2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09/24(Fri)

祝・退院

10.9.24(FRI)

オッパイの激痛の為、助産師さんとアレやコレやしながら殆ど眠らず朝を迎えました
助産師さんも仮眠できなかったと思います。ゴメンナサイ
オッパイは随分と楽になりました。有り難うございます助産師さんが

朝食です。
DSC00506_convert_20101007221458.jpg
これで、病院で食べる最後の食事。
ピザトーストやり
お粥の代わりに間違って出てきてチョットした騒ぎになったピザトースト・・・
もうずっと前の事のように懐かしく思っちゃう

食事を終え、助産師さんたちにご挨拶をしながら退院準備をしていたら、妹が来ましたり
有休取ってたのを忘れて出勤してしまい、その足で寄ってくれたそうなのですが、ボンちゃんのお着替えに手間取っていたので助かりました

準備が整った頃にうごたんが迎えに来ました。
退院前に、外来で診察中の先生の所に行くように言われて・・・
何かと思ったら、退院の記念撮影でしたメいb
カレンダーを作って下さるそうです。
先生ホンマに写真が好きなんやなぁ~
いっぱい撮ってもらって嬉しい限りです

さて、、、いよいよ退院です
生涯初の妊娠で、胸躍らせて訪れたこの病院。
翌日に流産を告げられ、診察室で泣き、トイレで泣き、駐車場で泣き。。。
それから5回の体外受精を経て戻って来たこの病院。
あの日泣いて去ったきりの駐車場で胸が熱くなりました。
あの日トイレで泣いていた自分の姿が見えるように思いました。
診察室で、やっとあの時の赤ちゃんと、あの日に帰って来たんやと思いました。
そして長い長い妊娠期間を満了しても尚生まれてこない赤ちゃんに会う為に入院した9日前。
今日やっと赤ちゃんを抱いて病院を出ました
今度こそずっと一緒やでっ
あの日泣いていた駐車場で今日はそう思い、やっと抱けた我が子を見てジ~ンとしていたのですが・・・
うごたんはそんな余裕がなかったようです
チャイルドシートに手こずりまくり
DSC00512_convert_20101024030858.jpg
『退院時、初めてチャイルドシートに乗せたら、今まで見たことのない角度で座っている赤ちゃんにビックリしてしまい、チャイルドシートに乗せずに帰宅してしまいました。』て、本に書いてあるの見たんです。
確かに、今までにない角度、ない姿勢、不安になる体勢ですぅ
『寝る』イメージやったのに『半座り』なことにビビった
『今日はヤメとこか』うごたんも言いました。
そりゃそう言うってば チャイルドシート断念におまたんも賛成
そこで『なんでやねん』と妹。
そりゃそうや、なんでやねんjumee☆faceA193Ljumee☆faceA193R2
ベビーカーはスグには要らんけど、チャイルドシートは退院の時にたちまち要るで~ゆうて買ったのに、なんで乗せへんL
アカンアカン
DSC00513_convert_20101024031000.jpg
オヤジの手際が悪いから、もうイヤそぉ~~~
大丈夫かな
たぶん人生で一番緊張しながらの運転やと思います!
家までは短い距離ですが、どんなにか長く感じました。

そんな思いをしながら家に到着し、家の前で記念撮影メ
家の前で3人で笑って写真を撮る日が来るって信じて、それを楽しみにして不妊治療を頑張ったものです。
やっと叶いました絵

で、チャイルドシートにビビっていたうごたんですが、家に入るなり大胆にも爪切りを始めました
DSC00519_convert_20101024031050.jpg
こっわぁ~~~~~~~~~
『爪伸びとん気になっとってん。切ったらな目ぇ傷つける
いや、そーやけど、慣れてる妹にやってもらって、もうチョットしてからやればいいのに、突然ですかー
正直おまたんは苦手なので、うごたんが上手にできるなら助かるけど、普段からガサツなので信用ならん

そんなガサツなうごたんがベビーを抱くのを見るだけで冷や冷やするのが本音やのに、おまたんの心配をヨソに甲斐甲斐しくお世話に励むうごたんパ
DSC00521_convert_20101024031118.jpg
ガサツなクセにイキナリ爪切りやなんて大胆なことされると冷や冷やもんですが、ソォ~っとベッドに寝かせる姿は見ていて微笑ましくもありますふ
パパになったんやな~うごたん顔て、自分がママになった事は実感がないけど、うごたんの事はナゼかしみじみ感じて嬉しく思います。

