2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.12/05(Wed)

アートアクアリウム

昨日の同窓会の帰りのコト。。。

大丸心斎橋店で開催中の、、、
梅の花 アートアクアリウム展
大阪・金魚の艶

DSC01494_convert_20130104020552.jpg
に、行ってきました

禅アクアリウム (日本画水槽)
DSC01477_convert_20130104020521.jpg
日本画に描かれる金魚をリアル額縁で表現しているそうです。

ボンは指差したり、、、
DSC01474_convert_20130104024315.jpg

水の中の世界に吸い込まれそうなほど覗き込んだりして、、、
DSC01476_convert_20130104024339.jpg
ジッと観察しては喜んでいました

金魚コレクション
たくさんの品種を一作品づつ観賞できるように設けられたスペース。
DSC01485_convert_20130104020531.jpg
通路づたいに壁から飛び出した水槽に、金魚が妖艶に映し出されるよう
色とりどりのライトアップがされています。

DSC01487_convert_20130104020542.jpg

DSC01481_convert_20130104024350.jpg

DSC01491_convert_20130104024412.jpg

DSC01493_convert_20130104024424.jpg

一つ一つ覗き込む訳にはいかないぐらいはしゃいでたから、
一つ一つ写真も撮られなかったけど・・・
DSC01489_convert_20130104024400.jpg
好奇心は絶頂にくすぐられておりました

あらゆる所に金魚の絵がありました
DSC01498_convert_20130104024437.jpg

屏風ビョウブリウム (屏風水槽)
DSC01502_convert_20130104020602.jpg
水墨画風の映像を背面に投影し、その前を金魚に泳がせ影を映すことで、
水墨画映像に動く金魚を加えたバーチャルリアリティ。

これ、一番見たかったんです
DSC01509_convert_20130104024448.jpg
金魚たちには狭くて可哀想だけど、究極に日本的で、凄くキレイでしたk
家に欲しい

場内、見る角度によっては色んなアートが重なったり反射したりで、
DSC01511_convert_20130104024459.jpg
神秘的でした

フラワーフラワーアクアリウム(花瓶水槽)
DSC01515_convert_20130104024521.jpg
水槽の中のアクアリウムディスプレイと水槽の外に飛び出すフラワーアレンジメントの競演。
花瓶と水槽のコラボ作品だとゆうことですが・・・

こうゆう水槽を作るガラスの技術は凄いんだろうけど、、、
DSC01517_convert_20130104024532.jpg
そんなに見た目の華やかさや凄さは無かった・・・

金魚
DSC01518_convert_20130104024543.jpg
ヴェネツィア最高峰ガラスアート工房Veniniと
アートアクアリウムプロデューサー木村英智さんのコラボ作品。
それ自体が金魚に見える、まさに『金魚鉢』なんだとか。
うーん、、、これもイマイチ分からなかった

アンドンリウム (行燈水槽)
DSC01520_convert_20130104020910.jpg
日本の伝統照明、行燈の側面にレースを施し、中に泳ぐ金魚が複雑な影を織り成すアート。

興奮して登っちゃいました
DSC01563_convert_20130104025057.jpg
そんなボンを止める手、、、エリたんです
同窓会から一旦帰り、次女のナンカちゃんを保育園に迎えに行ったあと、
また来てくれたんです

花魁 (巨大金魚鉢)
1000匹の金魚が泳ぐ世界最大級の金魚鉢。
江戸の遊郭を表現しており、乱舞する金魚は花魁とそれを目指す女達を表しています。
七色に変化するライティングは、江戸花街の艶やかさを演出しています。
だ、そうで、これがメイン水槽になります
DSC01525_convert_20130104024604.jpg

DSC01526_convert_20130104024615.jpg

DSC01521_convert_20130104020640.jpg

DSC01556_convert_20130104025244.jpg

DSC01557_convert_20130104025024.jpg
凄くキレイなのに加え、和風の躍動感のある、太鼓ベースの音楽が流れていたので・・・

目を離したスキに居なくなったボンを会場の外まで探しに出て戻ってくると、、、
舞台に上がって踊って取り押さえられた後でした
DSC01555_convert_20130105180743.jpg
悪い顔しとるわ・

プリズリウムNo.12 & No.18
屈折効果がマジカルな視覚をもたらす多面体アクアリウム。
巨大な12面と18面体の2種の水槽は、水槽内部に映り込む魚の群れと、
照明に投射された映像が乱反射してプリズム効果を生む作品。
DSC01533_convert_20130104020711.jpg

DSC01547_convert_20130104024951.jpg

DSC01546_convert_20130104024934.jpg

DSC01545_convert_20130104024925.jpg

DSC01551_convert_20130104025002.jpg

DSC01552_convert_20130104025013.jpg
これが一番キレイやったカモ

たぶんコッチがNo,18やと思うけど、笑う金魚
DSC01542_convert_20130104020723.jpg
めちゃ可愛かったト

カレイドリウム (万華鏡)
横長水槽の側面に三角形のレンズが埋め込まれ、万華鏡になっています。
レンズの向こうを金魚が泳ぐと、万華鏡を回しているように見えます。
DSC01528_convert_20130104020656.jpg

DSC01532_convert_20130104024915.jpg

DSC01569_convert_20130104025109.jpg

時にはこんな色にもなるから、金魚さん可哀想やけどね
DSC01529_convert_20130104024752.jpg

さすがに写りませんでしたが・・・・・
DSC01560_convert_20130104025035.jpg

雰囲気だけは、こんな感じで
DSC01562_convert_20130104025047.jpg

これが最後の作品でしたが、、、
ボンは知らないお兄さんにダッコしてもらって、長いこと見とれていました
生き物だから、金魚さんには可哀想なこともあると思うのですが、
こうゆう展示をボンと見に来て良かったです
ボンの脳や心に、新鮮な刺激があったんじゃないかなーって思います
豊かな感性を育ててあげたいから、こうゆうもの見るのは良いデスね
なんの素敵な感性も持ち合わせていない母おまたんにできる、唯一のことです汗03

子供に学習させながらの、いつものように楽しいおデートでした


そしてココ以降はオマケ

全然関係ないケド、、、
カウンターテーブルがベビーチェアって・・・イイよね
DSC01472_convert_20121231013821.jpg
これだけ大きくなって自由に動くボンでさえ、脱出させないこの抜群のホールド性がタマラナイ
家にあったら助かるなぁ~~~
大丸心斎橋店ベビールームにて。。。

そして帰り、ベビーカーに乗ってご満悦のボン
DSC01575_convert_20130104025148.jpg
2歳2ヵ月やけど、デカイからべビーカーに乗ってるのが変やな、、、可哀想に汗03

なに見てるの
DSC01573_convert_20130104025124.jpg
それアタチのなんやけど・・・

我が物顔のボンに、ナンカちゃん、固まってしまいました
DSC01574_convert_20130104025137.jpg
ゴメンネ、、、ボンは数回しかベビーカーに乗ったことないから、珍しかったみたいで・・・
貸してもらって有り難うねト
それにアートアクアリウムに付き合ってくれて有り難うト
楽しかったわぁ~~~

・・・・・と、いう昨日のお話でしたが、、、
今日は疲れてグッタリ家にいたので、今日の記事に書かせてもらいましたぁ~ル
オススメなので、1月21日まで、どうぞ行かれてみてはいかがでしょうふ



スポンサーサイト
18:21  |  お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/1033-9832d385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。