2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.06/20(Thu)

北の国から②

北海道旅行2日目は、早朝から雲海
QRKGCr_convert_20130720130430.jpg

ホテルの雲海テラスにて、、、
288307_375020952597934_1649425527_o_convert_20130718223328_convert_20130720101145.jpg

なんて神秘的なの・・・ハ
cus_ph01_convert_20130720125407.jpg

と、絶景を見るべく、朝5時にロープウェーに乗り込みましたが、、、
CIMG3119_convert_20130720101203.jpg

現実は残念なものでした
CIMG3121_convert_20130720101212.jpg
オマケに修学旅行生わんさか
ホンマは一泊目は富良野に泊まりたかったところ、立地の悪さやホテルのイマイチさを我慢して、富良野での美味しいランチまで諦めて、この雲海の為だけにこのホテルに泊まったんですが、なんの意味もなくなってしまいました
まぁ天気のことだから、こうなっても仕方ないとは思ってたけどね
とは言え非常に残念でした
重ね重ね残念なことを言えば、この雲海テラスでは、7月から朝食をいただけるんです。
雲海発生ならずだったので結果的に用事はナイってことになりましたが、運が良ければ雲の上での朝食ができる訳ですから、これも7月に満たずに悔しい思いをしていたところです

でも、ちょっと感動だったのが、分厚い雪が残っていたこと
944157_388360217930674_1887366146_n_convert_20130720125306.jpg
ロープウェーの昇降口の影になり、万年溶けることのない雪の壁が
因みにこの写真はホテルのFacebookからのコピーなのでスタッフさんが半袖ですが、私たちが訪れた時の気温は10度に満たず、貸出されていたロング丈のゴツめの防寒コートを借りました

もひとつ残念なことに、帰りのロープウェイは修学旅行生と乗り合わせ
なんだかなぁ・・・6

下界に戻り、朝食
CIMG3125_convert_20130720101235.jpg

ボン、旅行先のホテルブッフェでも必ず自主的に納豆を食べるのだけはカシコイ
CIMG3124_convert_20130720101222.jpg
『なっとん(納豆)

朝食後、部屋への移動のバスの中、左側の一番前、運転手さんの見えるいつもの席とは違い、一番後ろの席を陣取り、、、
大型バス~に乗ってます
CIMG3134_convert_20130720101247.jpg
の、踊りを調子にノリまくって踊っていますび

バスの中からホテルの敷地内を見たりしたんですが、お天気だったら散歩したいぐらい、白樺がキレでした
Y341204483_convert_20130718223504_convert_20130720101939.jpg
ちょっとした高速のICのところとか、さり気に色んな所に白樺があって、北海道は本当に白樺がキレイ

でもなぁ・・・はぁ・・・・・今日も天気悪い
IMG_1016_convert_20130720101357.jpg

一面ガラス張りで解放感はあって良かったけど、ボンが乗って窓を叩くから、終始足がすくんで落ち着かな立ったカモ
IMG_1018_convert_20130720101520.jpg

早起きだったので仮眠をして、チェックアウト。
結局、なんの為にココに泊まりに来たのか分からなくなってしまったけど、ボンはそれなりに楽しんでくれたみたいです顔
CIMG3138_convert_20130720101304.jpg
広い芝生のお外を見て、気持ち良くなったみたいでゴロリ~ンしてた絵
せっかく広大な北の大地に来たんだから、ホンマに自然の中でゴロリンさせてあげたかったな

さて、今日はパパと落ち合わないといけないので、とりあえず札幌方面に向かって走る
と、今日のパパたちは小樽で観光するとのコト
ちょうど今夜の宿泊先が小樽なので、楽に落ち合えてラッキーに
でも・・・イヤな予感
小樽は明日、家族で観光する予定だったけど、きっと今日、他の社長さんたちと回っちゃうんでしょうね、、、パパ
とゆうことで、急きょ、明日は積丹半島に行くことにしたいなぁ・・・と淡い期待の旅程に組み換え、ボンとママもトマムから一直線に小樽に向かいました
北海道って海イメージがあるけど、高速を飛ばして銭函付近でようやく海を見ましたッ
そういや昨日は山しか見てない・・・
まぁ水平線は沖縄で十分見てるから、北海道では地平線を見たいって思ってたし、海に執着はなかったんやけどね
海のもの食べたい海イメージの割に、海を見るまで海忘れてた