で、そぉ~~~っと置いたのにギャン泣きア
DSC00523_convert_20101024031154.jpg
イッチョ前に抱き癖がついています
でも今は『抱き癖』なんて言わないらしいですね
泣いてダッコしてもらえる事で欲求が叶えられ、赤ちゃんはそこから信頼関係を築いていくんだそうで、小さいうちだけの事なので抱き癖なんて言わずに泣けばダッコしてあげましょうと、どの本にも書いてあるし、周囲からもよく聞きます。
そぉなんや~と軽く思っていましたが、実際泣かれたら放っておけるもんじゃないですよね汗03
そうしてダッコする事に、抱き癖がつくってモヤモヤしたり、極力ダッコしないようにして泣かせてモヤモヤするよりは、何が正解か分からないけど、信頼関係を築いてるんやと思ってダッコできる方が心穏やかです。
どっちみち正解なんてないんでしょうしね。
実際のところの気持ちとしては、この世の終わりかのように泣いていてもダッコするだけで一瞬で泣きやむ赤ちゃんを見ていると、なんとも可愛いものですブ
こんなことで済むんやったら、そんなに泣かんでも・・・てね
で、ダッコで寝かせてもベッドに置くと泣く・・・
これは結構疲れるけど考え様で、『なんで置いたん分かったん』て思ったら面白い
座ってダッコしてる時に、立ってダッコしろって泣かれる事も、なんで座っとぉとか立っとぉとか分かるねんと思えば面白いことです。
それに、そんなにダッコが好きなんやな~って思えば可愛さも倍増
虐待のニュースが絶えないご時世、母親になってみて『例えば人はこんな時に虐待してしまうのかな』と思う事はありますが、考え方一つで『可愛い』と思えるんじゃないのかなって思いました。
何しても泣きやまない、なんで泣くのなんで泣きやまないのと思う事あるし、それでいつまでも寝てくれなかったらしんどいけど、怒ったり泣いたりするのも、まだ喋れない我が子が自己主張してるんやと思ったら可愛いですけどねぇ。
ウチのチビチビなボンでさえ、大きな声で『う゛ーん゛』て言って、両手をバンザイ両足をピーンと突っ張って怒ったり『イヤ』『要らない』『気に入らない』なんて事をイッチョ前な態度で伝えてきます。
何がイヤなんて困る事もできるけど、イッチョ前にイヤがりやがって~と、笑う事もできます。
伝えてくれて、なんだか会話ができたみたいで嬉しく思う事もできます

イラッとした時・・・
そんなふうに思い直してみてほしいなぁ・・・て、ニュースの中のママ達に思います。
虐待なんて考えられないと思いがちですが、もしかしたら紙一重なのかもしれないですしね。
な~~~んて、まだ子育てで苦労していないおまたんの言うことではないんですが汗03
おまたんは虐待するタイプなんじゃないか・・・と、予てより周囲からの心配が寄せられておりましたが、意外に大丈夫そうですよっ


さてさて、、、退院して家に帰ると家の中はしっちゃかめっちゃかやろうと覚悟していたのですが、うごたんの割りには上出来り
とは言え、ベビーの環境作りから自分の荷物の片付けに始まり、やっぱ家の事もしたいしヤル事はてんこ盛り
産後はユックリしろって指導されるけど、家に帰ったらそうゆう訳にはいかないですよね
入院していてこそできますが、これで上の子供とか居たら絶対に無理やなーって思いました
『無理すんなよ』とか『休める時に休めよ』て言うコイツが忘れていつものように接してきますからねR
子供の世話の合間の休める時に休みたくても、その休める時にアンタの後片付けして回らんとアカンから休まれへんのやけど~
退院当日はそんな感じでバタバタ過ごしたのですが、まぁ今日やっとけば明日から楽かな~とゆう感じで頑張りました

そして、夜にはみんなでお祝いしてくれましたよル
妹がケーキを注文してくれていました
DSC00538_convert_20101024031232.jpg
新しい家族です
オトンとオカンに長生きしてもらいたいと改めて思ったのと、みんな病気やケガをしないで健康に幸せに暮らしたいと思いましたが

そして、今日からこの家でボンちゃんと一緒に居られることの何もかもが楽しみですふ



スポンサーサイト
01:41  |  出産入院~退院  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09/23(Thu)

母乳トラブル!!!!!

10.9.23(THU)

起きてビックリっル
ベッドで一晩一緒に寝ちゃってました
DSC00482_convert_20101021042831.jpg
この狭いシングルベッドで、しかもなんの柵もナイのにベビーを壁側じゃない方に置いたまま・・・ぶ
側で眺めていたかっただけなんです
寝息を聞き、体温を感じ、触れていたかった。
二人っきりの時間は少ないから、誰も居なくてホンマに二人っきりになる静かな夜に、こうしてゆっくりじっくり我が子を感じたかっただけなのです、、、少しの間。
それが、気がついたらこんな事に
自分で思っているより疲れていたようです4
出産、産後間もなく被害妄想で眠れぬ夜、一緒に居られないストレス、そこへ追い打ちをかけたのが向かいの部屋の人の死産。
死産の事は、精神的にかなりきていました。
毎日楽しんでやっているベビーのお世話ですが、確かに寝不足やし、息をしているのかさえ四六時中気にして確認をして神経は常に張り詰めていたし、意外に疲れていたのでしょうね・・・
気が緩んで寝てしまいました

ともかく無事で何よりです汗03
でも・・・目覚めたら横に居る事が、凄く幸せでもありましたア


今日の朝食です。
DSC00481_convert_20101007220911.jpg
そうそうッ これこれっッ やっぱ朝は和食

朝食後、当然今日も沐浴があるんやと思っていたら・・・
『お風呂に入れるんで赤ちゃん預かりますねール』と助産師さんが連れに来ました。
『えっ、私がしないんですか
『こっちでやっとくんでル
うそん・・・そんなんアリなんや
体辛いから助かるけど、昨日あんなに下手クソやったのに練習しなくていいの
それと、連れて行くんええけど早く返してねル
て、お風呂入れてもらっといてなんて言いぐさやjumee☆faceA193Ljumee☆faceA193R2
好きで連れて行くんちゃいますから~仕事ですから~~

