2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.11/27(Tue)

ぼーじゅ

幼稚園で、また変化あり
初めて泣かずにバイバイしてくれた
ちょっとベソかきかけてたけど、今日はいつもよりたくさん集まっていたお友達のやってる遊びに気を取られ、なんとか泣かないままバイバイふ
2時間後に迎えに行くと、とびっきりの笑顔で両手を広げて走って来てくれ、抱きついて、『ママっきっきー(好き好き)ハ』て、ぎゅーぎゅー抱きしめてくれましたア
ママ、嬉しくて嬉しくて
プレ幼稚園に行かせること悩んでた時、すくすくの先生に『次会った時にボンくんと最高の笑顔で向き合う為の離れる時間だと思いなさい。』と言われ、凄く納得した。
だけど、いつもボンが最高の笑顔で迎えてくれてる
ママだって会いたくて会いたくて、最高の笑顔で迎えに行くんだけど、それ以上にボンが新しい気持ちで接してくれるから、ママも新しい気持ちにさせてもらえてる
なんか、いつも与えてもらってばっかりで申し訳ないなぁート

そしてボンは更に与え続けてくれる

ブレまくって踊っているボンですが、、、
DSC01203_convert_20121216100329.jpg
これは、ずーっと前のこどもちゃれんじの教材のCDを見つけたボンが、DVDと思い込んで、『明日にしなさい』と言うのも聞かずに、ゴテまくって自分で再生して、映像のないのに戸惑いながらも踊っている写真なのですが・・・

ホントは、再生してイキナリこの顔だったのよ
DSC01204_convert_20121216100348.jpg
『えっ』てなってるその理由は、流れてきた曲
『ぼうず ぼうず ひざぼうず~
ボンは『ぼうず』がコワイんです
なので、伴奏もない突然の『ぼうず ぼうず ひざぼうず~』に、ママでさえ一瞬ドキッとしました

さて、『ぼうず』・・・とは何か
元は『てるてる坊主』でした
甥ニィが新聞で簡単に作ったコレが始まり。
CIMG0269_convert_20121224125524.jpg
ボンは『これ怖いぞ~』と言って見せると、怖い物として認識してその後も怖がってくれるので、その点は楽っ
こんなものでさえ怖がってくれるのだから

しかもその後は、ナニで、どんなに雑に作った『ぼうず』でさえ、怖がってくれる
ティッシュ、ガーゼ、服、、、
そう、先端をつまんで丸めて親指と人差し指でクッと握れば、いつでもドコでも『ぼうず』の出来上がり
誰の言うコトも聞かないワルガキのボンも、コワイ『ぼうず』の言うコトならなんでも聞きます
ボンには可哀想ですが、外出先などでは『ぼうず』に大変お世話になっているのですよ
とは言え、ボンも最近は慣れてきて、自分でも容易く『ぼうず』を作成し、大人たちに向け『これ、ぼーじゅや』と言って怖がらせてきたりするようになりました
CIMG0267_convert_20121224125447.jpg

ただ、そんな矢先、、、
昨日の『しまじろうのクリスマスキャンドル』のコンサートに出てきた雪だるまが、首から下が普通にてるてる坊主だったので、ボンは本物の『ぼうず』だと思ってしまい・・・
一時、笑顔を失って微動だにしなくなった場面があったりしたのです
それでチョット、自分で『ぼーじゅ』を作って大人たちに見せてビビらせるなんて調子にノッて、『ぼーじゅ』に対して親近感さえ覚え始めていたこと、そんな場合じゃなかったーって、再び怖くなってしまったボン。
そこへの、突然のこのCDだったのです

まぁなんとか気持ちを取り戻して『気のせぇや、ぼーじゅはコワくない』と自分に言い聞かせながら、はたまた自分を誤魔化しながら頑張ってるみたいな顔して踊り始めましたけどね
DSC01201_convert_20121216100314.jpg
色んなもの怖がって、ホンマに面白いなぁ~に
そんなネタで毎日笑いを与えてもらって、ママ、ボンには本当に幸せにしてもらってるな~
ただの『てるてる坊主』の出来損ないで、こんなにお腹痛いほど何ヵ月も笑わせてもらえるなんて、本当に幸せよ
ママも負けないように、ボンに与え続けるからね~~~