で、とりあえず、小樽運河に来て、お昼ご飯
CIMG3140_convert_20130720101317.jpg

CIMG3141_convert_20130720101328.jpg

スープカレーと味噌ラーメンとウニ丼は絶対に食べたいノルマだったので、何を食べようか、どこの店で食べようか迷っていたら・・・
ラーメン屋のお母さんに呼び止められ、そのまま呼び込まれましたに
IMG_1028_convert_20130720101550.jpg
意外なことに、バターとコーンの入った、私たちの思い描くオーソドックスな味噌ラーメンって、出掛ける前の味噌ラーメン調査にては見つからなかったの。
でも、ココにはあったので、お母さんに呼ばれるままに入店
それと、お母さんと話してる間にボンが食品サンプルのラップを片っ端から破ったので・・・入らざるを得ず
寛容に笑って、ラップなんかかけてる方が悪いのよね~と言ってくれたお母さんが

プリンまでいただいちゃいました
IMG_1025_convert_20130720101531.jpg
あんまりガツガツ食べるので、そんなに美味しいのかチョット拝借してみると、めっちゃ美味しかったい
なんか、ちょっと名のある牛乳プリンみたいでした

じゃじゃぁ~~~ん
IMG_1029_convert_20130720101611.jpg
絵に描いたような、理想通りのオーソドックスな北海道の味噌ラーメンハ

 真っ先に大好物の海苔へ手が伸びた
IMG_1030_convert_20130720101629.jpg

取り分けると、フォークとスプーンを使って両手で掻き込むボンさんり
IMG_1031_convert_20130720101654.jpg
めっちゃお替わりしました
よっぽど美味しかったみたい

お気づきの方は・・・いらっしゃらないと思うのですが、上の写真、パパが写っています
パパに、小樽運河食堂でラーメン食べる旨しておいたんです
で、偶然隣の建物のビアホールに居て、これからご飯~だったパパが見つけてくれたのです

パパたちが行っていたビアホール
IMG_1771_convert_20130720101925.jpg

IMG_1757_convert_20130720101801.jpg

IMG_1760_convert_20130720101814.jpg

同業の社長さん、大集合
IMG_1767_convert_20130720101852.jpg
ビール、めっちゃ美味しかったんだって
私も飲みたかったなぁーよ

こうして思いがけない形で楽に合流できたのは良かったんですが・・・
ラーメンずるずる食べてる最中に、色んな社長さんが入れ替わり立ち替わり来られ、ご挨拶いただき、お名刺いただき×10人ぐらい
お食事中にすみませんとか、気にしないで食べてとか言ってくれたけど、そんな・・・
大変なボンとの外食の、食べたか食べてないか分からんわよりもっと、ドコ入ったんか分からんかったデス
このあと海鮮丼屋に呼ばれて一緒に入ってウニ丼をご馳走になったけど、同じく食べた実感ナシでした
せっかくの念願だったウニたっぷり丼だったのに、写真撮るのも忘れるぐらいですよ

そんなパパ含む社長さんたち御一行様、ココへ来るまでにお腹がよじれるような楽しいハプニングがあったんだって

今日も夕張の社長さんに案内してもらっていた御一行様、なんと、高速上でバーストしたんだってア
IMG_1754_convert_20130720101733.jpg
夕張の社長さん所有の車なんだけど・・・
バーストしたことがなんでお腹がよじれるほどそんなに面白いのかは、御一行様全員の職業に所以があり、ココには書けないので、分かる人だけ分かって下さい

ピースサインで記念撮影しているのは、業界老舗の御曹司。
IMG_1751_convert_20130720101721.jpg
御一行様にとってのバーストは、御曹司が記念撮影するほど楽しいことなんですに

早速Facebookにして、全国の同業者に配信
IMG_1756_convert_20130720101745.jpg
全国の同業者さんたちにとっても、お腹がよじれるほど面白いことなんです。
御一行様にとって楽しすぎるバーストのハプニングに加え、高速上に出る、いや、車体の右側で無防備・・・笑けると言うか、ゾッとすると言うか、日頃何してんのっちゅーか苦

日頃は偉い社長さんも、自ら反射ベストを着て後続車の誘導に当たるッ
IMG_1761_convert_20130720101825.jpg
この反射ベストの出所がまた笑いを起こすところなのですが、それも書けません
まぁ、ちょうどあった、貰いたてホヤホヤのベスト・・・と言いましょうか。
多分貰っても殆どのベストが会社で置き去りになって・・・の運命だと思うんですが、まさか早速ここで使えるなんてとゆう・・・