望み通り今日はスグに帰ってきました
お風呂前、ボンちゃんはお腹が減ったと泣いていましたが、『先にお風呂にさせてね~ル』と言われたので、帰ってきてからオッパイにする予定だったのですが・・・
『お風呂上りに大泣きしたけど、得意の指しゃぶりしながら寝ちゃいましたル』て、寝て帰ってきたんです。
でもこっちもオッパイ張ってるから、どーにかこーにか起きて飲んでもらおうと、助産師さんに教えてもらった起こし方で色々試してみるものの、やっぱ全然起きないんですよね
口を開けて乳首を入れると勝手に吸うって言うけど、ギュッとつぶって絶対に開けへんしー

仕方ないので断念して昼食。
DSC00483_convert_20101007220945.jpg
今日の昼食、めっちゃおまたんの好きな感じぃ~~~

鶏ももとベーコン、たくさんのお野菜がトロトロに煮込まれています
DSC00484_convert_20101007221012.jpg

コレはトマトの肉詰めで、味付けがめちゃやわらかくて優しかったです
DSC00485_convert_20101007221036.jpg

あぁ~~~満腹い
明日の11時に退院なので、ここでいただく最後の昼食でした。
ご馳走様


夕方、退院の為の診察がありました。
残りの抜鈎をしてから診察。
帝王切開の割には子宮の戻りもイイとの事で、一安心です。
傷の痛みも楽になりつつあるしね
若干の貧血があるようですが、それも回復に向かうでしょうという事で、予定通り明日退院です


そして、最後の晩ご飯
DSC00488_convert_20101007221103.jpg
長かった入院生活も、これでいよいよ最後の夜。
明日から家に帰って3人の生活をするのはドキドキワクワク待ちわびていた事ですが、いざ退院するとなると寂しいものです。
だってさ、四六時中ベビーと居て、自分の身の回りの世話は何もかもしてもらえて、ベビーのできない事もナースコール一つでやってもらえる。
食事も掃除も至れり尽くせり・・・人生でこんな生活ってあるかしら
大金持ちにでもならなきゃ、こんな生活ってナイよね
いやいや、そんなんじゃなく、、、
お世話になり、ボンちゃんを可愛がってくれた助産師さんたちとのお別れも寂しいものです
帝王切開で入院が長かったので、余計に寂しいと言って下さった助産師さん達。
ベビーどころか、おまたんがワガママ言ったり甘えたり反抗したり、メッチャお世話になったなぁ
思い出したら恥ずかしいこと盛りだくさんですが、まぁ良い思い出としましょうよ2

で、もう最後の夜なのですが、うごたんがおしゃぶりを持ってきました。
DSC00489_convert_20101021042908.jpg
お腹が減って起きた時、オッパイをあげる前にオムツを換えて体重測定をしなければイケマセン。
コッチにそんな都合があったとて、ベビーにしてみれば起きた時点でお腹ペコペコですやん。
しかも何をやらせても手こずって、ただでも時間のかかる新米オカンは傷も痛くて更にちんたらちんたら・・・
だから、途中で可哀想なぐらい・・・いや、虐待でもしたかのようにめっちゃ泣くんですよね
それで自分の指をしゃぶりまくるのと、泣いたら可哀想とか言ってオカンが指をくわえさせたりするのとが重なって、生まれて間もないデリケートな指には吸いダコができてしまっているのです
それを阻止すべく家から持って来たおしゃぶりでしたが・・・・・
残念ながら、やっぱ指の方がシックリくるようでした
DSC00501_convert_20101021043104.jpg

こうしてみんなで病室でベビーを囲って笑う最後の時間も終わりました。
さて、明日パパが迎えに来たら3人の家に帰ります。
ここで二人で過ごす最後の夜だね・・・ふ
DSC00504_convert_20101024020830.jpg
もう一度ベッドからのこのアングルでの思い出を忘れないように目に、そして胸に焼き付けました。。。

それで朝を迎えるハズだったのですが・・・・・
あまりにも起きてくれないからオッパイが張ってくてくて、ノタ打ち回って耐えたけどもう我慢できず、すがる思いでナースコールッ
『赤ちゃんが起きないからオッパイ飲んでもらえなくて痛いんです
赤ちゃん起こすかオッパイどないかするか、どっちでもいいからとにかくなんとかしてもらいたい事を、もう神頼みするかのように助産師さんに説明
まずオッパイを確認した助産師さん。
今まではどの助産師さんにみてもらっても『飲ませたらほぐれる良い張りかた』と言われていたのが、『わぁー酷い』に変わっていました
カッチカチやし熱もってるし、ちゅーかおまたんまで熱出て頭痛と吐き気まで・・・
こりゃアカンわとベビーを起こすも、助産師さんの手にかかっても起きない
新生児やのに7時間8時間平気で寝るんです
で、『物凄く痛いけど頑張ろっかル』と、おっぱいマッサージをすることに。
ほとんどの方が経験されるそうですね、このマッサージ。
死ぬほど痛いと聞いていました。
そういや妹とエリたんが『トイレに便秘にマッサージやて、お産が済んだあとにまだこれだけ痛いことがあるなんて思いもせんかったよなー』と二人で話していました。
おまたんには関係ないと思っていたのに、おまたんもマッサージされる事になってしまいました
ただ救いなのは、その話の中で妹が『自分ではあんな痛いこと絶対でけへんから人にやってもらわなシャーナイねんけど、やられとぉ時はもう腹立つぐらい痛いよな。でもやってくれた人にめっちゃ感謝したわ。マッサージのあとからアホみたいにオッパイ出るようなったし張りも楽になったもん』と言っていた事。
死ぬ訳じゃないんやから、これを耐えて楽になるものなら耐えよう
陣痛より痛くないんや
とは思っても、まぁ~なんとも表現できんほどの痛さですね、コレはコレで6
搾って冷やし、搾って冷やしを繰り返し、助産師さんと共に明かした眠れぬ夜。
一晩中くぅくぅイビキをかいてグッスリ寝て、スッキリした顔して目覚めた彼の罪のなさに、一気に力が抜けました
DSC00505_convert_20101024025004.jpg
最後の夜はロマンチックに終わりませんでしたね、ボンちゃん