幸せだけど・・・最後に、、、大人の話。
国の政治の迷走には、国民と言えども付き合いきれない感情でおりますが、乳幼児等医療費助成制度も迷走しているのですか
ウチの場合は、ボンの1歳の誕生月である9月末日で資格を喪失するので、受給者証を返却するようにと区役所から通達がありました。
でも、会社の従業員さんたちは、1歳を超えても尚、証明の書類を取り付けに来るのね。
『なんで私、なんかドコかでミスったl
そして誕生月の近い友達に聞いてみる。。。。。
一人はまだ受給中で、無料ではなくなったけど、800円がどうのこうの・・・とか、なんか分かりにくい話。
特に申請はしなかったけど、1歳の誕生月に合わせて、無料ではなくなった新しい受給者証が送られてきたらしい。
どうりで、病院に行くたび『受給者証はお持ちですか』と聞かれていた訳だ。
『もう1歳超えてんからナイに決まってるやん。医療事務しとってそんな事も知らんのかぁ~』と思っていたけど、無知だったのは私だったのねt
乳幼児等医療費助成制度は2歳児に対しても適応があったのね・・・知らなかった
これは郵便事故に違いないむ
今までの医療費、返還してもらわなきゃ
意気揚々と区役所に電話
『1歳を超えても医療費の助成が受けられる制度を知らなかったんですけど。ウチには受給者証が届かなかったんですけど
そして聞かれるままに名を名乗り、住所等必要事項を告げると、しばしさえも待たないうちに・・・
『所得制限がかかっているので受給資格を喪失されてますよ。』アッサリ
なんや・・・そんなんあったんや・・・・・
そんなに給料もらってないのに、会社の保険やなんやかんやの都合で、そうなのか・・・なんか損してる
損してるけど、今まで無駄に損してたんじゃなくて、それはちょっと安心したような・・・
何を言ってるのかサッパリやけど・・・でも、区役所に電話して恥ずかしかったぁ~
人の非を責める前に、まず自分の非を疑うようにといつもパパに叱っているのに・・・
あー恥ずかしい

そんな思いをしてから数ヵ月。
今度は、所得制限の緩和をしたから、『今ならアナタも受給できるカモ』みたいなお知らせが、申込書と一緒に届いた。
申込書は入ってるけど、単純に計算すると、それでも制限にかかってしまう計算になったような・・・
ちょっと難しい内容だったのだけど、小規模共済の掛金とか、そんなものも所得の対象外にしてくれるらしいことが書かれてあったので、もしかしてウチみたいな会社向けカモ・・・と期待しつつもダメモトで申請してみた。
ら、今日、乳幼児等医療費受給者証が届いた。
なんだ、計算方法がよく分からんけど、とにかくまた病院代がタダになって良かったj
ハナから取り上げるなっちゅーのル
何を迷走しとんねん
・・・と、思ったら、なんで
なんで、6月末日までですかぁ
誕生月の末日までにしえくれんかいな6
保険の締め切り月かもしれないけど、そうゆうんじゃなくて、2歳児に対してキッチリ助成したらいーじゃないぅ
なんか、じゃあたったの半年間だけ~
いや、税金が投入されている訳だから、100円であろうとも感謝してますよ9
それに対して文句言いたいんじゃなくて、なんか、アンタ終わりやの、また出したげるわ、でも自分で申請し直してね、だけど出したげるのは半年間だけね、あとはまたアンタは自腹に戻ってね~って、なんでそんな中途半端
せめて申請し直しとかしないで、アッチでやってほしいケドね。
最初に、所得が超えてるって言って、受給者証返せって言ってきたの、アチなんだから。
所得を把握してるんだったら、緩和されたらされたんで、黙って送ってきてくれたらいいのに。
それでもまだ所得が超えてるって計算間違いして申請しなかったら、受給できなかったってことでしょ
税金だけど、私たちも納税してるし、なんなら2歳からも継続して助成を受けてる世帯よりもたくさん納税してるってことになるんだし・・・・なのに、不公平よねー
とか、言ったらアカンのやけど・・・・・
はっきり、シッカリしてほしいなー



スポンサーサイト
10:02  |  育児  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ugooma.blog54.fc2.com/tb.php/1004-73d07b92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。