバケツや三輪車に積んでアッチコッチ運んだりバラバラにしたりで、ジィジが時々砂利を買ってきては足している・・・繰り返される歴史を目の当たりにしつつ、反省ね
砂利はタダではありません

久し振りのおばぁちゃんの家。
CIMG3387_convert_20130807161204.jpg
今はおばぁちゃんの次女、つまりはオカンの妹が一人で暮らしてる。
ウチと一緒で、どうしようもないバカ妹。
コイツのせいでおばぁちゃんに会えなくなった。。。
だからこの家が懐かしいどころか、悔しいばっかり。
これ以上ボンを近づけさせることもできない。

ま、いいや。
もうおばぁちゃんは居ないんだ。。。

さぁ、パパがもう終わるかもしれないし、更新センターに戻ろう
帰りは急すぎる上り坂がしんどくて、またこの平坦な道に出るまで写真を撮るのを忘れてた
CIMG3388_convert_20130807161224.jpg
ボンはまだまだ元気が有り余ってるび
私はまだ30代、、、おばぁちゃん、どんなにしんどかったやろう・・・
私にとって懐かしいこの道。。。
おばぁちゃんにとってはしんどい道のりやったやろうね汗

色々と振り返りながら、少しだけ変わった懐かしい風景を抜けて、更新センターの手前まで戻った
ここは昔は町の電気屋さんて言ったらいいのかなぁ・・・親しい電気屋さんがあった場所。
CIMG3389_convert_20130807161255.jpg
今では電気屋さんと言えば大型量販店が当然だけど、私たちの子供の頃は違った。
一軒家の1階の一部分を小さな店舗にして、超地域密着で訪問販売するってゆうのが当たり前の電気屋さんだった。
お店に買いに行くんじゃなくて、何か買いたい時は電話で呼んで、人から買うのが普通だった。
そんなこの場所はなんの面影もなくなってしまったけど、電気屋さんの顔、今でも覚えてるわ

おばぁちゃんと明石に行く時は、いつもこの試験場前からバスだった
CIMG3392_convert_20130807161307.jpg
どんどん大きくなっていく孫たちの小さな後ろ姿を、おばぁちゃんもこうして見てたのね
随分と大きくなった、まだ小さな小さなボンの背中を見て、そう思ったk

このバス停で、急にショーモナイ記憶が蘇えったお
CIMG3394_convert_20130807161320.jpg
ここでバスを待つ間、『運賃』て言葉を女性のキレイな声、真面目な音声アナウンスで聞くのがたまらなく面白くて、それを聞きたくて聞きたくて、笑う準備して待ち構えてたな
『運賃を運賃箱に入れて下さい』みたいなことやったと思う・・・
アホだ
でも、きっとボンも『うんちん』好きなハズや

早々に切り上げた、そんな懐かしい思い出をたどる旅。
もう交付に並んでるかなぐらいのパパを探しに更新センターに入るも、姿が見当たらない
優良者の更新がどんな手順で行われるのかを知ったこともない私なので、もしかしたら2階で説明とか受けてるのかな~と、2階に上がってみる
すると、なんということでしょうり
不思議なことに、違反者講習の教室にパパが居るではないですか
そしてパパが言った・・・・・

『違反したん忘れとった

はぁー
ゴールド免許の人の次回更新って5年もあるから、違反したかどうかも忘れちゃう訳
いや、そんなことないよね
次はゴールドじゃなくなってしまうってゆうショックを引きずって覚えてるよね
しかも、違反したの、数ヵ月前らしいし
てか、そんな話も聞いちゃ~いねぇし
来しなの『COSTCO』よりビックリしたわ血

パパに会えるハズだったのに引き離され、ボンが教室の前でパパパパ泣きわめく
ので、中に入れてもらえたぅ
CIMG3395_convert_20130807161343.jpg
パパと車の絵本を見ているかのように喜んでいたけど・・・
騒ぐので、やっぱ追い出されました血

スグ終わんねんから、はよ帰ってこなアカンで
ほんの30分前に言っていたパパが、ガッツリ1時間講習を受け、ブルーの免許を手に戻ってきましたR
CIMG3397_convert_20130807161411.jpg
機嫌の悪いボンと外で過ごす一時間はしんどかったです
ボンも疲れたみたいやけど
とんだ免許更新詐欺
あぁ~~~疲れた

でも、こんな詐欺に遭わなかったら、おばぁちゃんを感じながらのボンとの散歩もなかったと思う。
いや、いつかは行くつもりだったけど、このタイミングでは行かなかった。
いい機会を与えられたんやと、有り難く受け止めますが



スポンサーサイト
04:29  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/1204-a5dfc735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。