01:37  |  出産入院~退院  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09/22(Wed)

初沐浴・お七夜

10.9.22(WED)

朝食です。
DSC00441_convert_20101007220031.jpg
今日もトーストで朝からヘビーでしたが、大好きなソーセージがあったしお腹ペコペコだったので美味しくいただきましたト

そして今日は沐浴実習の日ですル
昨日教えてもらった手順で、今日も指導を受けながらやってみるのですが・・・
とにかく腰が痛いんですよ 当然お腹の傷も汗
それでも頑張ったんですけどねぇ。。。。。
大泣きして両手両足をバッタバタ動かしまくって大暴れして、暴れれば暴れるほど腰もお腹も痛いしで・・・結局途中で助産師さんにチェンジされてしまいました
昨日はあんなに気持ち良さそうな顔してたのに、ママじゃダメなのね
してあげられる事が一つ増えると思って楽しみにしていたのにショック
次から頑張ります

大泣きしましたが、着替え終わった頃にはサッパリした顔をしていて、今度はお腹が減ったと泣きだしました。
それは任しといて
もうミルクを足さなくても、母乳のみでお腹イッパイ飲ませることができるようになりましたふ

初沐浴は失敗に終わってしまいましたが、思えば服を脱がせるのも着せるのも初めてのことでした
泣く声が日増しに力強くなってきたり、不快を全力で伝えようとしたり、だからこそ心地よい時の表情も特別表わさなくても分かったり、そうやって一日一日小さな成長をしている事が嬉しいのですが、おまたんも小さな事まで初めてづくしで、たくさんの喜びを与えてもらっている事に気づきましたが
これから大変なんやろうけど、やったらやった分以上に喜びや幸せが返ってくるな~と実感しました。
ただ、それも自分の気持ちの持ちようが大事やとは思いますけどね。。。

お昼ご飯です。
DSC00449_convert_20101007220213.jpg
おまたんの大好きな中華ちまき
早く家に帰りたいけど、毎日毎食こんだけ色んな物を食べさせてもらっているこの生活って、ちょっと捨て難いものですに
食事だけじゃなく、至れり尽くせりでお嬢様気分ル
て、ナンボお金かかっとぉ思とんねんjumee☆faceA193Ljumee☆faceA193R2
感謝しています

今日のおやつです。
DSC00451_convert_20101007220243.jpg
そうそう、今日は十五夜のお月見なんですよね
いつもならうごたんとボヤッキーと3人で、家の屋上で月見団子を食べてお月見をしていました
今は病院から出られないけど、十三夜のお月見はみんなでできるかなぁブ
これからは事あるごとの行事が楽しみですぅ絵
なんか、今思いつく軽ぅ~い感じで考えただけでもワクワクしちゃいます
こんな気持ちいつぶりやろ
初恋のような・・・かなぁ

苦労したけど、子供を生んでホンマに良かった。
こうして一緒に楽しんで暮らせる、喜んでほしいと頑張れる、それを幸せに思える、、、
そんな存在に会えた・・・とゆうより、この子に会えた
赤ちゃん、自分たちの赤ちゃん・・・漠然としていた事を知りました。
生まれるまでは漠然としていたんですよきっと。
生まれたら、欲しかったのは漠然と『赤ちゃん』なんじゃなくて『この子』やったんやと感じました。
その意味で、やっぱ『やっと会えた』んです顔
な~~~んて、ここんとこ真面目に語り過ぎてオモンナイなっ

さて、晩ご飯です
今日は配膳係のオバタンが手ブラで来て、『お食事始めさせてもらってもよろしいですかん』て、なんでそんなこと聞くんやろと思ったら・・・
運ばれてきてビックリり
DSC00454_convert_20101007220324.jpg
ナニナニ えらい華やかやんり
そう、今日は祝い膳だそうなんです

可愛らしいオードブルハ
DSC00455_convert_20101007220407.jpg
可愛いだけでなくメチャ美味しいですい

パンが3種類
DSC00456_convert_20101007220440.jpg
どのパンも美味しかったですが、食べるのは少しにしてうごたんに持って帰ってもらいました。
パン食べると、お腹イッパイになってお料理が食べられなくなっちゃうからねル

お魚料理
DSC00458_convert_20101007220623.jpg
ここが産婦人科のベッドの上やとゆうことを忘れてしまいそうなぐらい本格的なお味でした

お肉料理
DSC00459_convert_20101007220653.jpg
すっげぇ~~~~~~~~~~~~っ
部屋に居たオカンと妹と3人で思わず言ってしまったほど美味しそうなお肉でしたが、残念ながら久し振りの脂を胃が受け付けませんでした
めっちゃレアでやわらかくて美味しかったのに、ほんの少しでリタイアでした