笑うだけ笑って、記念撮影してFacebookにして楽しいけど、忘れちゃイケナイ現場処理。
スペア交換は、一番若手のパパが
IMG_1762_convert_20130720101838.jpg
あまりにも楽しいハプニング且つ、御一行様には本来あってはならないハプニングだったので、夕張社長がサプライズとして仕込んでいたのではとゆうヤラセ説も浮上しましたが、そんな社長さんではありません
とっても真面目な方で、一生懸命北海道での御一行様のお世話をされていました

そんな楽しい思い出ができた御一行様・・・
一つになったのはその時だけで、基本バラバラ。
IMG_1770_convert_20130720101910.jpg
帰った人、はぐれた人、どっか行った人、、、気づいたら、半分ぐらい居ません
『ケーキが有名なの』一人の社長さんが言ったことから、ルタオにご案内することに。
日頃は激務に追われている社長さんたち、とってもリラックスして色んなお店でお土産選びを楽しんでいらっしゃいました
一番若手のパパはこんな時はいつもまとめるのに大変なのですが、今回はパパと同い年の新人さん、そして何と言っても夕張社長がいらしたので、パパもリラックスさせてもらい、新人さんが大変そうに走り回り、夕張社長が頭を悩ませ、頑張っておられましたが
胃が引き裂かれそうなんやろな・・・夕張社長
御一行様、ぜひ神戸には来ないでほしいな・・・

今夜も札幌で宿泊される御一行様とお別れし、私たちファミリーは同じ小樽内の今夜のお宿へ

ホテル近くの展望台。
IMG_1774_convert_20130720113426.jpg
チャイルドシートから解き放たれて、ただただ走りたい

北の果ての海に来た感じが、やっとしました
CIMG3143_convert_20130720113134.jpg

灯台が見える、、、ああゆうとこボンと一緒に行きたいけど、パパは行ってくれないのよねーる
CIMG3145_convert_20130720112748.jpg
対岸に街が見える

ズーム
CIMG3147_convert_20130720112757.jpg
パパはロシアだって言ったけど・・・石狩かなぁ

今夜のお宿、ホテルノイシュロス小樽
CIMG3148_convert_20130720113143.jpg
岬に建っています

高層階の和洋室を予約
CIMG3153_convert_20130720112827.jpg

CIMG3154_convert_20130720113153.jpg
結構古くてレトロ。。。。


部屋からの眺望
CIMG3158_convert_20130720112843.jpg

部屋専用の展望風呂
CIMG3164_convert_20130720112917.jpg

お風呂から眺望
CIMG3161_convert_20130720112853.jpg

船もいない、見渡す限りの海
CIMG3162_convert_20130720112905.jpg
高層って5階かよjumee☆faceA193Ljumee☆faceA193R2て感じやったけど・・・でも、2階じゃ見えない景色デシタり

ここのホテルはこの展望風呂と夕日が自慢

部屋のレトロだけどキレイなドア。
CIMG3150_convert_20130720112812.jpg
夕陽が差し込むと、、、、、

こんなことになるらしいんだけど・・・
5904_623860654293512_2079393236_n_convert_20130720125257.jpg
生憎のお天気。

お風呂でも夕陽を眺め、、、
img_location_thumb01_03_convert_20130720125905.jpg
こんな感じのつもりでしたが・・・残念

ホテルからの夕日は本当にキレイなんだって。。。
474821_470649586354407_70452534_o_convert_20130720130258.jpg

964087_616274801718764_63439476_o_convert_20130720130312.jpg

965462_470649549687744_1802711250_o_convert_20130720130334.jpg

1014861_616274841718760_1414318068_o_convert_20130720130344.jpg

img_location_thumb01_01_convert_20130720130412.jpg

img_location_thumb01_19_convert_20130720130420.jpg

965384_470649609687738_1806705902_o_convert_20130720130320.jpg
日本の果てで見る夕陽・・・神秘的やったんやろうな
またいつか、見に来たいな

月もキレイなんだそう
1133_623382364341341_2063391467_n_convert_20130720125243.jpg

1039586_623383814341196_1908308088_o_convert_20130720125320.jpg
行き慣れた日本の南の果て沖縄とは正反対の空気、匂い、雰囲気・・・
そんな日本の北の果てを思うように堪能はできなかったけど、雰囲気は味わえました

