2010年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08/31(Tue)

残念なお知らせ

10.8.31(TUE)

昨日は全員死んだように疲れていました・・・のは言うまでもありません

さて、8月も今日で終わり。
今まで何度も言ってきましたが、体外受精だった為に移植の5日後には薄い陽性反応を確認して、妊娠の事実を知っていたおまたん。
本来ならまだ生理予定日でもナイ頃から妊娠が分かる訳ですから、人より余分に長く待つ事になります。
(個人の気持ちの問題なので一概には言えませんが)
で、アッとゆー間やでて言ってくれたルミルミたんに、桜が咲いて散って梅雨が来て明けて盆が来て明けてとかグチグチ言ったんだ・・・て話。
まだ保育園に行っていた甥っ子が小学生になって、夏休みになって夏休みが終わってからやっと予定日やで・・・とかも思っていましたが、当時そのまだ小学校にも行っていなかった甥っ子の夏休みは今日で最終日を迎えました。

そんな夏休み最終日の今日、39w2d、もう最後かもしれない妊婦検診に行っていました妊
本来ならもう最後、いや、もう最後にさせて下さい

今朝、またお腹の激痛で目覚めました。
お腹だけでなく腰とお尻と太ももも激痛で、座ったり転んだりしながらオッサンのような声でうめいていました。
うごたん、今朝は大事な用事があるので行かせてあげなアカンのに、『病院行けるんか』の言葉に『病院になんか行ける訳ないやろ』と言ってしまいました
おまたんが運転してウロウロしている事をルミルミたんや浜ったんに危ないと言われて、ルミルミたんに至ってはうごたんの留守中の心配までさせてしまって事実上の迷惑をかけているので、次の検診からは自分が運転して連れて行くわーと言っていたのに、急きょ行けなくなったのが昨日分かったうごたんですから、ただでもバツが悪く・・・そんな時に更に放って行くか、大事な用事をキャンセルするかを選ばなければならない・・・
結局、『段取りだけしてスグ帰ってくるわ』と飛び出して行ったので、『もう治ったから病院行く』とメールを入れて出掛けはしたのですが・・・
起きぬけのように歩けへんほど痛くはなく、座ってるのがやっとなほどでもないのですが、普通の顔では座っていられないぐらいの痛さのまま病院へ。

いつものように採尿と血圧測定を済ませたあと、予診室に呼ばれて体重測定。
腹痛で切羽詰まっている時になんなんですが、指輪を外す事で家の体重計では0.1kg減る事が判明したのですかさず実践
もう後がないので、ノーブラで更に軽量化。
甲斐あってなのか関係ないのか、病院の体重計の方が精巧なようですが『0.6kg減ってるけど体調どうですかル
『いえ、変わりありません
変わった事と言えば、指輪外してノーブラで来た事ぐらいですア
一昨日エリママがケーキを持ってきてくれたので昨日と一昨日で食べたのと、外食とかバーベキューとかが気になっていたのですが、指輪とブラジャーで事足りるほどだったので良かったですは
最悪、帝王切開の日取りまで今日決められたりして・・・とか、恐れてはいながらの不摂生だったので
で、腹囲と子宮底長を測って、先週から検査に加わったNST(ノンストレステスト。赤ちゃんの心拍数やお腹の張り具合を体勢ごとに時間を追って計測します。)は本来は別室でするのですが、本日は満床の為この予診室でそのまま。
なので、助産師さんとたくさん話す事ができて儲け

ですがココで残念な第一弾
変わった事とか気になる事とかないかと聞かれ、先週の『おしるし』について聞いてみました。
ル『それから一週間何もない訳だから、内診の影響の出血かもしれないですねぇ。勿論おしるしから何週間も経って陣痛がくるケースもあるから、おしるしの可能性もあるし、こればっかりは先生にも分からないんですよ。』
お騒がせした皆さんゴメンナサイ
『おしるし』ではなかった可能性がありますぅ