デザート
DSC00462_convert_20101007220726.jpg
コレも可愛らしいですね
なんかホンマに嬉しいお料理でした
作ってくれたオバタン達、有り難う、ご馳走様でした、とっても美味しかったです
きっとまた食べに来ますね、二人目を産みに

そしてそしてッ 今日は生後7日目のお七夜
初めての行事ですブ
DSC00464_convert_20101021013810.jpg
本来なら退院しているのでしょうが、帝王切開で入院が長引いてしまった為にお七夜は病院で迎える事になってしまいましたが、これもまぁ思い出ですり
出産当日にうごたんが命名の色紙を注文してくれていたので、ささやかですがベッドに飾ってお祝いしました
健やかに育って下さいね

そんな願いに添ってくれているのかどうなのか、寝る子は育つと言いますが、ホンマによく寝ます
今晩の当直の助産師さんの提案で、楽やから添い寝しながらの授乳を練習してみてはルと。
助産師さんが寝ているボンちゃんを起こして飲ませようとするのですが、起きるハズがない気がしていました。
助産師さんは『咥えさせたら起きるから大丈夫よル』と、おまたんを寝かせてボンちゃんを腕に寝かせ、角度をキメて全てセッティングしてくれ、最後に乳首を咥えさせたのですが・・・やっぱ起きません
かなりネバってくれたのですが、最後には『ホンマに起きひんし絶対に口開けないねぇア』と断念されていました。
そうなんです、いつもなんですが、要らない時は口をギュッとつぶって絶対に開けないんです
お腹イッパイのサインもソレなんですけどね。
その顔がヤタラとふてぶてしくて、憎たらしいやら可愛らしいやら、ホンマいちいち笑かしてくれます
本人は真剣なんでしょうけどね
まぁ、喋ることのできない我が子からの全身を使った意思表示なので、笑っちゃアカンのですけど

一日の終わりにも笑いを有り難う



01:34  |  出産入院~退院  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09/21(Tue)

身が切れる><

10.9.21(TUE)

命が誕生するばかりではなく、辛い現実もある事を知った昨日。
先生や助産師さんはメンタル面でもハードやなぁ・・・とか思っていたのですが、それでも休んでなんていられないんですよね、あの仕事。
夜中にはまた新しい患者さんが入院してきていました。
体重測定に部屋を出た時、斜め向かいの部屋から出てきたダンナさんと顔が合って会釈。
部屋からは既に叫び声が聞こえていて、見るからに若いダンナさんは困り果てた顔でヨタヨタと歩いて廊下のソファに座りました。
助産師さんに、『ボクここに居ます・・・』なんて言って。
奥さん、かなり大騒ぎしてるからなぁ、、、お察ししますが頑張れ若者っー
な~んて、自分が終わっちゃえば超余裕の先輩ヅラ

さて、若夫婦の修羅場はまだ続いておりますが、おまたんには優雅な朝食
DSC00420_convert_20101007215815.jpg
と言いたいところですが、斜め向かいの若奥さんの叫び声を聞きながらなので落ちつけませんパ
それと朝からトーストっておまたん苦手なんです、ヘビー過ぎて・・・て、贅沢
朝からバナナもゆで卵も食べられへんし・・・て、ホンマ贅沢
て、ほんなら何やったら朝から食えるねーん4
うーん、、、和食派です
とか言いながら、残すのは悪いから完食すんねんけど

で、朝食後、沐浴見学がありましたル
助産師さんが説明しながらボンちゃんを沐浴させてくれているのを、質問したりしながらマジメに見ていたのですが・・・
本心は『しまった手順を覚えたいとか言って、ビデオ持って来て撮らせてもらったら良かったー1』と後悔の念渦巻き巻き
だって、お風呂に入ってる顔って気持ち良さそうでメッチャ可愛いんやもん
赤ちゃんてお風呂に入るとみんな同じような顔するよね、、、不思議。

沐浴が終わり、助産師さんが『あとで赤ちゃん連れて行きますから先に戻ってて下さいル』と言ったので病室で待っていると、1時間ぐらいして帰ってきたんですけど・・・
手の甲に何ついてんの
DSC00427_convert_20101020013114.jpg
テープ えっl コレって注射のテープやん
いやぁんっ 注射されてるぅ改
そういや入院の日、先天性代謝異常の検査の同意書に署名押印したんやん・・・と思い出したけど、すっかり忘れていたので不意の注射みたいでビックリしたやん
ほんでこんな小さな手の細い細い血管に針刺して血ぃ抜かれたやなんて、胸が苦しいどころか身をバシバシに切りきざまれる思い
アカン、呼吸困難8
いえ、、、でもとっても大切な検査です。
いや・・・でも・・・・・アカン、辛すぎるぅー
どうしよう・・・これから予防接種とかあるし、それに病気やケガもする事もあるやろうに、おまたんこんなんで母親務まるんやろか・・・めっちゃ頼りないわぁー不安
でもきっとみんな同じ気持ちですよね。。。

さぁ、愛息子の痛いのに比べれば自分の痛みなんてどうでもいい気持ちなのですが、やっぱ痛いもんは痛いし、怖いもんは怖い
前々から何度も聞かされていた予定なので腹づもりはできていたハズなのですが・・・
今日はいよいよ抜鈎の日なんです 半分だけ。
お腹は糸ではなくホッチキス()で閉じたので『抜糸』ではなく『抜鈎』
もうスグ先生が来るから一緒に準備しとこうと助産師さんが言うので、『ガーゼは今はがしとかない』と、おまたんから提案。
だって先生、バリッとはがしそうでイヤなんやもん
助産師さんの答えは『No
そして、『先生、容赦ないと思うよル』と聞き捨てならんことを聞いた直後に先生参上Lッ
やっぱ容赦なくバリッとはがされました・・・が、意外に痛いのは傷ではなくお腹のうぶ毛でした
抜鈎も全く痛くなかったんですよに
見た目にエグイですが、あれだけの金属を抜くのに不思議に痛くないんですよね。
良かった