ボンと部屋の展望風呂に入ったあと、ディナータイム
CIMG3168_convert_20130720113217.jpg
お皿の濃い青が、空と海の濃い青のようで胸がトキメキました

ママはこの日のディナーを楽しみにしていましたル
CIMG3179_convert_20130720113300.jpg
美味しいワインを飲むって決めてたし

でも、いつものように・・・出たっ パパの傍若無人
CIMG3169_convert_20130720113234.jpg
『どうせこんな果てのホテルの飯なんか美味ないねんから、昨日行った居酒屋連れて行ったるやん
昨日行った居酒屋・・・札幌のですかぁ
海以外に何もないこのホテルで、何もしないでゆっくりしたかったのに、高速飛ばして40分・・・札幌ですか
いやいや、傍若無人って言ったら悪いのは分かってる
せっかくやから、自分が食べた美味しいものを私にも食べさせてあげたいと思ってる気持ちはよく分かる。
いつも思ってくれる、良いところです
でも・・・なんか・・・・・なぁ
しかも御一行様とのお付き合い、私はメッチャ疲れる訳やし
ホテルでゆっくりとじゃ、まるで真逆のお接待やん
でもそんなお付き合いがとっても大切なこと、よーく理解はしています。。。

そうこうするうちに、昼間の御一行様たちからも来いよ来いよと電話がかかり始め・・・
結局、ホテルのディナーを食べたあと、札幌へ向かうことに
テーブルに料理が残っていてもいいから、可能な限りのスピードでサーブして下さいなんて、非常識なお願いを4
私が店員なら、オードブルからデザートまで、一気に全部持って行ってやるけど。
でもそんなことしないで、何度も見に来ては本当に可能な限りでお皿を入れ替えて、お料理を入れ替えて、心づくしの対応をして下さいました
CIMG3187_convert_20130720113352.jpg
まぁ、ボンがジッとしていられないから、どのみち助かったっちゃ~助かったケド

そのお料理は、、、

一口のお楽しみ、桜海老と赤玉葱のピクルス、初夏の野菜添え
CIMG3178_convert_20130720113247.jpg

道産帆立と黄色ズッキーニ・グリーンアスパラの林檎ソース、アンディーブのアクセント
CIMG3180_convert_20130720113311.jpg

積丹産平目の炙りと魚介類のスープ仕立て、コリアンダーの香り
CIMG3182_convert_20130720113320.jpg

低温ローストした赤井川産ホワイトアスパラと温野菜、新玉葱のソースで
CIMG3183_convert_20130720113331.jpg

新冠産黒豚肩ロース肉のロティ、「エントラニャブレ」でマリネした野菜を添えて
CIMG3184_convert_20130720113341.jpg

道産イチゴのグラス仕立て・黒ゴマアイス・抹茶風味のガトー、3種のハーモニー
CIMG3189_convert_20130720113402.jpg
これに、焼きたてパン又は仁木町 寒河江さんの減農薬米
有機認定コーヒー又は紅茶

こんな果てのホテルの飯・・なんかじゃなくて、決して掻き込んで食べるような粗末なお料理ではありませんでした
ジックリ味わって楽しんで食べたかったです
私たちより先に食事をしていたテーブルの人がまだスープを飲んでいる時に、私たちは紅茶を飲んでいましたからね

ゆっくり食べたかったけど、このあと札幌に行くことを抜きにしても、この人の限界も近く・・・
CIMG3190_convert_20130720113411.jpg
レストランのスタッフさんがオモチャを持って来てくれたおかげで、なんとかギリギリ暴れずに助かりました