そして残念な第二弾
自分ではもう日に日にお腹が下がっていっているのが目に見えて分かるし、胎動もだいぶおとなしくなってはきたのに、エリたん親子に『もっとお腹下がらなアカンわー。飯食ってオエ~ゆうとるようではまだまだや来週王子動物園行こうぜ~歩いて下げれい』と言われました。
二人目の時、予定日を過ぎても陣痛のこなかったエリたんは、王子動物園を歩いて翌日に出産したそうなんです。
うごたんと毎晩眺めては『めっちゃ下がっとんなぁ』と言っていたのに・・・
もっと下がらなまだまだやなんて、そんな気の狂いそうなこと言われてやったのですが・・・
ル『そうねぇ・・・まだチョット上の方に居るかな。完全に骨盤の中に入っちゃうと、もっと動かないから。まだ上の方で動いてるもんねぇ。』
で、慰めか気休めか普通なのか、、、
ル『それもね、そう言ってても今日生まれる人もいるし、ホントに教科書通りじゃナイから先生にも誰にも分からないのよ。』
たぶん今何を聞いてもそんな返答なんやろうし、実際んとこ誰にもそれしか言えんのやろうから、もうこれ以上何か質問しようとは思いませんでした。
今は満床ならそんな時に入院にならずに良かった。。。
うごたんが東京出張から帰ってきてから生まれた方がエエわ。。。
そう思いながら天井を見つめ、赤ちゃんの心音や胎動を聞いてNSTが終わるのを待ちました。
そして終了。
ル『うーん、やっぱりまだ兆候がないかな。一度もお腹張ってないもの。』
『張ってないんですか凄い痛いんですけど。』
ル『検査の間、何回ぐらい痛くなった
『いえ、ずっと痛かったです。』
ル『じゃあその中で特に痛くなる時はある
『赤ちゃんが動いた時は、もう狭いから子宮ごと動いてめちゃめちゃ痛いです。』
ル『うーん、なんで痛いんだろうねぇ・・・先生に言ってみましょうね。』

それから少し待ち、診察室に通され、まず内診。
ここで残念な第三弾
い『2cmほど開いてますが、まだまだ位置が高いです。』
やっぱりまだなのね

診察室に戻り、今日はエコーはナシの日なのでお話だけ。
まずさっきのお腹痛いって話。
い『お腹が痛くなる事はあります。冷えもあるでしょうね。赤ちゃんは元気ですから問題ありません。』
ならいいです
それと、相変わらず逆流性食道炎が酷いので、薬が要るか要らないか~の話。
『赤ちゃんが生まれて治るんだったら、もうスグなんで我慢しようと思うんですけど。』
い『そんな気にするような薬じゃないから吐くぐらいなら飲んで。吐く
『お薬やめると毎食吐きます。飲んでるとタマにしか吐かないです。』
い『じゃあ一週間分出しときます。何もなかったら一週間後に来て下さい。』
この期に及んで『一週間後』・・・それも聞きたくなかったけど、もっと聞きたくなかった残念な極めつけの第四弾
い『予定日を過ぎると週2回の診察になりますからね。』
そんな説明要らんやん
『陣痛が5分間隔になったら電話下さいねい』とか言われたかった
で、予定表みたいなのを見ながら・・・
い『今月の予定日の方がまだ一人だけ残ってますけど、その方が繰り越しても9月はガラ空きですからユックリできますよ。』
そう・・・それなら帝王切開と言わず、ユックリ自然分娩に付き合ってね先生

ベッド数の少ない病院ですが、それでも満床って言うだけあって、今日はひっきりなしに赤ちゃんの泣き声が聞こえていました。
赤ちゃんてちっちゃいのに、どの子も力いっぱい泣いて元気でたくましいブ
おまたんの赤ちゃんもいつまでもお腹の中で居ないで、早く厳しいこの世の中に生まれ出てきなさーいと、思いながら赤ちゃんの泣き声を聞いていました。
ホンマはお腹がもうパチパチなんが辛いだけやったりしてル