ここでお昼ご飯です。
DSC00421_convert_20101007215842.jpg
ゴメンナサイ、初めて残しました
豆腐ステーキの上に乗っている炒めた玉葱

そして食後の点滴に来た助産師さんから最終宣告を告げられます。
『今日でお通じないの6日目になるから、夕方までに出なかったら浣腸ねル
ヤバイ・・・妊娠後期も毎日快便やったおまたんとした事が、こんなに便秘になるなんてぅ
しっかし ピンチにやってきたチャンス
ほぉ~~~ら、浣腸なんかしなくてももよおしてきたよ~絶対出る感じぃ~~フ
点滴後、来てくれていたオカンに任せてトイレに入ったのですが・・・
めっちゃ出そうやのに出ないんです。
明らかに硬いやつが栓をしているのが分かるんです。
ソイツさえ出てしまえばあとは楽に済みそうやのに、その栓が抜けませんt
いや、そこまで抜けかけているのにそこから抜けきらない。。。
どれくらい時間が経ったのでしょう・・・
トイレに居ると、部屋の外の声がよく聞こえます。
隣の赤ちゃんがひたすら泣いている・・・斜め向かいの若奥さんが分娩室で叫んでいたのに静かになったから生まれたんやな~と思ったけど赤ちゃんの声が聞こえないから無痛分娩に切り替えたあれでもまた叫び出したんなんでじゃあさっきのあの長い沈黙は何とか思いながら、自分の部屋は静かで、ボンちゃんは泣かないでよく寝てくれていてこんな時は助かるし、オカンも居てくれて安心で、そのオカンが時々『大丈夫か』て聞くぐらい静か。
どれだけの時間が経ったのか分かりませんが、結構な時間が過ぎたのは確か。
もう限界やしオカンも起きない孫を見ててもつまんないんちゃうか~と思って、もう一旦中断しようと、出かかっているその栓を引っ込めようと試みるが・・・・・
なんとゆー事l 戻らへんやん
それなら当初の予定通り出してまお て、やっぱ出ぇへんがな
出すことも引っ込めることもでけへんのっ血l
エライコッチャあ~~~R
困り果てて泣きたくなっていたら・・・助産師さんが来ました
オカンに時間を聞けば、トイレに入ったあの時からもう既に2時間が経過していました
『2時間も頑張るぐらいだったらもう浣腸しようよ、ねっル
ええそうですともそう思いますともこれやったら浣腸した方がマシ
『そうしたいんですけど硬くて出かかってるのが出ることも引っ込めることもできないんで浣腸がお願いできない状態なんです
『大丈夫よ、それでもいいから浣腸しようね、できるからル
助産師さんて凄い
どうにかこうにか、できる限り引っ込めて、おまたんも恥をしのいで助産師さんに委ねました~
これだって出産の一部やっトと、自分に言い聞かせて割りきったのです・
ところが・・・・・
『ホントやね、硬いわお薬が入っていかないル
ほら言わんコッチャない・・・ほんならどーすんのさコレり
もうどうにもこうにも収拾不可能!と目の前が暗闇に包まれそうになった時、『できたっル』光が射しました
2時間の闘いは一瞬にして幕を下ろし、もうヘトヘト汗
でも助かったわぁ・・・
助産師さんが来なかったら、いつまでやってたんやろ
ほんま、エライ目おーた1

トイレから出ると、おやつが届いていました。
DSC00422_convert_20101007215933.jpg
が、食べる気力も体力もナイ
食欲がだいぶ落ち着いたってのもあるんですけどね

現に、、、晩ご飯が入らない。
DSC00423_convert_20101007215959.jpg
オマケにこの白身フライ、絶対タルタルの付け忘れやと思うんですよ。
ソースも何もナイもの。。。
で、タルタルのない白身フライか・・・と思ったら余計に食欲がなくなって、この晩ご飯はオトンに食べてもらいました。
『これで晩飯作らんでええわ~絵』とオカンが大喜びっ

オトンが来ている時、ボンちゃんはいつも寝ていて、寝てばっかりでオモンナイって言われていたのですが、今日はオトンの居る時に泣きました。
オトンが言うには、泣いてるのを見るのは久し振り、生まれた日以来や~て。
そうかもしれません。
DSC00424_convert_20101020013028.jpg
もっと泣け泣け~声聞かしてみぃ~~~て言われてたけど、泣いて喜ばれるのは今のうちだけですよね苦
スグに『泣くな』て言われるようになるのに

はぁ・・・た
なんだか今日は違う意味で後産・・・みたいな気分やったけど、イヤやと思っていた事が一つ終わってホッとしました汗03
夕方には斜め向かいの若夫婦の赤ちゃんも誕生したようで、隣の赤ちゃんがひっきりなしに泣いている以外は静かな夜です。