そして札幌すすきのへ急ぐ

わぁ~~~おりッ すすきのだぁ
IMG_1785_convert_20130720130401.jpg

社長さんたち、既に出来上がってる
IMG_1036_convert_20130720125437.jpg
中には、パパを執拗に風俗に誘う社長さんがおられて・・・
毎年恒例の沖縄旅行や、しょっちゅうある東京出張の夜もそうなんですが、風俗組と飲み組に分かれるんだそうで
風俗って、好きな人と嫌いな人が真っ二つなんですね。
みんな風俗が好きなんだと思ってたけど、意外に潔癖な人は多いんだそうで、ウチのパパが行かないのは、あんまり興味がないのにお金がモッタイナイからだそうで・・・確かにね
パパといつも行動を共にしている社長さんたちは、潔癖な類だそう。
浮気とか浮気じゃないとかはともかく、キモイし不潔やし、第一パパの言うようにお金の無駄遣いなので、行かない人で良かった
でも、その執拗に誘う社長さんが・・・
『いつもどんなに一緒に飲んでも、どんなに仲良くしても、最終的なお付き合いを絶対に断わられるんです~お願いします~許してあげて下さい~どうにかなりませんか~』と、泥酔状態で私の所へ
昼間はボンにまでお名刺いただいたりして、物腰やわらかく、とっても爽やかで、御一行様一番の紳士で、すごく印象良かったのに
でもキライじゃないです
めっちゃ面白い
私が最終的なお付き合いにご一緒したいぐらい楽しかったデスア
ホテルでゆっくりしたかったけど、業界のお付き合いを大切にして良かった

それに、夢のように美味しいもの、ご馳走になった

念願だった、うに
IMG_1035_convert_20130720125421.jpg
プチプチでいて、とろけるクリ~ミ~な幸せの味

こんな食感の食べ物、食べたことがナイ毛蟹の刺身
IMG_1037_convert_20130720125503.jpg
舌の肥えた社長さんたちも、大絶賛でしたり

きっと関西ではそうそう食べることのできない、ホッケの刺身
IMG_1038_convert_20130720125523.jpg
お味は淡白なものでしたが、絶対に食べたいと思っていたので、大満足

毛蟹の、刺身部分以外の部分を、蒸しにて
IMG_1041_convert_20130720125557.jpg
カニみそサイコー
他にも美味しいものを頂きましたp

ボンが終始寝ていてくれたので、食事を堪能できたのかなぁと思いきや・・・
IMG_1040_convert_20130720125541.jpg
心中、外食中に暴れられたら食べたか食べてないかも分からないぐらいになっちゃうけど、こうしてボンが寝てる間に美味しいもの食べる方が、私はイヤかもって思いました
普段はいいとして、せっかくの旅行だからやっぱり、できたら一緒に美味しいもの食べたい

そしてこの席がお開き
御一行様が二軒目に移動するこの折に、私たちは失礼させて頂くことに。
風俗社長にかなり引き留められて、お別れが寂しかったのですが、変な汗が出ると言ってタジタジしている社長さん数名と、そして『夫婦だから、分かってあげてよ』と最後になだめてくれた、私の業界ナンバー1大好き社長、だっぺ社長の一言で、御いとますることに成功
風俗社長、何度もエレベーターに挟まれながら引き留めてくれたこと、全然迷惑じゃなくて嬉しかったでーす
でも、さすがのうご社長も、嫁の目の前で風俗にお供するようなことはないと思いまーすル
まぁウチは、風俗=離婚ですけど
そんな風俗社長、今夜も一人ですすきのの歓楽ストリートに消えたそうです。
自分のダンナだったら許さないけど、なんか男の人って、そうゆう楽しみがあって羨ましいです
こうゆう出張の打ち上げのあとなんかにみんなで集まって行くのって楽しいでしょうね
女には絶対にないことなので、純粋に羨ましいデス
今晩は一人で行くしかなかった風俗社長は可哀想だったけどね

さて、うごおまはホテルに帰る前に、すすきの交番を社会見学
IMG_1048_convert_20130720125616.jpg
私も、お酒飲んで訳分からんこと言いに行ってみたいなーハ

そうして小樽のホテルに戻り・・・
真っ暗でなんの灯りすら見えない海、空・・・ただただ黒一色
でもつまんないんじゃなくて、果てでしか見られない、めっちゃ贅沢な黒一色
波の音だけを聞きながら、お風呂で晩酌
そのうちイカ釣り漁船のような船が何隻か出てきて、これまた北海道風情を楽しめました

天候や移動時間の為に、なかなか思い通りにならない今回の旅。
更に今日は同業の社長さんたちに囲まれて緊張の多い一日でしたが、元を正せば丸々プライベートな旅行ではなく、仕事に便乗したついで旅行なので、こんなことがあってもいいかな~って思いましたp
私も部外者ではなく関係者だから、業界のお付き合いができて良かったのかもしれません
そうゆう意味で、とても充実した一日でした



スポンサーサイト
21:01  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/1195-a15ad085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。