2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.02/03(Sun)

追儀式

長田神社の節分『追儀式』に行ってきました
CIMG1035_convert_20130214132909.jpg

CIMG1036_convert_20130214132935.jpg

鬼が松明を振りかざして儀式をしています。
CIMG1048_convert_20130214132956.jpg

コワイやろうなぁ・・・
CIMG1047_convert_20130214132945.jpg
てか、泣かす為に来ましたっ

この太っちょ赤鬼はマジでコワイぞ~~~
CIMG1058_convert_20130214133016.jpg

松明を振りかざして~~~~~
CIMG1063_convert_20130214133028.jpg

うりゃっ
CIMG1064_convert_20130214133041.jpg
参拝客の頭上に燃えた藁を振りかけます。

この鬼はこの鬼で、生々しくてコワイね。。。
CIMG1067_convert_20130214133051.jpg

歩いてきて~~~
CIMG1080_convert_20130214133102.jpg

振りかぶって~~~~~
CIMG1081_convert_20130214133112.jpg

うっりゃあ~~~~~~~~~~っ
CIMG1082_convert_20130214133342.jpg

ベソかきました~~~大成功
CIMG1083_convert_20130214133210.jpg
ママが子供だったらもっと泣くと思うよ

結婚前、長田神社のめっちゃ近所に住んでたけど、こんなのあったの知りませんでした。
知ってても、間違いなく行かなかっただろうけど。
ボンのおかげで、初めて節分の行事を見たい気持ちになれたよ
なかなか趣があって良かったです、、、豊かな心を有り難うア
CIMG1087_convert_20130214133223.jpg
この追儀式は豆まきとかはなかったんだけど、鬼が踊って災いを祓う儀式のようです。
けっこう歴史深いそうなので後に補足をつけておきます
なんと、18時頃までやってるんだってり
来年は遅くに行こうかな~

引用した補足の文中にもありますが、なにとぞ清々しい年を迎えられるように鬼さんお願いしますよー
災いなんて、アッチ行け~どっか行け~二度と関わってくんなよー

補足

神戸市長田区長田町の、長田神社では毎年二月三日の節分に、古式追儺式(こしきついなしき)が行われる。長田神社追儺式のオニは、神々のお使いとしてのオニであり、神々に代わって全ての災(わざわい)を追払い、清々しい良い年を迎えることを祈って踊り廻る。
 この神事の起源は、鬼面、太刀等の製作年代や古文書により、室町時代(約650年前)にはすでに現況の様な形で行われており、古い形態を今日に伝える貴重な神事として、昭和四十五年兵庫県の無形民俗文化財に指定されている。
 追儺式には、太鼓と法螺貝(ほらがい)に合わせて、麦藁(むぎわら)で作った松明(たいまつ)を持った一番太郎鬼、赤鬼、姥鬼、呆助鬼(ほうすけおに)、青鬼、餅割鬼、尻くじり鬼の七鬼のオニが登場する。参拝者は、オニの使った松明を、家の軒下や、玄関先に吊るして一年間の災厄除けとしている。
 この追儺式のオニの面は、傷みが進行している為、神戸市教育委員会の依頼により、神戸市在住の能面師・鈴木能仁、楠本能白、坂口裕子により、昭和六十一年から復元が始められている。現在までに、姥鬼、赤鬼、青鬼、呆助鬼、餅割鬼の順で、五鬼のオニの面が復元され、すでに追儺式に使用されている。残りの尻くじり鬼、一番太郎鬼の面は、平成一二年三月迄に完納される予定。復元されたオニの面の中には、伊勢神宮の檜の古材が使われているものもある。また、餅割鬼の原木寸法は、能面をはるかに越えた、縦35cm、横35cm、奥行30cm、といった大ぶりの木である。
 この豪快で迫力のあるオニの面の復元は、能面師がノミと小槌(きづち)を持ち、檜にむかって全身で打ち込み、たたき込んでいくという力仕事で、室町時代の彫刻の醍醐味を存分に、味わうことが出来る。





スポンサーサイト
05:34  |  お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/1068-45f0ee1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。