これ寝る時の部屋の風景とおまたん目線のボンちゃん。
DSC00436_convert_20101020013209.jpg


これは呼吸をしてるのかを覗き込んで見る時のアングル。
DSC00437_convert_20101020013242.jpg
この色、この感じやこの空気、この気持ち、忘れたらアカン気がして写真に収めました。
凄く幸せで、凄く嬉しくて、でもめちゃくちゃ不安で怖くて・・・なんとも言えない気持ちでベッドから眺めています。
自分の目が寝ようと閉じるまで見続けています。
目が閉じようとした時に限ってボンちゃんがニチャこぉ~と笑って起きたりするので、そんな時は天使の顔をした小悪魔に見えたりだとか、それでもオムツを換える事とオッパイをあげる事、抱いて寝かしつける事、それしかできる事がないのですけどね。
そのできる少ない事をイラつかずに一つ一つ楽しみながらしようと心掛けています。
二人っきりで過ごした静かな夜の事、忘れないでいたいです。
寝ていくまで、そして目が覚めてもスグに見るのも思うのも我が子の事。
そうして過ごしたこんな夜、こんな空気、何もかも忘れたくないなぁ~。
いつかこの写真を見て、ボンちゃんにもこの気持ちや空気が伝わってくれたら嬉しいのにな~って思いましたト



01:30  |  出産入院~退院  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09/20(Mon)

同室!!

10.9.20(MON)

5時、S田助産師がオッパイを飲ませに連れてきてくれました。
めちゃくちゃ眠たかったけど、眠たいのを我慢してオッパイを飲ませる・・・て、育児してっぽ~い像とか思ったりして

今日の朝ご飯でーす。
DSC00391_convert_20101007214919.jpg
病院やねんから当然って言ってしまえばそうやけど、でもホンマ理想の食事です
うごたんも家族も誰も食べててもパンぐらいやろうに、おまたんだけ朝からこんなに素敵で申し訳なく思ってしまうわル

素敵な朝食のあと、もっと素敵なお知らせがっ
『今日から希望されれば赤ちゃんと同室できますけどどうされますル
そんなん愚問やろ~ワシを誰やと思とんねん ずっと赤ちゃん抱いてる人やぞ~
今回は確認しました。
『えっ、ご飯中も晩もずっと部屋に置いとけるんですか
『いいですよ、お母さんが疲れなければ。逆に、言ってもらったらいつでもお預かりしますしル
jumee☆fun6Ljumee☆fun6R jumee☆faceA192Ljumee☆faceA192R jumee☆lucky1Ljumee☆lucky1R jumee☆fun4Ljumee☆fun4R

嬉しいお知らせはもう一つ
なんと 『ボヤッキー連れて来たから駐車場までおいで』と、うごたんから電話
もぉ~~~会いたかったのなんのってっ
車嫌いのボヤッキーは落ち着かない様子でしたが、それでもおまたんに甘えてきてくれました。
なんだか可哀想で涙が出そうでした
しかも当然ですが駐車場へは無断で出て来ているので、そんなに長くも居られない
ごめんねボヤッキー
そして有り難う、うごたん

そのスグあとなのですが、久々の仏様降臨
うごババの友達の仏のようなオバタンです。
仏様は病院の近所にお住まいで、生まれたら見に行きたいと言ってくれていて、やっと孫が生まれる気分やと楽しみにしてくれていたのです。
仏のような子になりますように・・・と、そう思っておまたんも仏様にはぜひダッコしてもらいたいと思っていました

そしてお昼、ボヤッキーを家に帰したうごたんが出直し、今日も妹親子とエリたん一家が参上。
おまたんはお昼ご飯
DSC00396_convert_20101007214946.jpg
わぁーい、念願のトンカツや

おやつはお紅茶と焼き菓子。
DSC00409_convert_20101007215449.jpg

コレ、めっちゃ美味しかったぁ~~~
DSC00408_convert_20101007215406.jpg


さて、出産当日から今日で5日間、妹に連れられて毎日来てくれている甥っ子。
小学校1年生の子にはストレスやと思うんですよね、病院でおとなしくし続けるのって。
よく頑張ってくれていると思っていました。
小学6年生になるエリたんの長女はとってもワガママなんだけど、そのワガママに押されたり、時には対抗しようとする甥っ子のよろしくない行動や言動に妹が怒ってしまい・・・
でも、『なんでそんな悪い事したのか言いなさい』て言われても、相手をかばって言わない辺りは男の子なんやな~と感心しましたり
でもホンマに可哀想やったし、毎日の病院通いでただでもストレスやろうから、頑張ったご褒美に・・・と、うごたんからお金を渡してもらって、以前から欲しがっていたサッカーボールを買いにジイジに迎えに来てもらって連れて出掛けさせました。
『おまのお友達のお世話してくれて有り難うな』と言うと、黙ってうなづいた甥っ子の顔がとてもたくましく見えましたり

さぁその間、おまたんは晩ご飯
DSC00414_convert_20101007215516.jpg
ぶり照りの味が濃い過ぎて、これは濃い味の好きな妹へ。
産後またお菓子が食べられるようになっていて、このところ手元にお菓子が絶えないのもあり、食べ物には困っていないしお腹も空いていませんル
『匂いだけで飯食えそう』と妹が言ったので、ついでにご飯も食べてもらいました。
数日前まで水が欲しいや何か食いたいや言ってたクセに、人間て贅沢な生き物ですお