やけどどうする
ホンマにもうスグ生まれますよ。親になりますよ。
ここまできておいてなんなんですが、まだナカナカ実感が湧かない
しかも、エリたんの赤ちゃん見て余計に自信なくなったしt
エリたんところは特殊なケースっちゃ~そうなんですが。。。
一人目の時、産後スグに離婚したのもあり、エリママが長女を離さなかったんです。
エリたんて頼りない子なので、エリママが可愛い孫を任せられないとか、父親が居ないからって不憫な思いさせないように自分がカバーしたいとか思う気持ちも当然かもしれんけど、エリたんも頼りないなりにめちゃくちゃマメな性格なので、人より時間はかかっても、たぶんヤル事は頑張ってキッチリやれると思うんです。
それがいつも取り合いのケンカになっていたので、おまたんも『エリたんにさせて、目に余る時だけ手を出すとか助けるとかしたら』と何度も言ったのですが、エリママの答えは『イヤい』で終い。
いつも目に余る・・・のは仕方のない事です。
初めての子育てやし、ましてや頼りない娘がやってる事なんですから。
でもそうして母に、そして人並みの大人になっていくのに、それをその母親が断ってはイケナイよ
そんな言葉にも『私が一生面倒みるからエーねんい』なんて、結局はエリママが長女を取り込み、エリたんは非行に走ってしまいました
そこから時間を費やして少しずつ、時には何度も後退しながらも前進し、やっとまた前の楽しいエリ家に戻り、新しい家族も増えました。
エリママも丸くなりました。
赤ちゃんはエリたんにベッタリで、他の誰にもなつきません。
エリたんがずっと世話をしていて、エリたんがご飯食べるとかお風呂入るとか何かするから誰かが代わりに見とく・・・とゆう事ができません。
全て、赤ちゃんが寝ている間にササッと自分の事を済ませていました。
その姿は見ている誰しもに『大変』に映り、『こないならんよーにせな』なんて、ウチでは勉強させてもらったつもりなのですが、当のエリたんは終始落ち付いていて、全く苦になってない様子。
何をしても泣きやまないので、いい加減にイライラして『何が気に入らんねん』て言っても、『起きたくないのに起きちゃったからと思う』とニコニコ笑っていました。
赤ちゃんて、すんごい理不尽・・・ぅ
エリたんが言うには、長女の時に母親できなかった分、今やっとやり直す事ができて思う存分育児ができるのが楽しいんだとか。
だからなのかなぁ・・・・・・余裕があって、めっちゃ楽しそう。
エリたんの滞在中、高校時代に共通のクラスメートだった浜ったんにもをしました。
今ノイローゼ気味の浜ったんも、エリたんの余裕の子育てっぷりにビックリしていました。
なんで怒鳴らんとおれるん・・・て。
ホンマ、女神様のような優しい顔で育てています。
でも・・・いくら長女を取り上げられていたとは言え二人目には違いないからなのか、余裕があって楽しそうでも、結構『あ、それはそれでイイんだ』と、見てて思っちゃう、女神様の優しい笑顔からかけ離れた事は多々ありましたけどね。
衛生面とか、おまたんがツルツルの脳ミソがシワシワになるほど考えて悩んで・・・てしているのとは別世界な感じがしました
よく聞くけど、ドコもそんなもんなのかな
あそこまで余裕を持って楽しみながらの子育ても、衛生面で多少ピリピリせずに過ごす事も、どのみち今のおまたんには無理そうですが苦
おまたんもそうして大人に、そして母になっていくんでしょうしねっ
とりあえず、そんな日はまだ数日後になりそうですがル

2日の早朝からうごたんは東京出張
3日の早い便で帰ってきてはくれるらしいのですが、今までは1日でも早く生まれてほしかったけど、今は勝手ながら3日の午後以降にしてくださいて感じです
生まれる瞬間は勿論やけど、陣痛の間も一緒におってくれんと絶対にイヤなので。
出張から帰ってきたら赤ちゃんが生まれてた・・・
そんなバカな話はありません
思う存分八つ当たりできる存在だって必要。
その相手がオカンじゃ可哀想やし、やっぱ肉体的な八つ当たりの痛みにも耐久性のある男でないとね
それでこそおまたんもうごたんに感謝し、うごたんも出産の喜びを一入に感じて分かち合う事ができるのですから。
たぶん
そんな事はないとは思うのですが、万が一それでヘコんでいるうごたんをで目撃した人・・・
そっと優しく励ましてあげて下さいねル



スポンサーサイト
20:04  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。