晩、エリ母がエリたんたちを迎えに、またまた大阪からやって来ました
一昨日エリたんは手土産にロールケーキを持って来てくれていたのですが、うごたんによると相当不味かった・・・って話。
で、『めっちゃ不味かったらしいで』と言っておいたのですっ
前回エリ母の手土産は堂島ロールでした。
今回も堂島ロールでした。
ロールケーキ好きのうごたんが『わぁいつもすみません、堂島ロール好きなんですよ』と言うと・・・
『不味いロールケーキ買って来てもーたからお詫びに・・・』とエリたん。
『ゆーたらアカンやん
でも、ゆうといて良かったやん
しかも、家に帰るうごたんと病院に居るおまたんには1本づつ買ってきてくれていたので、デッカ~く切って贅沢食い
DSC00415_convert_20101007215744.jpg
あぁ~~~生クリームってイイなぁ~~~~~
妊娠後期には考えられなかった食べ方ですよねに
エリ母ご馳走様ぁール
そして『来月も3連休あるでー』と言ったエリたんに、全員揃って『来年にしてっ
みなさん、特にオカン、、、お疲れ様でした

で・・・こんなに食べているおまたんですが、実は入院当日に浣腸したっきりお通じナシの5日目。
便秘薬が出されました
下剤ではないらしいんやけど、元々便秘がちでないおまたんのような人が飲むとシャーとなるらしいので、先生の指示で2錠出されたお薬は、助産師さんの判断で1錠だけ飲んでみる事に。
これで明日出なければ浣腸すると宣告されているので、どうしても出さなきゃイケナイのですが、元々快便なおまたんには出る自信がありました
しかしです・・・
全くもよおしません
結局もう1錠飲んで明日まで待つ事になりましたが、できるだけ腹筋を使いたくない術後にどんな便意が訪れるのかと思うと恐怖ですぶ

もう一つ恐れていた事なのですが・・・
ボンちゃん、どうも妹のダッコが好きみたいなんです
DSC00404_convert_20101019071850.jpg
なんかご機嫌さんな顔してるでしょ汗03
グズってても、他の誰でもなく妹が抱くと落ち着くんです。
妹は昔っから赤ちゃんの扱いが上手だったので、なんだかこんな事になる予感はしていました
眠たくてグズってる時、『眠たいんやったら寝たら』とか、ダッコしろってグズってる時に『ダッコよりベッドが気持ちいいよ』て言ったりするおまたんと違って、ひたすらマメに相手をしているのは妹なので、いたしかたのない事ですね苦
ブサ顔とか歩行訓練とか言って遊ばれてるのに・・・
GRL_0039_convert_20101007221532.jpg  GRL_0040_convert_20101007221601.jpg
これ、原始反射の一つで、自動歩行ってゆう現象です。
抱えて立たせるようにして前かがみにさせて前に動かすと、歩くように足を動かします。
一番最初に消えてしまう原始反射だそうで、妹は甥っ子の時に知らなかったからできなかったとゆう事で、ウチのボンちゃんで試して遊んでるんです
これするとこんな変な顔するんですよね
それにしてもこのブサ顔、ホンマに笑けます
帝王切開の傷が痛いから笑いたくないのにい
他にも白目むいてる写真とか、ゲップ中のブサ顔やら、ブサ顔写真ばっかり取りまくられて、その写真を毎日のように引き伸ばしてプリントしては持って来てくれたり・・・こうやって遊ばれてるのも知らないで、妹の事が好きなようです
今日からずっと一緒に居られるので、もう昨日のようにジェラシーはないですがメ

好きと言えば、ベビースケールの所の大きな鏡も好きなようです。
この写真では泣いてますけど、お腹が減って泣いていても、鏡を見ると泣きやむ時が多いんです。
DSC00463_convert_20101018161644.jpg
ボンちゃんのお気に入りの妹もそう言っていたので間違いないんでしょうねル
好きなものやキライなもの、一つ一つ我が子について知っていける毎日はとても楽しいです顔
もっともっと教えてほしいナ~ア


そう・・・
昼間、ベビースケールに体重測定に行った時、、、
向かいの部屋の付き添いらしき人が、簡易袈裟をつけた人と話していました。
なるほど・・・・・です。
昨日、向かいに患者んさんが入院してきたのは見て知っていたのですが、病室に名前が書いてないな~って思ってたし、陣痛の騒ぎもなければ生まれた気配もなかったのです。
死産・・・だったのでしょうね。
こんな辛い事があるんかと思いました。
胸がエグられる思いでした。
毎日のように命が誕生する病院ですが、時にはこんな辛い事もあるんですよね。。。
赤ちゃんが生まれる事は、これ以上ない幸せやとおまたんは生んでそう思いました。
なので失うほど辛い事もないと、それも生んでそう思いました。
隣の部屋の赤ちゃんは一日中泣いているので、ウチのボンちゃんのもそうやけど、赤ちゃんの泣き声聞いて辛かったやろな・・・て、申し訳なくなりました。

そして、自分の子供が無事に生まれてくれた事に改めて感謝しました。

今日から少なくとも十何年かはずっと一緒。
そう、十何年かは無事に育てなければなりません、絶対に。
DSC00417_convert_20101019071928.jpg
機嫌がいいと、おちょぼ口になる事を覚えたボンちゃん。
こうして居られるのがどれだけ幸せな事かとつくづく思います。
せっかく授かった命、大切に育てようとも改めて思いました。
ウトウトしながら、何度も目覚めては一晩中眺めてもの思っていました。
元気に生まれてくれて、ホンマに有り難う・・・が



01:27  |  出産入院~退院  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。